日々コウジ中

日々コウジ中 - クモ膜下出血により、さまざまな脳の機能不全を抱える“高次脳機能障害”になったコウジさんを支える家族の泣き笑いの日々

IMG_9022



今日は朝からいい天気です。
ポカポカして暖かく、春のようです。

陽気がいいと外出したくなりますが、9日のさいたま市講演の日は、雨か雪の予報になりました。ガーン・・・
せっかく3日前の時点では110人以上の方のお申し込みがある、と主催者から伺ったばかりなのに、雪では家から出ない(出られない)方もいらっしゃるでしょうね。
でも、会場はJR浦和駅前でアクセスがいいので、無理でない方は是非いらして下さい。無理な方は、いいですよ~。

来週12歳になる犬のウメが、最近毛がボサボサしてツヤがなく、(ああ、老犬っぽくなってきたなあ。)としんみりしていたら、一昨日お尻あたりの毛がボソッと抜けました。
おお、毛の生え変わりではないですか。もう春が近いということです。なあんだ、ボサボサしていたのは、春に向けての準備だったのだな、そう思うと嬉しくなりました。ウメよ、これからも何度も何度も春を迎え、もっともっと長生きしておくれ。
(今日の写真は、今日午前のウメとハルです。ベランダで仲良く日向ぼっこ。)

先日散歩途中で、近所の人と会ってつい長話になると、私のお尻を両手でドンと押したウメに驚きました。「早く行こうよお!」と催促したのでしょう、2本足で立ち上がって私を押したウメに、(おや、まだまだ若いじゃないの!)、とこれまた嬉しくなったのでした。
歩き方で年取ってきたのがわかるウメなので、こうした1つ1つの若い動作が、私を喜ばせます。
プウプウ鳴るおもちゃで遊んだり、玄関から私の靴をくわえて来て、「追いかけて!」といたずらな顔で私を見ながら逃げ回ったり、骨ガムをくわえたまま仰向けになったり。

動物も、人間も、皆年を取る。皆いつかは死にます。仕方ないです。

アンパンマンの作者、やなせたかしさん(大好きです!)が生前のテレビ番組で、自分はあちこち体の悪いところがあって、病気のデパートだと言いながら、いつかは人間は死ぬけれど、「まだ死にたくねえよ。面白いところへ来たのに俺はなんで死ななくちゃいけないんだよ。」と笑ってらっしゃったのを覚えています。(勿論、お顔は笑顔でしたけれど、心は真面目で笑ってはいなかったのはわかりました。)

94歳でもまだまだご活躍されていたやなせさんのこの時のインタビューは、ずっと忘れられずに私の頭の中にあります。やなせさんは、その4か月後に亡くなられました。
生きていられるということは奇跡なんだと、本当に有難いことなんだと、1日1日を大事にしなくては、と思うのです。(なのに、時間を無駄にしてばかりな気が。特にしょっちゅう探し物や片づけをしている時間が勿体ない。)

私の好きな人は、むこうの世界にいらっしゃる方が多いです。自分もいつかむこうの世界で好きな人たちと会えるのを楽しみに、肉体のある現世で、精一杯のことをしてから行きたいと思います。

この間、いい記事を読みました。新聞の投稿記事なのですが、今10分ほど探したものの、整理が悪くて見つかりません(また、いつものこと。涙)。

内容は、ある主婦の方からの投稿で、朝食作って片づけて、昼食作って片づけて、夕食作って片づけて・・・家事で1日が終わる毎日に溜息をつき、「ねえ、人間はなんのために生きているのかな?」とふと小学生の息子さんに聞いたそうです。すると息子さんはきょとんとして、何を聞くのかと思ったら、という風情で、「決まってるじゃん。楽しむためだよ!」と言うと、好きなテレビかゲームの方に飛んでいってしまったと。
その息子さんを見て、そうか、と思ったその方は、それからは家事も楽しい気持でするようにしたと。すると息子さんがそばに来て、「がんばってるね!」と声をかけたと。

・・・たしかそんな話でした。

そうなのか、と私もハッとした思いでした。小学生に教えられますね。
勉強して仕事して、嫌なことにも悲しいことにも遭ったり、(ああ、人生とはしんどいものだなあ。)と思うことが時々あります。この投稿者のように、「毎日毎日ご飯作って片づけて、掃除洗濯して、またご飯作って片づけて、面倒だなあ。この家事の時間がなければ、どれだけほかに色々なことができるか。」と思うことも多いです。

でも自分も家族も健康に生きていくには、家事はかかせません。そんな時に、この男の子の言葉、「人生は楽しむため」を思い出すと、ちょっとウキウキしてきます。家事も、仕事も、介護も、勉強も、囲碁も、音楽や絵画鑑賞や読書などと同じように楽しみ、全てが「楽しむためにしている」と思うと、気が楽になりませんか。(注:囲碁は私にとっては、まだまだ勉強で、楽しいけれど苦しいことも多いです。)

もちろん、「楽しむため」と思えない大事な活動も沢山ありますけれど。犬猫など動物保護活動とか、辺野古基地移設問題や原発に対する運動、ケアラー支援とか、被災地支援、障害者支援、貧困者支援とか沢山。

最近のニュースでは、豚コレラが胸が痛みます。
豚やイノシシがこのコレラにかかると、90~100パーセントは死んでしまう高い致死率と強い伝染力の恐ろしい病気だそうです。国内での発生は26年ぶりとのことで、どうやら中国から持ち込まれた感染豚肉を岐阜でバーベキューした人が余った肉を捨て、それを食べた野生のイノシシが広げているという説が濃厚のようです。(まだ推測です。)・・・と思ったら、愛知から出荷された飼料が原因ではないか、という最新情報が。まだ発端はわからないようですので、私も軽々しくここに書くのはこのくらいでやめておきます。

人間にはうつらないものの、これ以上広げないためには、豚の迅速な殺処分は仕方ないそうですが、豚も養豚業者も可哀想です。ワクチンで防げるものなら、やはりワクチン接種すべきなのではないかと思います。
感染は岐阜、愛知、長野、滋賀、大阪と広がってきていて、これ以上広がらないよう祈ります・・・。

最近私のところに、離婚相談のような手紙やメールが寄せられることが増えてきました。
当事者の夫(やその周囲)に嫌気がさしてしまった奥さん(茨城)。逆に、当事者の妻(やその周囲)に疲れてしまった夫(東京)。また、理解が足りない夫に嫌気がさした当事者の奥さん(岩手)。

離婚してしまった奥さんも、既に何人かいます(埼玉・東京)。相談が途切れたままの奥さんもいます(神奈川)。その後どうなったか気にはなっているのですが・・・。

離婚された1人からは、「柴本さん、講演で話す時に、自分のように離婚した妻をどうか責めないでほしい。私はこれからも夫を捨てたという十字架を背負って生きていくのだから。」と言われています。そうなのか~。わかりました。

あるいは逆に、「夫と離れられて、生活をエンジョイしています。」という明るい手紙をくれる人もいます。そうなんだ~。良かったですね。

この問題は、難しい。その夫婦夫婦に事情があり、私は結局は部外者で立ち入ることはできません。
私は基本は「離婚しない方がいい」考えですが、追い詰められて、疲れすぎて、自分を見失うくらいになっている方は、それは危険だと思います。やはり自分を救うために逃げた方がいい。そうしないと、自分も倒れ、配偶者も倒れ、共倒れになるからです。
離婚して、また元気になったら再婚して、もありかもしれません。(手続きが疲れるけれど。)

また、自分や身近な人だけ(自分と同じ考えの人だけ)と相談していると、冷静で賢明な判断をし損ねる可能性があります。できるだけ広い範囲からのアドバイスをもらい、最終的に自分が決断した方がいいと思います。

自分の人生は自分のもの。1度きりのものです。
死ぬときに後悔しないような生き方をしてください。
私もですが。

ボビー2019.2.1


行ってきましたよ、ボビーのコンサートに、コウジさんと!

場所は、六本木にある「ビルボードライブ東京」というところ。初めて行きました。
我が家からそんなに遠くはない六本木ですが、今までの人生で六本木に行ったことなんて、数回あるかどうかです(用事がないから)。

行ってびっくり、いつの間に六本木にこんな、「東京ミッドタウン」なんて一角ができていたの???(すごい灯台下暗しというか、アンテナが低いというか、きらびやかな世界に関心がなかったというか。)皆さん、ここを知っていましたか?

調べると、2007年にできていたそうです。ということは、私は12年も知らずにいたんです。
ああ、コウジさんが倒れたのが2004年9月だから、その頃から数年のニュースや情報は全く頭に入らないでしょうね。コウジさんのリハビリ、生活再建に懸命だったあの頃からそのまま、今まで来てしまったということでしょう。納得。

HPから引用しますと、「2007年3月30日、六本木で開業した東京ミッドタウンは、ホテル(ザ・リッツ・カールトン東京)、文化施設(サントリー美術館など)、130に及ぶ商業店舗、オフィス、住居、病院、公園などが集約された複合施設です。」だそうです。

ともかく、同じくあまりの都会的風景に腰を抜かしているコウジさんと、「びっくりしたべ。」「んだべ。」とおのぼりさん気分を楽しみながら、迷い迷ってやっと着いた4階にある、ビルボードライブ東京。(注:決して田舎言葉?の「だべ」を揶揄しているわけではありません。東京人だって、ほとんど地方出身者の集まりですよね。元々東京の方もいらっしゃいますけど、年末年始、お盆時期の都内がガラガラになるのを見て、いつもそう思います。)

実はコウジさんは、家を出る前から、「え?今日でかけるんだっけ?どこ行くの?」というコウジ節が早速始まっていたんです。コンサートが夜9時半からという遅さなので、先に家で夕食を取り、いつものように食後ソファーに横になってうとうとしているうちに忘れたようです。もうお風呂に入って寝るモードでした。

チケットを買ってからこの1週間、毎日うるさいほど「ボビー」「ボビー」と楽しみにしては、時々忘れ、また「ボビー」「ボビー」の繰り返しでした。そして、今日は忘れている日だったようです(笑)。

席に着くと、コウジさんは、「あれ、今日歌うの、誰だっけ?」と。「ビリーだっけ。ビリー・・・ジョエル。」
私がおかしくて吹き出すと、「あれ、ボ、ボ、ボビー・オロゴン!」
涙が出てくる私。そのうち、「あれ、何を聞こうと思ったのかも忘れた。」と。
(今日歌う人が誰か、を聞こうと思ったんでしょ。)と内心でつぶやく私。もう相手する気力も萎えてきました。

ふと、ステージの上に設置されているスクリーンに目をやると、来月以降に登場するアーティストの宣伝画像が映し出されていました。そこに玉置浩二さんが写ったのを見て、「ああ、びっくりした、ボブかと思った。」とコウジさん。
その「ボブって誰?」と、もうこらえきれずに大笑いする私。髪を白くしているので、外人に見えたようです。

・・・そのあとやっと、自力でボビー・コールドウェルの名前を思い出しました。

けれど始まるまでの時間がイライラしてきたコウジさん、何度も流れる玉置浩二さんの画像に、「13500円?たけえ!(高い)絶対買わねえ!」 ASKAさんの映像にも、「アスカ、復活してきたのか!日本は甘いんだよ!」と暴言が止まらず。私は周りの人に聞こえないかヒヤヒヤし、「黙ってよ!」とひそひそ声で注意しました。

あとで調べますと、玉置浩二さんのコンサートはオーケストラとの共演だそうですし、特典にDVDも付くそうです。ASKAさんについては、私は歌や歌声が好きでしたが、覚せい剤使用事件から、遠のいています。でも失敗を悔いてやり直しされるされるなら、頑張って欲しいです。
それにしても、記憶障害が重いコウジさんの頭の中に、ASKAさんの覚せい剤事件がインプットされていたことの方が、驚いています。その事件はコウジさんが高次脳機能障害を負ってからあとに起きたことなのに、定着しているんだなあ。嬉しいです。

さて、家でテレビを見ている時も、この「暴言」はひっきりなしです。
最近、休止宣言をした男性アイドルグループ「嵐」の映像に向かって、「どうでもいい!」「いつ辞めても全然問題ない!」と言ってましたっけ。私も関心ないグループですが(私達には若すぎるネ)、嵐を好きな人たちもいるのだから。
コウジさんだって、小田和正さんや山下達郎さん、鈴木康博さん、小椋佳さん、ユーミン、森山良子さん、あと誰だっけ、山本潤子さん、そしてボビー・コールドウェルが活動を辞められたら、すごくショックなはずよ。

ボビーの登場を待っている間に、「なんだか眠くなってきちゃった。」と目を閉じていたコウジさん。ハッと我に返ると、「あれ?もう終わったっけ?」
怒っていた私も、また爆笑。コウジさんは、「なんだか、もう終わった気がしてきた。」「これからだよな?」と悲しげな表情。

そんなやりとりをしているうちに、始まりました。(始まる前までに、大笑いしたり怒ったりで、既に疲れていました。)

前にボビーのコンサートへ行ったのは、27年前で、ボビーはポニーテールで、たしか派手な黄色いジャケットを着て歌っていた。カッコ良かったなあ。そして、久しぶりに見た67歳になったボビーは、やっぱりカッコ良かったです。歌声は変わらず、ヘーゼル色?の瞳も変わらず。
この会場は客席とステージとの距離が非常に近く、一番離れていても5メートルくらい。素晴らしい!知っている大好きな曲ばかりで、特に1番好きな「Loving You」と、2番目に好きな「Jamaica」も歌ってくれて、夢のようなひと時でした。

イルミネーションに飾られた道を駅へ向かいながら、「楽しかったね。」「たまにはこうして出かけるのもいいね。」と笑顔の2人でした。

ボビー、有難う!
杖をついていたのが心配だけれど、これからもどうか何度も日本へ来て下さい。
またコウジさんと行きます。

さいたま市講演2.9

郡山市講演2.24(表)


郡山市講演2.24(裏)





来週9日(土)は、さいたま市で講演で、24日(日)は郡山市で講演です。
そのチラシをアイパッドで撮影しましたので、添付します。

さいたま市講演は、130人定員のところ、昨日の時点で100人の参加お申し込みがあるそうです。有難うございます。良かったらいらして下さいね。

昨夜は、コウジさんとボビー・コールドウェルのコンサートへ行ってきました。
でも今詳細をここに書きますと、曲目がわかってしまいます。
明日もボビーのコンサートはありますので、楽しみにしている方のために、コンサートの話は明日以降書きますね。すごく良かったですよ!

今日は、石倉先生の囲碁教室でした。頭を使って、とても楽しかったです。
明日は、大田区のさぽーとぴあ(大田区立障がい者総合サポートセンター)で、高次脳機能障害と囲碁の会です。
色々なところに、どんどんコウジさんを連れて行っていますが、疲れて風邪ひかないよう、電車の中でインフルエンザにうつらないよう気をつけます。マスクしていけばいいかな。

ではまた!



↑このページのトップヘ