日々コウジ中

日々コウジ中 - クモ膜下出血により、さまざまな脳の機能不全を抱える“高次脳機能障害”になったコウジさんを支える家族の泣き笑いの日々

相模原市のやまゆり園で、入所者19人が殺害された事件から1年。
犯人の植松被告は、いまだに自分のしたことを後悔していないそうです。

1年経っても考えが変わらないなら、事件が起きるのを事前に阻止することは難しかっただろう、と思わざるを得ません。今日のような大雨が犯行当時に降っていたとしても、きっと彼には犯行を延期する理由にはならなかったでしょう。

なぜなら植松被告の場合は、逮捕されることはわかっていながら尚も行為に走ったわけですから、もうそこには非常に強い意志があったのです。犯行後1年経っても、変わらないような意志が。それは、「障害者は生きていても不幸しか作ることができない。」と信じる、間違った考え。

そんな人は日本で1人であり、何かの間違いでそういう人が生まれたのだ、もうこういうことは起きない、と思いたいのですが、彼に共感する人がいる限り、第二、第三の植松は出てくるでしょう。

なくならない学校でのいじめにも、同じ構造が見られます。今日も北九州市の女子高生が、おそらくいじめが原因で4月に自殺していたというニュースがありました。
自分は危険の及ばない高見にいて、気に入らない人をいじめたり排除したりする行為は、とてつもなく卑怯で醜い。

自分が排除される側、差別される側にならないように画策しつつ、排除し差別する。
先日亡くなった日野原重明さんの言葉、「困っている人を助けるために生きる」ということから遠く離れた行為です。それがわからないのが、愚かですし残念です。わかるようにするのが教育なのに、教育の場でいじめが起きているということは、矛盾しています。

人間は本当は誰もが同じ側に立っているのに、あえて川向うに立ってこちらを差別し、排除し、はやしたてる。なんのために?そこに何の意味があるのでしょう。むなしいことです。川向うに、あるいは高見に立って他を差別する人がいる限り、悲惨な出来事はなくならない。

夫が障害者になってわかったことは、差別する人だけでなく、傍観している人もいるということ。
その傍観者の数はとても多く、傍観していることはすなわち差別する人と同じ側に立っている、ということすら認識していないことが問題です。

人は助け合うもので、困っている人を差別したり排除したりするのはもってのほか。その人の力になってともに仲良く生きて行かないと。

本日分のブログを投稿する時間になり(あと5分)、まとまっていないのは重々承知していますが、障害者も健常者も、老若男女、誰もが笑顔でいられる社会になりますように。 これは最近の私の講演タイトルにしています。また、日本障害者リハビリテーション協会発行の『月刊ノーマライゼーション』7月号に寄稿した文章のタイトルは、「望むのは、傍観しない社会」です。

亡くなられた19人の方々、いじめで自殺してしまわれた方々のご冥福をお祈りします。
そして、これからはそういう不幸な事件が起きないよう、私たちは傍観するのではなく、手を差し伸べたり適切な対策を取らなくては・・・。

暑い日が続いていますが、そんな中、私は愛犬ウメの散歩を毎日続けています。
なるべく涼しい時間帯を選んでいますが、それでも暑い、暑い・・・。ウメも暑いと思うので、帰宅するとすぐ冷たい濡れタオルで全身を拭いてあげます。特に鼻や目や耳などを拭いてあげると、とても気持ち良さそうにし、ゴロ~ンとおなかも出して「おなかも拭いて」と言います(そう見える)。

そうしていつものようにげんなりしながらウメと歩いていた時、ふとウメの姿を動画にとって投稿しようかな、と思いつきました。そう考えると、苦痛だった暑い中の散歩もちょっとワクワクしてきまして、5月に買ったばかりのipad を何度かお散歩バッグに入れて、撮影してきましたよ。 

実はウメは散歩中、ある面白い行動をするのです。それは、自転車用スロープに来ると、お尻を下ろして滑り出すのです。どうも、楽しいようです。
もう何年も前からやっている行動なので、最初こそ驚いた私たち家族も、今はなんとも思わなくなっていました。それでも滑っているウメを見ると、通りすがりの人たちは皆さん笑ってくれるので、たしかに面白いから、見る人の暑気払いにもなるかな、と昨夜投稿してみたのです。投稿先は、いつも見ているNHKの「おはよう日本」。木曜日に、「世界が注目!ネット動画」というコーナーがあり、私はそのコーナーが大好きで楽しみにしています。

すると、もう今日NHKのHPにアップしてもらえましたので(連絡もありました)、びっくり。 早速ここでお知らせしますので、良かったらご覧ください。
→ http://www.nhk.or.jp/doga/index.html

タイトルは、「柴犬さくらの滑り台 その1」と「その2」の2本です。
コウジさんにも協力してもらい、「その2」でウメのリードを持っているのは、コウジさんです。

実は、『日々コウジ中』に出てくる柴犬ウメの本名は、「さくら」です。さくらにも、ペンネームをつけてあげたのでした。さくらが我が家にやってきたのは桜の咲く時期でしたが、生まれたのはウメが咲く時期でした。
私が柴本でも本名の加藤でもいいように、ウメでもさくらでもいいのです(笑)。

さて今日は母の病院付添いでしたが、予約してましたけれど1時間半待ち、ぐったりしました。予約時間の約1時間前に病院へ着きましたから、診察を受けるまで2時間半。大きな病院は、待ち時間が途方もなく長く、これでは病気の人は待てないなあ、と冗談でなく思います。

母にちょっと気になる症状があって、先週かかりつけ医に紹介状を書いて頂き、今日は大きな病院へ連れて行ったのでした。今週もう1回CTを撮るため同じ病院に行き、来月初めには別の検査も。2週間のうち5日は実家や病院へ行っており、暑さが大の苦手な私は、暑い中クラクラしてきますが(帰ってからはウメの散歩ですし)、大事にならなければいいなあ、と心配しているところです。まあ、年取ってくると色々悪いところが出てきて当然だ、と腹をくくっていますが。

浅田美代子さんが集められている、「動物の愛護及び管理に関する法律」の改正を求める署名。 7月末までに目標5万人のところ現在46819人、あと3181人の賛同者が必要だそうです。どうぞご協力ください。
署名活動自体は、来年法改正になるギリギリ直前まで続けられるそうで、目標10万人とのこと。
→ http://miyokoasada.com/

また、多摩川河川敷に捨てられた猫たちとホームレスさんたち(そういう猫の世話をされています)を、この猛暑の中毎日お世話して回られている写真家の小西修さん。 時々様子を伺っているのですが、今まで支援して下さった方が諸事情で支援できなくなるなど、餌代その他にかかる費用が不足して今まで以上に厳しい状況のようです。 ご協力できる方は、どうぞご支援にご協力ください・・・
→ http://www.top-virtual.com/kabuto/diarypro/  
(ブログ右上の BACK というところをクリックされるとホームページに移動、その左下に「TAMA猫基金」というところがあります。)

犬猫関係の話で盛り沢山でしたが、さて今日はコウジさんと囲碁ができるでしょうか。 まだ朝刊も夕刊も読んでいないしお風呂も入っていませんから、無理かも・・・ トホホ。

日本青年会議所主催の「第31回 人間力大賞」の発表と授賞式が、今日横浜でありました。

私は恥ずかしながらこの賞の存在を今まで知らなかったのですが、もう30年以上も続いている歴史ある賞で、20歳から40歳までの「人間力」ある方に授与されるそうです。
ここでいう「人間力」の定義は、「自らの活動が「個」の成長と「公」の発展を両立させ、諦めることなく自分の確固たる信念を勇敢に貫き通すことで、社会に夢や希望を与え「明るい社会の創造」に貢献できる影響力を発揮している「人間の力」」 なのだそうです。

5月中旬に岩手県大船渡市で行われた「碁石海岸で囲碁祭り」に参加した帰りに、初めて柿島さんとお話し、アイゴ(視覚障害者用の囲碁道具)を使ってペア囲碁で対局して頂き、表参道で催されている「ダイアローグ イン ザ ダーク」に参加したり、国際視覚障害者囲碁大会を覗いたりしているうちに、紳士的で明るく一所懸命な柿島さんのすっかりファンになっている私は、ファイナリスト20名に残っていらした柿島さんを応援すべく、会場のパシフィコ横浜へ急ぎました。

するとそこは既に沢山の若い人たちの熱気で溢れていて、入社式か大学の入学式のようでした。見ると関東だけでなく、東北や関西、中国、四国、九州地方の青年会議所の方たちのようでした(持っていらした旗から判断しますと)。皆さん、自分たちが推薦した人を応援に来られていたり、昨日今日で開催されているほかの関連集会のために集まられていたようですが、全体としてこんなに大きな行事だということにびっくりしました。 私は柿島さんが「人間力大賞」にエントリーされたこと、プレゼンをされたこと、WEB投票があったことなどもほとんど知らなかったのですが、ファイナリストに残ったということを知って、慌てて応援するようになったのです。スミマセン。

柿島さんは町田市青年会議所推薦ですが、そこの方たちはいらしていたのかわかりません。とりあえず柿島さんの強力なサポート役である木谷正道さんや石鍋博子さん、信田六段ほか、8名ほどで結成されたささやかな即席応援団で、檀上の柿島さんら20名の受賞の様子を固唾を飲んで見守っていました。

そしてなんと柿島さんは、見事に準グランプリのほか、厚生労働大臣奨励賞、街づくり地球市民財団奨励賞の2つも受賞されました!おめでとうございます!
受賞された時に、目の見えない柿島さんに「柿島さ~ん!」「おめでとう~!」と叫べばよかったねえ、とあとで応援団員同志で反省しましたが(ほかのファイナリストの方々の応援は、結構元気いっぱいでしたので)、力いっぱい拍手で健闘を称えました。

グランプリには、大阪でホームレスさん支援を14歳の時からされているという、川口加奈さんが選ばれましたよ。ほかにも視覚障害者の就労や居場所づくりをされている成澤俊輔さん、シリアの人たちの支援をされている田村雅文さん、車椅子ダンサーの神原健太さんらに私は注目していたのですが、皆さんそれぞれ奨励賞をもらいました(ファイナリストの方たちは、なにかしら賞をもらえたので良かったです)。
とにかく、日本にはこんなに頑張ってらっしゃる若い人たちがいるんだなあ、と感動した日でしたし、このような取り組みをされている日本青年会議所の活動は、素晴らしいと思いました(もちろん、「人間力大賞」とは無関係な場所で地道に一所懸命活動されている、多くの若者がいらっしゃることも忘れてはいけません)。

私たち応援団は授賞式のあとすぐ会場から出て、別の建物の中で受賞の喜びの余韻に浸りながら昼食を取っていましたが、その頃安倍首相が会場に来られていたそうです。そのせいで、警備が厳重だったのですね。全然知りませんでした。柿島さんも安倍首相と話をされたようです。
帰宅して夕方ニュースを見ていましたら、今日見ていた舞台で、日本青年会議所の青木照護会頭と安倍首相が対談されている姿が映っていたので、またびっくりしました。人間力大賞授賞式のあとは、この対談があったのですね。
色々な催しがあってなんだかよくわかりませんが、全国の青年会議所にとって昨日今日は1年できっと最も大きな行事なのだということだけはわかりました。

柿島さんの受賞によって、視覚障害者の囲碁、そして囲碁そのもののさらなる普及にはずみがつくものと思います。
柿島さん、本当におめでとうございました。そして柿島さんが仰られているように、これからも皆で一緒に歩んでいきましょう!

↑このページのトップヘ