日々コウジ中

日々コウジ中 - クモ膜下出血により、さまざまな脳の機能不全を抱える“高次脳機能障害”になったコウジさんを支える家族の泣き笑いの日々

何度かブログを書き始めては用事で中断し、その次に書くときには新しい内容に変え・・・、の繰り返しで10日以上経ってしまいました。
書きたかったことも、その当時の気持ちから今は色あせたり、話題が古くなったり・・・ 結局自分の中にとどめてしまったことが多いです。でも、それなりの話だったのでしょうから、それでいいです。
とにかく、それもこれも、この暑さのせいです。

もうかれこれ2週間以上も30度以上の暑い日が続き、頭も体も冴えないところへきて、犬のウメの散歩があります。
午前の散歩を終え、2回目の散歩を日中の暑さを避けてするとなると、夕方5時頃スタートになります。
帰宅が6時半、そのあと夕食準備、食事、片付け、入浴、コウジさんやワッチとおしゃべり・・・ で、11時や零時になり 「明日も早い(いつも午前5時とか6時とか)から寝よう!」になります。私は昼間は大体用事で動き回っていてブログは夜に書きますので、結局書けないのです。

ウメの散歩といえば、ここ数日ウメは夜も行きたがるので困ります。きっとこの暑さのせいで、体調悪くて下痢気味になっているウメ。昨日(今朝)は、深夜2時半にウメがハアハア言う気配で目が覚め、次にコウジさんのそばまで来て「ワン!」と吠える声で飛び起きました。
1人で行くのも物騒なので、コウジさんと私の2人で深夜2時半にウメと歩きましたが、こんな深夜にも歩いている人や車で走っている人がいるんですねえ。こっちもビックリしますが、向こうもギクッとするようです。
とにかくウメの下痢が治るまでは、寝不足です。
というわけで、さっき(10時半)も、コウジさんとウメの散歩に行ってきましたが、この時間でも蒸し暑くてげっそりします。梅雨もまだ明けないのに。今日はスコールのような雷雨がありましたが、ほとんど雨の降らない東京の梅雨です。

そんな中、今日ここへ来たのは、日野原重明さんが亡くなられたからです。
日野原さんは105歳の現在に至るまで、現役の医師であり執筆活動もされていた、驚異的に元気な高齢者の象徴でした。私はなにかあると、(ああ、日野原さんは105歳であんなに頑張ってらっしゃる。私も頑張らなくちゃ。)と思ってきました。

ちょうど昨日もワッチと、認知症になった高齢者の映像をテレビで見ながら、「認知症になるお年寄りとならないお年寄りがいるよね。日野原さんなんて、105歳でまだ朝日新聞のコラムにしっかりした鋭い文章を書いているんだよ。」と私が言うと、ワッチも、「どこが違うんだろうね。」と驚いたばかりでした。

なので今朝大学へ行く準備をしているワッチのところへ行って、日野原さんが先ほど亡くなったことを言うと、ワッチは準備していた手を止めて、「え!なんで!?」とびっくりしました。
呼吸不全とのことですが、105歳まで元気でいられたことの方が驚きであり、亡くなられることは当然なのでしょう。でもそれを皆が驚きをもって受け止めることに、日野原さんの超人性を見ます。
寂しい限りですが、今まで私たちに大きな力を与えて下さり、有難うございました。心からご冥福をお祈りします。

私は最近、死んでも生きていてもあまり大差ないような気がしてきました。
それは先日のテレビで、ティック・ナット・ハンさんというベトナムの宗教家の番組をふと見たからなのですが、ティック・ナット・ハンさんは、ダライ・ラマ4世と並ぶ現代の2大宗教家なのだそうです。そのティック・ナット・ハンさんは、「条件がそろうと私たちは人間の形で存在しているが、条件がそろわなくなるとそこから離れ、別の形で存在している。」というようなことを言いました。なるほど、とてもしっくりくる考えだと思いました。

私の家では、小さな黒いクモを家の中で見たり、歩いている時に蝶がついてきたりすると、(ああ、父だ。)とか、(ああ、義父だ。)とか思います。義父は20年前に亡くなる前、「自分は死んだあと、虫や鳥になって現れるからね。」と言い残しました。なので、いいタイミングでクモや蝶が現れると、「またお義父さんだね。」「父だ!」とコウジさんと喜びます。

先週は、その父に関する書類が必要で、暑い中父の戸籍のある渋谷区役所へ行ったり、世田谷区役所へ行ったり、はたまた神戸市役所に電話したりしていました。神戸市役所から書類を郵送してもらうために、近所の郵便局へ小額小為替を買いに行ったり。 私は東京や横浜で生活していますが、先祖を辿ると、大阪や名古屋や和歌山に親戚がいるようです。昨日は母のいる横浜の実家に行っていましたが、母がまだ歩けるうちに、渋谷の父の実家(のあったところ)や、名古屋や大阪に行こう!と母と盛り上がりました(和歌山は、母と父で行ってきたので、母はそっちはいいそうです。私は行きたいけれど。また、父の世田谷大原の家は、東京大空襲で燃えてしまいました)。
来週は母の病院付添いもあり、実家のことで結構あれこれ忙しくしています。

囲碁も、なるべく毎日少しはやるようにしています。昨日は実家でコウジさんと母が囲碁をやりましたが、母の圧勝でした。81歳の母もまだまだいけますぞ。母は囲碁になると、途端に生き生きします。

盲目の棋士アマ4段の柿島光晴さんが、「第31回人間力大賞」というもののファイナリスト20名の中に残っていらして、23日に横浜で発表があります。 目が見えない中、視覚障害者への囲碁普及、被災地大船渡支援など、人の為に人一倍の努力をされてこられた柿島さんを応援すべく、当日会場へ行ってこようと思います。

日野原さんは数々の名言を残されましたが、「いのちの授業」で子供たちに話しかけている言葉が印象的でした。「自分が生きているということは、使える時間があるということ。大人になったら、その時間を、困っている人のために使う時が来る。」という言葉。

時間は自分のためではなく、困っている他人のために使うもの・・・
自分のことでいっぱいいっぱいの人も多い中、病や障害や貧困、その他の問題を抱えながら、なおも人の為に尽くす人がいらっしゃるのも事実です。

柿島さんは、まさにそういう人の1人です。

それでは、また。


 

IMG_1085


朝日アマ名人戦で、村上深さんは、惜しくも初戦敗退されてしまいました。やっぱりずっと色々なお仕事に追われていらっしゃったからお疲れが溜まっていたせいだと思いますが、残念! でも、囲碁界も将棋界同様、若い人たちが本当に頑張ってますよね。スゴイスゴイ!

私なんて、日々の忙しさにかまけて毎週の囲碁教室に、復習もできないまま(1週間碁石を触ることもないまま)参加していますが、これではせっかくお金払っているのにすごく勿体ない、とようやく数日前に思うようになりました。

それは、大森での「高次脳機能障害と囲碁」の集まりに、囲碁ボランテイアとして参加して下さっている方に、「1回3千円くらいなのだから、それだけあれば本を10冊買えますよ。」と指摘されたからですが、その言葉に頭を殴られたような衝撃を受けました。
私は本が大好きですから、(そうか!本10冊と同じくらい、自分にとって価値のある濃い時間を過ごさなければ、勿体ないことだったんだ!)と気づいたのです。

だから、次回の土曜日までには、「時間がない。」と言い訳ばかりしていないで、もっと勉強しないと。
ということで、昨日は撮りためてあるNHKEテレの「囲碁フォーカス」の1回分をコウジさんと見ました(そういえば、先日の大森の集まりの時には、この番組を作られているスタッフの方も見学にいらしていました)。

その大森の会には、視覚障碍をお持ちの方もお2人参加されていました。どちらも大船渡囲碁祭りでお知り合いになった方たち(KさんとSさん)なので、その日もSさんの隣に座ったり、「ダイアローグ イン ザ ダーク」で勉強したように、お声かけしたり部屋の移動の際には、腕につかまってもらったりしました。お役に立てると、すごく嬉しくて、ドキドキ、心臓が高鳴ります。

Kさんが飼われている盲導犬のPちゃんも、相変わらず可愛くて、夫コウジさんは、盲導犬の仕事中は触ってはいけないと言われているにもかかわらず、Pちゃんの丸くて賢そうな頭を撫でていました。Pちゃんもシッポを振って喜んでいましたが、Kさんは、「Pはまだ若いから、すぐ喜んでしまう。」と困っていました。
先週の渋谷での国際視覚障害者囲碁大会でも、私とコウジさんはPちゃんと会ったので、Pちゃんは私たちの顔を、どうも覚えてくれているような気がします。私は大船渡でもPちゃんのそばをウロウロしていましたし。

Sさんは、「囲碁は本当に面白いですよ!」と真剣に私に言われますし、Kさんも柿島さんも勿論囲碁が好きで熱心に取り組んでいらっしゃるから、やっぱり囲碁は面白いのでしょう。前回の石倉先生の囲碁教室では、一緒に習っている初心者の方が、「20級くらいになったら、囲碁が面白くなるのでしょうか?」と質問されていましたが、同感です。今はまだ面白いというところへはいっていなくて、どう打てばいいのかさえ、よくわかりません。

それはともかく、その次の日の月曜日は、八王子で講演会打ち合わせがありました。
(八王子の講演は、11月26日(日)で、場所は京王プラザホテルです。詳細はまた追ってお知らせします。)

八王子は私の家からは遠いのですが、主催者が八王子パイロットクラブさんというところで私以外は皆さん八王子の方ですから、行ってきました。このパイロットクラブさんの話は、また長くなるので別の日にしますが、電車に乗っていると、何度か多摩川を渡りました。私の住む世田谷区は、多摩川下流の方ですが、八王子の方は上流の方です。河川敷の景色も違って、世田谷や大田区や川崎あたりは、河川敷で遊んだり運動したりする人の数がすごく多いのに比べ、府中や日野の方は、草木が多く、人は見当たりませんでした。ホームレスさんのいる小屋やブルーシートも、こっち世田谷の方は沢山あるのですが。人が多い方が、ホームレスさんや、ホームレスさんによって世話されている多摩川猫たちの数も多いのでしょう。

翌火曜日の夜には台風が東京にも来るというので、ホームレスさんのためにちょっとちょっと集めてあった食料や猫缶、衣服など持って、火曜夕方、コウジさんとウメと多摩川へ向かいました。
(この日、コウジさんは定期的な診察があったので、有休を取っていました。)

その時撮ったウメの写真を添付します。河川敷に来ると、ウメはとてもいい表情をします。広々している場所ですから、嬉しいのでしょうか。

ホームレスさんは、増水に注意を促す紙を持っていました。区の職員が配りに来たそうです。河川敷で暮らす人々のことを行政がちゃんと気にしてくれていることを、嬉しく思いましたが、以前多摩川が増水した時に、ホームレスさんや猫たちが流されてしまった悲劇がありました。河川敷で暮らすことは、まさに命の危険と隣り合わせなんです。 
「今晩、気を付けて下さいね。」とホームレスさんや猫に挨拶して、帰ってきましたが、今回の台風は、多摩川には被害を及ぼさず去ったのでほっとしました。

でも今朝のニュースでは島根が、夜のニュースでは福岡・大分が記録的豪雨に見舞われて大変なことになっています。どうか被害が甚大なものになりませんように・・・ 行方不明の方も出ているようで、心配です。









明日は、元アマ本因坊村上深さんと、視覚障害者の綱川泰典さんにとっては、大事な日です。

ます、村上深さんですが、明日7月1日と明後日2日は、「第12回朝日アマ囲碁名人選全国大会」が開かれます。場所は東京市ヶ谷の日本棋院東京本院。 57人で競いますが、その勝者が昨年のアマ名人である平野翔大さんとの三番勝負に出場できるそうです(7月29日、30日。神奈川県湯河原町にて)。

村上さんは去年は準優勝だったそうなので(すごいですね!)、今年は特別招待選手として出場です。

私はたまたま昨日、村上さんとお会いする用事があったので、「体力温存して本番に臨むんですか?」「あるいは、練習して臨むんですか?」と伺いましたら、色々お仕事があって、大会に向けての用意は何もできないのだそうです。 

そのお仕事の一つが、若手のプロ、一力遼七段へのインタビュー記事執筆とのこと。 さっき村上さんのツイッターを読みましたら、長い原稿を3回に分けたうちの第1回が、日本社会人囲碁協会(村上さんが代表を務められています)のHPにアップされていましたので、ここにご紹介します。
→ http://jygshp.wixsite.com/jygs/blank

こんなに長い文章を書かれたあとに、明日明後日と大会に出られるなんて、すごいタフな方ですね!どうか、いい結果が出ますように。御健闘を祈っています!

また、朝日新聞夕刊を読んでいましたら、綱川泰典さんのお名前が目に飛び込んできました(14面)。

綱川さんは、盲目のプロのフルート奏者で、3年前に私が八王子で講演をした時に、綱川さんは同じ檀上で素晴らしいフルート演奏を披露されたのでした。帰りは途中まで一緒に電車で帰ってきましたので(綱川さんは付添の方が一緒でした)、色々とざっくばらんな話をしたのですが、とても爽やかで明るい方だったのが印象的でした。 特に、ご自分も視覚障害をお持ちなのに、高次脳機能障害が世の中に知られていくためにはどうしたらいいのかなあ、と真剣に考えて下さっていたのが嬉しかったです。(この時講演に招いて下さった、八王子パイロットクラブの皆様が、また今年11月に八王子講演を依頼下さいました。有難うございます。その打ち合わせで、4日は八王子へ行ってきます。)

その綱川さんは、明日都内で開かれる「点字楽譜利用連絡会」(点譜連)で演奏されるそうなのですが、その集いに、皇后さまが初めて出席されることになったのだそうです。

記事によりますと、音楽家でもいらっしゃる皇后さまは、ご自分の著書の印税なども点譜連へ寄付されるなど、点譜連の活動を支えてこられたのだそう。(点字楽譜とは、視覚障害者が音楽を演奏するための楽譜です。)

点字楽譜は5線を使わずに、音の高さや長さ、指づかいなどを6つの点の組み合わせで示すものだそうで、その作成はボランティアの手作業なんだそうです。大変なことですね。

点譜連代表で全盲のバイオリニスト和波孝禧(たかよし)さんは、「皇后さまの存在が点字楽譜作成にかかわるボランティアら関係者の励み」だと話されているとのこと。

どうぞ明日は、綱川さん、村上さん、頑張って下さい!

私はまた石倉昇先生の教室ですが、この1週間もやっぱり囲碁の練習ができておらず、碁石を触りもしていないので、とても心配。 忙しいと、囲碁をする時間がない、つまり囲碁が上達しない、ということが、当たり前ですがようやくわかってきました。

自分には「すごく簡単な」テキストが必要だ、という認識を持った私は、昨夜アマゾンで注文した初心者向けの詰め碁の本が届いたので、今から付け焼刃ですが解いてみます(もう零時近いけれど・・・)

↑このページのトップヘ