日々コウジ中

日々コウジ中 - クモ膜下出血により、さまざまな脳の機能不全を抱える“高次脳機能障害”になったコウジさんを支える家族の泣き笑いの日々

今日もまた36度の猛暑で、1日やり過ごすのが大変でした。

それなのに、元気回復したウメが、リードをぐいぐい引っ張り、炎天下の中、とうとう動物病院まで引っ張って行かれました。 よほどウメは、この病院が好きらしいです。手術で痛い目にあったと思うのですが、きっと先生や看護師さんらが優しくて、いい思い出があるのでしょう。

中に入ろうと踏ん張るウメを、「ダメだよ!」と私が引っ張って、ウメと綱引きしているような図になっているところへ、先生がたまたま外から病院に戻ってきました。地獄に仏、とはこのことです。ウメは、先生に少し遊んでもらうと満足し、ようやく帰途につくことができました。

けれどこの騒動で私は汗びっしょり、帰宅するとすぐシャワーを浴びました。

こんな調子の毎日だと、私は倒れそうです。早く来い来い、秋よ来い。

報道では、今年の東日本の8月の気温は、平年より2・1度も高かったそうで、観測史上最高に暑い8月だったとのこと。

コウジさんが倒れたのは、2004年9月13日でしたが、その年の8月もものすごい暑さでした。
どうか、この8月、脳卒中で倒れる人が多くありませんように。

さて、今日は朝、昼、夕、夜、と合計7時間もズーム会議に入っていたので、疲れました。
ずっとパソコンやアイパッドを見つめていると、これはかなり疲れます。
ズームは便利だけれど、これは日常的に使うものじゃないなあ、という気がしてきました。

早くリアルに会って話せるようになりたい。その方が健康的ですね、やはり。

世田谷区の防災計画について、パブリックコメントを先月24日まで募集していたので、出しました。

東京で一番小さな市は、狛江市だそうです。その狛江市には、「こまベスト」というものがあります。

これは、例えば「私には視覚障害があります」とベストの上に書かれていて、それを着ると地震や水害などの災害時、周りに自分の障害をアピールできる役割があります。それを見たら、手助けしてくれる人が現れるなど、なんらかの配慮が期待できますし、なにかまごついていても、(ああ、この人は目が不自由なのだな。)とわかってもらえるだけでも意義は大きいです。

コウジさんも「私には高次脳機能障害があります」という字が書かれたベストをカバンの中に入れておけば、かりに通勤中に大地震に見舞われても、それをサッと着たら助けてもらえたり、他人とトラブルになっても、許してもらえるのではないでしょうか。

問題は、ベストを着るかな、ということです。何回も練習しないと、きっと着ることを思いつかないでしょう。地道に、コウジさんの頭にインプットしていきましょう。

これはいい、と思って、パブコメにこまベストのことを知らせ、「世田谷にもせたベスト(マネした命名。冗談です。)を作って下さい。」とお願いしました。

でも区がたとえ作ってくれることになったとしても、まだ時間がかかるので、自分で作ってしまった方が早いでしょう。だって地震は明日来るかもしれないのですから。

そこで、ワークマンというお店なら、ポケットがいっぱいついたベストが売られているそうです。
ワークマンのことをテレビで紹介していた時、へえ、と感心したのですが、服は高くないし、防水加工されていたり、防火加工されていたり、機能性が抜群に良いそうです。

我が家から車で15分くらいのところに、ワークマンがあるので、早めにコウジさん連れて行ってみましょう。初ワークマンです(笑)。
勿論、ワークマンじゃなくて、同じようなベストなら、どこのものでもいいんですよ。ベストのポケットには、障害者手帳や個人情報が記載されたヘルプカードや、日本脳外傷友の会とリハビリテーション心理職会が作った「あんしんカード」などを入れておくといいですね。あと、薬も。

写真を添付しようと思いましたが、今はもう夜で写真撮影も難しいので、明日でも昼間に撮影して、ここに添付しておきますね。

パブコメの話の途中ですが、もう眠くて仕方ないので、今日はここでいったん投稿します。
もし意味不明、支離滅裂な個所があったらすみません。眠くて意識が遠のきながら書いていたので(笑)、明日にでも直しておきますね。

おやすみなさい。


今日9月3日で、なんとこのブログを書き始めて、はや満10年になりました。
まずは、めでたい。パチパチパチ!(1人拍手の音)

1人で書いていたら、こんなに続かなかったと思います。
皆さんが時々コメント下さったり、読んで下さっているのがわかる管理画面に表示される「PV(アクセス)」「UU(訪問者)」の数に、力づけられてきました。どうも有難うございます。

ある程度の期間書いてきた頃、(10年書けばいいかな?)、と思っていましたが、このまままだしばらくは書いていたいと思いますので、どうぞ宜しくお願いします。

ところで、今日9月3日は、ドラえもんの誕生日だそうです。
我が家には、ドラえもんが全巻ありますよ。
ドラえもん大好き娘ワッチには色々特技がありますが、そのうちの1つは、新聞などでドラえもんの1カットが載っていると、「あ!それ何巻のどのへんに載っているかわかる!」と、いそいそとドラえもんの本を取り出し、パラパラめくって「ほら!」とあっという間に、得意そうにそのページを私に見せられること。

「すごいね~。」と、驚きながらも、少々呆れる私。
そんなワッチも23歳の大学院生になり、アインシュタインの『相対性理論』を読み、日本語のない、数字とアルファベットだけの式でいっぱいのノートに毎日向き合っています。

(ちなみにほかのワッチの特技は、歯で音楽を奏でられること。頭をこぶしで叩いて、やはり音楽を奏でられること。私が「やって!やって!」と頼むと、面倒臭がりながらも、一所懸命演奏してくれる、素直な娘に育ちました。笑)

そんな話はどうでもいいですが、やはり菅さんが次期総裁になるんでしょうかね。とりあえずは来年の9月までの1年間。それとも、大どんでん返しがあって、石破さんや岸田さんになるとか?

いつも思っていたのは、(なんか菅さんて、陰気な顔をした人だな。いつも下を向いて視線を合わせずしゃべるし。)ということ。そんな菅さんが総理になったら、日本中つられて暗い不景気な顔になりそう。そうしたら、おのずと運も逃げて行き、国民みんなつまらない毎日になったりして。

ここでいっそのこと菅さんが、笑顔いっぱいの人になってくれたらいいですねえ。
そうしたら好感度がぐっと上がるかもしれない。
やはり、笑顔ですよね。笑顔には、自分も相手も楽しくなる魔法の力があります。

私は57歳になりましたが、まだドラえもんのマンガのように、夢のような話を自分で時々考えては、ワクワクします。

たとえば、この温暖化がどうにかならないかを考えた時、太陽と地球の間に、宇宙のどこからか、ちょうどいい大きさの星が飛んできてそこで止まり、その陰になった地球がちょうどいい気温になる、なんてことないかな?

とか、

海の中のマイクロプラティックやポリ袋を好む魚が、突然変異で生まれ、それをみんな食べてくれる、なんてことないかな?

とか。

結局、解決法が(上記のものではなく)見つかるかもしれない地球の問題については、人間がその問題を引き起こしたのであって、それを防ぐ手立てはあるのだと思います。

けれど、人間がいくら英知を結集してもどうにもならないのは、地震でしょうね。
なぜなら地球は生きていて、今も地殻変動を続けているのだから。
そして日本は4つの大きなプレート(北米プレート・ユーラシアプレート・太平洋プレート・フィリピン海プレート)の上に乗っているので、地震とともに生きる運命を背負っているのです。
そこで、せめて被害を最低限に抑えるために、「防災」という考えと行動があります。

地震が起きたその時、怪我をしないこと、死なないこと、そうしたらそのあとはなんとかなる、と専門家の人たちは言います。
阪神・淡路大震災で助かった人の9割は、自分で逃げたり近所の人や友人に助けてもらったりの「自助・共助」だったそうです。
これは行政が情けないというわけではなく、救命は時間との戦いなので、行政がそんな全ての助けを必要としている人を助けに行けない、ということです。

だから私達は、とにかく自分の命は自分で助ける、自分が大丈夫なら、そばで助けを必要としている人を助けることが大事なんだそうです。
「皆さんが助かることで、助かる命があるんです。」と言われる専門家もいますが、本当にその通りですね。皆、自分の命は自分で守りましょう。

また、緊急地震速報というツールは、日本だけが持つ素晴らしいものだそうです。
緊急地震速報が鳴ったら、すぐ机の下にもぐったり、伏せたり、頭を守ったりすること。
揺れてからでは遅く、それでは緊急地震速報の意味が全くないそうです。

・・・このまま書いていくと終わらないので、ここで投稿します。

明日は世田谷区のパブコメに提出した、私の意見(防災について)をご紹介しますね。ちょっとですが。

ではまた!




今日は防災の日。
1923年に関東大震災が起きた日です。

昨日もわりと大きな地震がありました。一瞬で終わったけれど、さすがにヒヤリとします。
(このまま大地震になるかもしれない!)と少しだけ覚悟しますが、揺れが収まると、家族で「大したことなかったね。よかった~。」とほっとし合います。 けれど、いつかはそんな時ばかりでなく、命からがら逃げ惑う日は、必ず来るでしょう。

最近、三浦半島でガス臭い、という通報がもう3回くらいあったそうです。
調べても原因がわからず、心配されているのは、大地震の予兆なのではないか、ということ。
関東大震災や阪神・淡路大震災の前も、ガス臭いという通報があったそう。

いずれにしても、いつ地震が来てもいいよう(よくないけれど)、備えをしておかないと。

このブログでも、私が集めた防災グッズの紹介をしていましたが、いつの間にか尻切れトンボになっていたので、今日は犬猫の食料の写真を貼ります。

猫防災

これは、猫(ハルとチー)の食料と猫砂。減ってくる前に補充するよう心掛けています。写っているのは、大猫ハルの方です。

犬防災

こちらは、犬(ウメ)の食料。
これだけあれば、犬猫1か月くらいは食べ物に困りません。火事に遭わなければですが。火事が起きたら、人間の食料よりも犬猫の食料を持って逃げるかも。なぜなら、人間の食料はどうにかどこかで調達できても、犬猫のエサは調達は難しそうなので。

勿論、水は2リットルペットボトルを80本以上揃えてあります。それは、人間3人+犬猫3匹の分です。

ウメは、今日抜糸に行ってきました。
さくら抜糸


お蔭さまで、とても元気ですよ。ご心配おかけしましたが、もう大丈夫です。
散歩も、1日10分を2回だったのが、昨日からぐいぐいリードを引っ張り始めたので、徐々に以前の量(1回1時間を2回以上)に戻りつつあります。

昨日まで続いた猛暑も今日は和らぎ、今年初めてカネタタキの音色も聞えました。
ようやく秋が近づいてきたのだと思うとほっとしますが、次に心配なのは、台風です。

小笠原近海に発生した台風10号は、非常の勢力が大きく、日本に接近してくるというので、台風の進路にあたる地域の人は、充分気を付けて備えて下さい。
.・・・台風9号も、沖縄の久米島北を中国大陸方向に進むと思っていたら、九州北部に来そうですので、こちらもお気を付け下さい。

台風と言えば、突然辞任した安倍首相の後継者争い。
石破さん、岸田さん、菅さんの3候補が出馬しましたが、なんだか内輪のネゴシエーションで既に菅さんに決まりそうな報道ですね。なあんだ。

国民の手が届かないところで、次期総裁が決まってしまうのって、すごく変。
公平に3候補が戦えるようにしてほしいし、総理は私達国民が選びたいですよね。

ぶつぶつ言いながら、もう寝ます。
暑さとコロナへの気疲れで、いつも眠いです。それに、頭も根を詰めるとすぐクラクラしたり、ボ~っとしたりしますし。危ない、危ない。そんなに心配するほどでもありませんが、無理は禁物。

しかも一昨日、家の中の階段を1段踏み外して落ち、両方の太ももが痛くてたまりません。
湿布貼っていたら、今度はかぶれてしまい、かゆくて仕方ありません。
ああ、いつも以上に冴えないこの頃です(苦笑)。

ではまた!

↑このページのトップヘ