日々コウジ中

日々コウジ中 - クモ膜下出血により、さまざまな脳の機能不全を抱える“高次脳機能障害”になったコウジさんを支える家族の泣き笑いの日々

囲碁の石倉先生教室で、私は7月から大教室(ちょっと上級者クラス)へ移ったので、前半1時間は先生によるご講義があります。後半1時間は、対局です。

先週の教室で、先生のご講義を一所懸命聞いていると、教室の前の大きな碁盤上の、右下あたりの石の並びが気になって仕方なくなりました。

(あそこに白石を置くと、アタリになるから黒石はそこに置くでしょ。そして次に白石がこっちにアタリをすれば、黒石はそこを守るでしょ。そうしたら、ほら、白石が繋がって、黒石の陣地がなくなるのでは?)

でも先生も、それを見ているほかの生徒さんたちの誰も、そこは問題にしていないようでした。
(ということは、白石からアタリにされても、黒石側はその黒石を捨てて、相手にしてくれないのかな。)

そんなことを考えながら、先生の講義も聴き逃さないように必死でしたので、忙しかったです(笑)。
でもどうしても気になった私は、「はい、じゃあ今日はここまで。続きは来週。」と先生が終わりのご挨拶をされ、生徒さんたちが休憩で教室を出て行かれた時に、すかさず前へ出て行きました。そして、「先生、先生、ここですが・・・」と、気になっていた箇所を質問しました。

「ここは放っておかれていますが、ここに白石を置くと、黒石がこう来て・・・」と話し出すやいなや、先生はすぐ私の意図がわかったようで、「はいはい、でもそうされても、黒は放っておきますよ。そこで5つくらい目が増えるのと、こっちの大場で増やすのとでは、こっちの大場の方がずっと利益が大きいですから。」と言われました。

「ああ!やっぱり捨てるんですね。捨てるのかなあ、とも思ったのですが・・・。 こっちの方が得るものが大きいんですね。」と納得する私に、先生は「うん、でもそこに気づくだけ随分上達しましたよ。」と褒めて下さいました。

囲碁は、勝ち負けを競うゲームですから、石を取ったり取られたりします。でも取られのが嫌で、1つの石でも惜しくなるのが初心者。 捨石にして、大きく利益を狙うことができるようになれば、上級者ですね。
アシスタントのK先生は、「これは取られたんじゃないの。くれてやったのよ。」と笑って言われますが、私も1つや2つ、場合によっては5つでも(?)大きな目的のためには、「くれてやる」ことができるようになるといいなあ。

そんなことを思う時、高次脳機能障害も同じだ、と思います。
夫の1つや2つ(もっとでも)の困ったこと、嫌なことはあっても、もっと大きな家族としての幸せ、本人の幸せ、社会の幸せ(!)を考えれば、そんなことは大したことじゃないのです。

コウジさんはここには書けないような、本人には不名誉なことも色々しでかしていますが、とにかく「ピュア」になったことは事実です。 理性が働かず本能が強くなってしまいましたが、それは自分に正直だということで、時々私の方が彼よりずっと悪いところがあるんじゃないか、と思ったりします。

樹木希林さんが話されていたことをテレビで見ていて、ドキリとしたことがありました。

それは、樹木希林さんは、世の中に怖いものはなくて、死すらもどうでもいいことなのだけど、ただ1つだけ怖いものがあり、それは夫の内田裕也さんの前に立つことなのだそうです。

聞いていただけでメモをしていないので全く正確な言葉ではありませんが、次のように続けられました。

「(内田裕也さんは) いっぱい不道徳なことをするんだけれども、その彼の心の中をかき分けてかき分けていくと、そこにはきれいな鏡があって、そこにはこの世で一番醜いものが写る、それが私です」「彼は私の重しです。彼がいなければ、私は重しがなくてどこかへ行ってしまう。だから大事にしているんです。」

泣けてきました。そして、コウジさんも、私にとっての内田裕也さんのような気がしてくるのでした。

・・・なんて言ったら、ほめ過ぎかな? いえいえ、第一私が樹木希林さんの足元にも及ばない未熟者ですから、一緒にはできないんですけれど、(わかるなあ。)という気持ちが大いにしたのでした。

とにかく、コウジさんを大事にしなくちゃね!
皆さまも・・・!
自分を成長させ、家族皆が幸せになるためにも。



昨日の今日ですが、午前中だけでもう色々「お節介」「お世話好き」をしました。こうして書いてみると、もしかして私がいつも慌ただしくしているのは、この「お節介」「お世話好き」のせいなのかも、と気づいて(もしそれが理由なら)少々青ざめています。

①毎週月曜日と木曜日の朝8時半に、可燃物のゴミ収集車がやってくるんです。でも、時々遅れて10時くらいになることもあります。
先週、私の家から見える家の人が、収集車が行ってしまった後にゴミを出したんです。
(あ~あ、次回の収集まで待たなくちゃね。)とベランダから見ていて思ったのですが、私が家事を終えてようやく家の外に出た時、どなたか近所の人がその家の敷地内にゴミを移動していました。そして翌日には、そのゴミはきっとそれを出した方の部屋の前に移動されていました(貸家で、単身者が何人か住まわれているようです)。 きっと本人が気づいて、自分の部屋の前に持ち帰ったのでしょう。

そうして再び、今朝もゴミ収集車がやってくる時間になりました。私は出しましたが、その部屋の前には、相変わらず先週からのゴミがそのまま置いてあるのに気づきました。ええ、今週の月曜日にも出していなかったようなのです。このままじゃ、また次回まで収集されないので、(留守なのかしら?)と私は慌てて家を飛び出し、そのゴミをつかむと、収集車がやってくる直前に車の前に出して収集してもらうことができました。
余計なことをしたのかもしれません。帰宅したその家の人は、(やや、ゴミはどこへ行ったんだろう?)と困惑するかもしれません。 仕方ない、「ゴミ出しておきました。」という名無しのメモを置いておかなくちゃ、と思いました。
きっと1週間くらい、どこかへ出かけているのだわね。知らない人だけど、ずっと置きっぱなしも不衛生だから、いいわね。

②また、今日は1か月に1回のダスキンさんが来る日です。我が家はただ浄水器を利用していて、1か月1998円。いつもダスキンさんはおつりが足りなくなって大変そうなので、もう何年も前から私は両替商をしています。
我が家が払う分はもちろんぴったり1998円用意し、それとは別に、1円玉、5円玉、10円玉、50円玉、100円玉、500円玉、千円札、5千円札を、大体合わせて3万円分くらい用意しておきます。

今日もダスキンさんは来るなり、「今も、891円?のところに1万円札出されたので、用意していたお札がいっぺんになくなってしまった。」と困っていました。時には、3件続けて1万円札を出されるそうです。以前はおつりがなくなって、銀行に両替をしに行っていたそうですが、手数料を取られますし、段々仕事にも慣れてきたので、「じゃあ今回はおつりがないのでお代はいいですから、次回まとめてお支払下さいね。」と言って、お札を受け取らないそうです。

「みんな、ダスキンさんが次に来る日も金額も、ダスキンさんが置いて行く票を見ればわかるのに、なんでその金額を用意しておかないんでしょうね。」と同情すると、頷きながら言うには、ほとんどのお宅が小銭を用意せずお札で出すんだそうです。

たしかに認知症のお年寄りは、小銭が数えられなくてお札で出すという話も聞きますが、そういうお宅ばかりじゃないでしょうに。若い方は若い方で、普段クレジットカードを使うので、現金を持っていないことが多いそうです。だから万札になってしまうと。

ちょっとした思いやりなのに、そんなに忙しい人、病気など事情がある人が多いのかなあ。
中には、私のようにぴったり用意していたり、「ほかのお札もくずしてあげましょうか?」という方もいるそうですが、それはわずか数人とのこと(毎日、交換に回られているそうですが)。 そして私のように全種類のお金を用意して両替しようと待っている人は、私だけだそうです(笑)。 私も別にヒマじゃないんですけど、どうしても用意してあげたくなるんですよね。性分なんでしょうね。

ということで、いつも玄関で10分は両替しながらおしゃべりするので、犬のウメも猫のハルも、人見知りの猫のチーもみんな勢揃いして、両替の様子を興味津々で見ています。ウメなんてくつろいで、仰向けになっていました。かくしてダスキンさんは喜んで帰られ、私も(ああ、役に立ててうれしい!)と満足なのでした。

③昨日動物病院からウメと帰る途中、1月に亡くなった仲良し犬のレン君の家の前を通りました。庭を囲う柵に蔓を巻いたブドウが、沢山なっていました。まだ実が小さい緑色の粒だった時から見ているので、本当にブドウになったなあ、と感心しながら通り過ぎようとしたところ、家のご主人が庭に水やりをしていました。
驚いた私が、「今日はお休みなんですか?」と、大学教授のご主人にお声かけすると、「あ、こんにちは。そうなんです。今日はお休みなんです。ウメちゃん、こんにちは~。」とウメを撫でようと手を伸ばされました。

私は何気なく、「ブドウができましたねえ!」と言ってしまって、(しまった!)と思ったのも後の祭り。ご主人は、「あ、持っていきなさい、持っていきなさい。」と水やりの手を止めて、はさみを取りに行ってしまいました。「いいですよ、いりませんよ。それに、もっと色づかないと食べられないんじゃないですか?」と慌てて言ったのですが、「茶色いのもうちでは食べていますよ。」、ともうその時には、いくつかブドウの房を切ってくれました。

「すみません・・・ じゃあ頂きます。」と恐縮しながらそれを受け取る時に、アリさんが何匹か房にくっついているのに気づきました。(ああ、アリさん。アリさんは、自分の巣から離れると、死んでしまうという。でも今は騒がずに受け取って、またアリさんだけ戻しに来よう。)と思い、有難く頂いてきました。

一晩アリさんたちには我が家にいてもらい、今朝また動物病院へ行くので、アリさん達も返そうと思いました。でも、お散歩バッグに入れるためにアリさんたちを小さなビニル袋に入れようとすると、逃げること逃げること。あちこちに素早く動くアリさんたちを、ようやく全部捕まえてビニル袋に入れられました。やれやれ、大変でした。

そして動物病院へ行きたがらないウメを引っ張ってなんとかレン君ちまでやってくると、ビニル袋からアリさんたちをぶどうのそばに降り落としたのでした。1匹も残っていないよう、ビニル袋を何度も覗いて確認していると、そばを女性が、ブドウの前にいる私を不審そうに見ながら通り過ぎました。 

うわあ、これではまるで、ブドウ泥棒するためにビニル袋持参でやってきたみたいじゃない。 狼狽し、説明しようとしましたが、「このお宅からブドウを頂いたけれど、アリがついていて、アリは自分の巣を離れると死んでしまうから、戻しに来たんです。」、なんて長い話になるので、やめました。李下に冠を正さず、ブドウ前でビニル袋を広げず。自戒しながら動物病院へ行ったのでした。

レントゲンを撮る犬がいたので、なんと40分くらい待たされ、動物病院嫌いなウメは、ずっと逃げ出したくて哀れな声で鳴き通し。息も荒く、ショック死しないか心配になるくらいでしたが、無事診察も終えました。なんと肝臓の値も、薬を2か月ほど飲んだおかげで正常値に戻り!、甲状腺も大丈夫、ただ太り過ぎだけになったので、ほっとしました。これからはウメは食べる量やカロリーを減らし、健康に長生きしてもらいたいです。

待ち時間がとても長かったので、同じく待っていた、ウサギ連れの家族からウサギの話を色々聞いて、ちょっとしたウサギ通になりました。次に病院へやってきた人が、その家族にウサギのことを尋ねるのに対し、おしゃべりな私が先に出しゃばって答えてしまうほどでした。でもその話をここに書くと、さらに長くなりますので、今日はこのへんでやめます。

午後から降ってきた雨が、結構強くなっています。もうこれは、秋の長雨なのでしょうか。雨が多いですね。

多摩川河川敷の猫やホームレスさんのお世話をされている、写真家の小西修さんのブログを読んでいますと、最近猫を虐待する人がいるそうです。小西さんに連絡を取ったところ、私も車なら行けそうな現場だったので、近いうちにコウジさんとウメと現場へ行き、様子をみてくるつもりです(いつも私のお節介、お世話好き行動に一緒に連れて行かれるコウジさん)。

その猫とは、昨年10月23日の台風で多摩川が氾濫した時に、川崎側の河川敷からなんと荒れ狂う多摩川を木か何かにつかまって横断し、大田区側に奇跡的に辿り着いた、ニコちゃんなんです。(私の去年のブログ11月13日ご参照。)
http://hibikoujichu.blog.jp/archives/20103400.html

生きるために頑張り抜いたニコちゃんを、さらに怖い目に遭わせるなんて、許しがたいことです。
ついでに、ニコちゃんとホームレスのおじさんにも、差し入れを用意しようと思います。

それでは、また。

私はこの高次脳機能障害を乗り越える鍵は、時の経過と仲間と笑い(ユーモア)だと、常々申しています。
けれどそこに、もしかしたらこれも結構大事なのではないか?と思えるものが出てきました。
それは、「お節介」「お世話好き」 です。

それらは時にはうっとうしく思われるものかもしれませんが、実はこの障害や、これからの少子高齢化時代を迎える日本に、とても大事な美徳!である気がするのです。1人暮らしの高齢者が、亡くなっても数か月見つからなかった、なんてことはなくなるでしょう。

自分の家族や自分が高次脳機能障害になった時、最初は不安で心が押しつぶされそうになり、五里霧中、わらにもすがりたい毎日ですが、そんな時に手を差し伸べてもらえると、とても助かります。そして自分がそのうち落ち着いてきたら、今度は自分がそういう人に手を差し伸べてあげると、支え支えられ、助け助けられの関係がずっと続いていくのです。

「お節介」や「お世話好き」の底にあるものは、その状況についてさらなる情報やアクションを得よう、与えようという心の動きであり、パワーです。
その「お節介」や「お世話好き」が、時として相手を傷つけたり、自分にとっても災いになったりするリスクもあるのですが、それでもやはり私はこの「お節介」や「お世話好き」は実践していく価値があるものだと考えます。

これは何も裏付けがあるものではないのですけど、今までの自分の経験を顧みて、「お節介」「お世話好き」でいることはマイナスのことも多かったけれど、それ以上にプラスのことの方がずっと多かったから、皆さんにもお勧めするのです。今まで面倒臭がりだった方も、今から「お節介」「お世話好き」になりましょう。皆が「お節介」で「お世話好き」なら、きっと世界はもっと温かいものになるはず。

最近の私の「お節介」「お世話好き」行動から、いくつかご紹介しましょう。色々ありますよ~(笑)。

①先週だったか、ウメと散歩を始めたら、雨が降ってきました。傘を持っていたのでそのまま散歩を続けましたが(ウメは濡れちゃいますが、毛皮の脂が、結構雨をはじきます)、洗濯を干しっぱなしにしているお宅がありました。雨脚が強くなってきたので、せっかくそこまで乾いている洗濯物が台無しになってしまうと思い、思い切ってそのお宅の呼び鈴を押しました。

「はい?」と幾分緊張気味の声で出た家人に、「雨が降ってきましたよ。洗濯物、取り込んだ方がいいですよ。」と言いました。
「あ!有難うございます!」という明るい声が聞こえたので安心し、ウメと歩き始めました。少し歩いて振り返ってみると、ベランダに出て洗濯物を取り込む男性が、こちらに向かって笑顔で「有難うございます!」と叫んでくれたので、私も笑顔で会釈しました。

ヨカッタヨカッタ、と歩いて行くと、また洗濯物を干したままのお宅が・・・

そのお宅は2階に呼び鈴があるので、仕方なくウメをそのお宅のアプローチの柱に適当に結びつけ、階段を上がって呼び鈴を押しました。そこまでしなくても・・・と思ったのですが、やはり「お節介」が勝ってしまったのです。
「はい?」と警戒したような声で出た家人に、同じように「雨が降ってきましたよ。洗濯物取り込んだ方がいいですよ。通りかかったので。」と言いますと、「有難うございます!」と、さっきの声とは全く違う明るい声になったので、喜んでくれたのがわかりました。
遠く過ぎてから振り返りますと、もう取り込んであったので、ほっとしました。そして、私も嬉しくなりました。

②やはりウメと散歩で、大きな広場に来た時のこと、入口のあたりで、浴衣を着た若い女性が、同じように浴衣を着せた飼い犬を連れて、何やらカメラをいじっていました。
(物好きな人だな。)と一旦通り過ぎましたが、彼女にはほかに連れがいず、1人で犬を写したり、自撮りしようと奮闘している様子が気になってしまい、つい「お節介虫」が頭をもたげました。

彼女のそばに戻ると、「今日、お祭りがあるんですか?」と、まず、気になったことから声をかけました。

その女性はハッと振り返ると、「いえ、ないです。ただ、写真を撮ろうと思って・・・」と恥ずかしそうに笑いました。
そこで、「写真、撮ってあげましょうか?」と言いますと、「えっ・・・ いいんですか?」とおずおずとカメラを差し出します。そして操作を教えてくれたので、私はウメのリードを持ったまま、「はい、チーズ!」「はい、もう1枚!」と、10枚くらい撮り、「撮れているか確認してください。」とカメラを返しました。 女性は写真を確認すると、「あ、ちゃんと写ってます!有難うございました!」と喜んでくれました。

「お連れがいればいいのに、1人なんですか?」と聞くと、「ええ、1人で頑張ろうと思って。」と笑います。気づくと、とてもおきれいな女性なので、もしかしてモデルさんとか芸能人かな、と思いました。
「また撮って欲しかったら言ってくださいね。まだこのへんを散歩していますから。」と言い残して歩き始めましたが、写真好きな私なので、また踵をかえすと、「ねえ、座ってアップで撮りませんか?」と言いました。

女性は、「え・・・じゃあ、お願いします。」とまたカメラを私に渡すと、すぐそこにあったベンチに犬を抱っこして座りました。

そこで私は、ウメを電柱にくくりつけると、その女性と犬の写真を沢山撮ってあげました。犬がこっちを向いてベロを出して笑顔のようなショット、女性の顔を舐めているショットなど、我ながらいいショットを沢山撮れたので、嬉しくなりました。そしてもうこれだけ撮れたら十分だと思い,、カメラを女性に返しました。そしてそのへんを散歩したあと、まだそこにいる女性に「じゃあ帰りますよ。」と声を掛けて帰ってきました。女性がとても喜んでくれたので、(ああ、いいことをした!)、と大満足でした。

③もう終わりましたが、梅ヶ丘で開催された五井美沙さんの展覧会のことを、新聞やテレビで宣伝してもらいたいと思い、朝日新聞、東京新聞、NHKにもメールでお知らせしました。一所懸命要望を書いたのですが、取材はなかったようで残念。ちょうど原爆の日、終戦記念日などと重なったので、記者は忙しかったのだと思います。でもやるだけやったので、満足しました。

④お世話になっている木谷正道さんの亡きお母様は、木谷美春さんといいます。
故木谷實九段と木谷道場で70人ものお弟子さんたちのお世話をされた、非常に聡明で非常に美しい女性です。(美春さんのご著書、『木谷道場と70人の子どもたち』をお読み下さい。もう絶版になっていますが。)

知れば知るほど、美春さんの素晴らしさに腰を抜かした私は、(これは是非、NHKの朝の連続ドラマ小説化して欲しい!)と思い、熱心な要望書を書いてNHKに送りました。
NHKからは、要望書というのは受け付けていないけれど、担当部署に手紙を回して下さるというお返事がありました。いつか実現するといいなあ、と思っています。

そんな感じで、いつも「やらなくてもいいのかもしれないけれど、やった方がいいかもしれない」ことに首を突っ込んでいる私です。

昨日は1週間に1回の、プラナリアの餌やりと水替えでした。 時間は取られますが、解凍赤虫を食べてプクプク太ったプラナリアたちを見ると嬉しく、心も落ち着き、きれいになった水の中で伸びたり縮んだりする姿を見て悦に入っています。

高次脳機能障害の夫に対しても、やはりこの「お節介虫」「お世話好き虫」が動いて仕方なく、今までやってきたように思います。もちろん、夫が良くなっていくことは、自分たち家族のためでもあるので、一石二鳥です。

さて今日は、猫のおはぎちゃんの命日です。
おはぎちゃんがなくなってはや5年ですが、毎日おはぎちゃんの話をしています。
私の母など、亡くなって27年経つ愛猫の話を、今もまだ(ほぼ毎日)しています。
犬猫は、大切な家族だなあ。

夕方ウメを病院へ連れて行き、1か月肝臓の薬を飲んだ結果を調べるため、血液を採取してもらいました。
でもこの数か月でまたウメは太ってしまったようで、18キロもありました。春には16.5キロだったのに。
猫の餌を盗み食いしたり、コウジさんがどんどんおやつをあげてしまうし、私も人間の食べるものをつい可愛くてあげてしまうからだと反省。暑さのせいか、外耳炎も悪化していましたし。

これらは甲状腺ホルモンに異常があるからかもしれないとのことで、それも検査してもらうことにし、結果は明日わかります。あんまり異常がなければいいなあ・・・

ではまた!
(追伸 昨日のブログは、眠くて短めだったので、今日そこに補足致しました。良かったらもう一度読んで下さい。)

↑このページのトップヘ