日々コウジ中

日々コウジ中 - クモ膜下出血により、さまざまな脳の機能不全を抱える“高次脳機能障害”になったコウジさんを支える家族の泣き笑いの日々

感染者数が、どんどん増えていますが、予測されたことですよね。
それより、検査した人の数が少ないのだから、きっともっともっといますよね。
私の近所は、誰もまだ感染していないようですが、もしかしたら私もみんなも、既に感染しているかもしれません。無症候の人もいるのですし。

とりあえず、行動は自粛し、今日もウメの散歩と動物病院へマスクして行っただけです。大学院の授業が5月からになった娘のワッチも、この1週間ずっと家で論文を書いています(昨夜ウメの散歩に出ただけ)。
ウメはお蔭様で傷もふさがってきて、手術は必要ないそうです。ああ、良かった。

話は逸れますが、獣医さんに、なんでウメはいきなり噛まれたのでしょう、と聞きますと、きっと相手の大型犬は、以前柴犬に嫌な思い出があり、トラウマになっていたのかもしれない、とのこと。たまたま前を柴犬のウメが通ったので、襲いかかったのかもしれない、とのこと。

ウメは大人しい平和主義の犬なのに、とんだ目に遭いました。これからは、いつもほかの犬に噛まれるかもしれない、と用心して散歩しようと思います。もう13歳という高齢なので、リスクのある麻酔や手術は避けたいのです。 ごめんね、ウメ。私の注意が足りなかったね(涙)。

・・・で、話を戻して今ネットでニュースを見ていたら、感染が分かった人の行動が書かれてありました。読んでびっくり、こんなに自粛が叫ばれている中、フランスへ行ったり、ライブハウスに行ったりして感染したのですね。それも、中には医療関係者もいるとか。こういう人たちは、一体何を考えているのか、理解に苦しみます。

あなたの軽率な行動が、感染のさらなる拡大や医療崩壊を招き、あなたは助かっても、あなたの祖父母や恩師など高齢者の命が失われるかもしれないんですよ。あなたのせいで。それでも平気なんですか?良心は痛まないのですか?良識はないのですか?

押谷教授の論文「COVID-19への対策の概念」https://www.jsph.jp/covid/files/gainen.pdf は、「行動変容!」「行動変容!」「行動変容!」と3回も叫ばれて終わっていますが、本当に国民一人一人の行動に、国や国民全体の運命がかかっているんですよ。わかってほしい。

押谷教授の論文の最後のページは、SARSで亡くなった、WHO職員のカルロ・ウルバ二医師の紹介で締めくくられています。(ウルバニ医師は、押谷教授の同僚だったそうです。)ウルバニ医師がSARSを早期に見つけたおかげで、世界全体の監視が強化され、多くの新しい症例が発見され、病院のスタッフを患者から感染させる前に、隔離することができたそうです。

けれど残念なことにウルバニ医師は、そのSARSに感染して、46歳の若さでこの世を去りました。2003年3月29日のことだといいます。

この同じ3月29日に、押谷医師は論文を暫定としながらも発表されました。
その意味を、私はこう考えます。

ウルバニ医師はSARSという感染症に感染して亡くなりました。今、新型コロナウイルス感染症も、誰にでも感染する可能性があり、ウルバニ医師と同じような医療職の人たちも現に感染してきています。このまま医師や看護師さんら医療職の人たちが感染し、入院や自宅待機が続けば、患者にとっては、自分を治療してくれる人がいなくなるということです。ベッドや人工呼吸器、防護服がなくなる以前に、医師や看護師さんが治療の場からいなくなってしまうのです。そうなることを避けなくてはいけない、医療従事者が感染しないよう、それを最優先にするよう、私達国民みんなは考えなくてはいけない、ということを警告されていらっしゃるのだと思いました。
そして勿論、論文はかつての同僚のウルバニ医師へ捧げられた意味もあるのでしょう。

そのためには、3密(密接・密集・密閉)を避けないと。頑張りましょう。私達の未来のために。

このブログで紹介してきた「おさかな」さんは、結局「レポート3」以来、ずっと落ち着いた状況が続いています。 濃厚接触者ですが、幸いなことに感染しなかったのかもしれません。勿論油断は禁物で、無症候の感染者になっている可能性もあります。PCR検査を受けていない(受けさせてもらえていない)ので、感染しているかはわかりませんが、陰性になっても感染している場合があるとも聞きますし、この検査も万能ではないので、わかりませんよね。
たとえ検査を受けられて感染が判明したとしても、もう無症候者や軽症者は、自宅やホテルで待機という政府の方針になりましたから、今の生活でいいわけで。ということは、検査を受けなくていいわけです。なんか、へんなことになってきましたね。

毎日、刻一刻と、状況や方針が変わっていきますので、テレビや新聞、ネットでいつも今はどういう状況なのか知り、それに対応して自分の行動をとるようにしないといけませんね。

それでは皆様、しっかり寝てくださいね。
おやすみなさい。






今、もう夜の11時45分になってしまいましたので、「おさかなさん」のレポートは申し訳ありません、明日にします。でも「おさかなさん」は元気で、大分ご家庭も落ち着いているので、とりあえずは大丈夫かな、という状況です。

感染者数がどんどん増え、今日の東京の感染者数は118人とか。
感染者が全員入院するとベッドが足りなくなるので、これからは軽症者、無症状者は自宅やホテルで待機となるようです。(すでに入院中の患者さんについても同様。)

そもそも病院は忙し過ぎて大変な状況で、医師も看護師もそのほかのスタッフの方達も、疲労困憊とのこと。それどころか、医師や看護師さん自身も感染、周りの人たちとともに自宅待機となるケースも増えています。私達が感染しなければ、病院の人たちを追い詰めることはなくなるので、「うつらない」「うつさない」を心がけた行動を取らないと。

こうして考えると、早めに軽く感染して病院で適切な治療を受けて退院した人が、一番ラッキーだったかもしれないですよね。 これから感染する人は、重い人でも入院できなくなる、治療も受けられなくなる可能性だってあるのですから。
わあ、もうそんな目に遭わないためにも、免疫力をつけなくちゃ。早く寝ましょう。

今日もウメを病院へ連れて行き、抗生物質の注射を打って頂きました。ウメは傷口にかさぶたができてきて、順調に治ってきているとのこと。このままなら、麻酔して手術を受けることをしないで済みそうとのこと。 良かった。ウメは温和でいつもハッピー、くよくよしないので、免疫力が強いのかも。見習わなくては(笑)。

夜、ワッチ(娘)と私で、ウメを近所の散歩に連れ出すと、そこここで満開になっている桜を見ました。昼間も夜も、桜並木を歩いている人はとても少なく、勿論桜の木の下で座っている人もいません。

今年はこんなにきれいな桜を、めでる人が少なくて、桜も驚いていることでしょう。
来年の春には、また大勢の人の笑顔が、桜の下で見られることを願います。

それではまた。

感染者数がどんどん増えているので、テレビやネット、新聞をチェックしたい気持ちは山々なのですが、昨日の午後のウメの散歩中、ウメがほかの犬に噛まれる事件が発生し、その対応に追われていて、なかなかチェックできていません。

詳しく書くと長くなるので、簡単に書きますと、
今まで見かけたことはあるけれど、直感的に(あまり相性は良さそうじゃないな・・・)、と思っていたウメより大きな犬に、口吻を噛まれました。
そこを通らなければ帰れない場所に、その犬と飼い主がいたので、仕方なくそばを通って、噛まれました。

あいにくかかりつけの動物病院が昨日は定休日だったので、私はウメの傷や血を見てパニックになりながら犬友達に電話して病院を探し、そこまで結構長い距離、血を垂らしながら歩きました。車で行くことも考えたのですが、一方通行だったり、駐車できない場合を考え、30分歩きました。病院に着いた時も、ウメの口吻からは血が垂れていて、見ても大けがだということがわかりました。

診察の結果、相手の犬の歯が2本、ウメの口吻に深く横に入っているものの、口まで貫通はしていなかったのが、良かったです(ごはんを食べられるので)。でも傷は深く、もしかしたらこの先感染症を起こし、全身麻酔できれいな皮膚(肉)同士で縫合手術をしなくてはならないかも、とのこと。

消毒後、抗生物質の注射を打たれ、抗生物質の薬も処方されました。

そして今朝一番で、かかりつけの動物病院へ行き、また注射を打たれました。明日も行くことになっています。なじみの獣医さんも看護師さんも、「可哀想だねえ。痛かったねえ。すごく噛まれているねえ。傷が深いねえ。こんな性格のいいウメちゃんなのに。」と可哀想がってくれました。

普通柴犬は噛まれると気が立って、飼い主さんのことも噛むくらい暴れるそうです。
でもウメは、噛まれた直後こそ、「ウガー!」「アガー!」と2回口をパクパクして噛む真似をしましたが、それだけで、あとは大人しく病院まで歩きました。途中、心配した犬友達が駆けつけてくれると、彼女に飛びついてじゃれたり、いつもの温和でかわいいウメでした。

だから、救急で行った新しい病院でも、いつもの病院でも、驚かれ、感心され、褒められました。
写真は、病院から帰るところのウメ。怪我して痛いのに、この笑顔。かわいいなあ。
願わくば、このまま傷が癒え、感染症を起こして手術なんてことになりませんように。

IMG_E7205


*****
ここのところ続けてレポートしてきた「おさかなさん」の状況は、明日書きます。今のところ、ご本人もご家族も落ち着いている感じですので、良かったです。

今日の未明、アメリカ在住の友人から送られてきたメールで、厚労省推進本部クラスター班の押谷仁教授が見解を示された資料を教えてもらいました。

押谷教授は、先月22日にNHKスペシャルで放送された、「”パンデミックとの闘い”~感染拡大は封じ込められるか~」で解説されていた東北大学大学院教授で、政府の専門家会議のお1人です。URLをここに貼りつけますので、どうぞ皆様お読み下さい。海外や国内の事例や、なぜ感染が広がるのか、今私達国民が取るべき姿勢など、とても大事なことが書かれてあります。タイトルは、「COVID-19への対策の概念」です。https://www.jsph.jp/covid/files/gainen.pdf

この素晴らしい貴重な情報を、新聞などが取り上げて、国民に教えてくれたらいいのに。
友人が教えてくれなかったら、私は全然この資料の存在を知りませんでした。

早速、コウジ村のメーリングリストや、TKK(東京高次脳機能障害協議会)のメーリングリストや、日本高次脳機能障害友の会理事長や、日本ケアラー連盟の代表理事などに教えました。

また、山中伸弥教授のホームページも、是非皆様、毎日チェックされて下さいね。
山中教授が、今は緊急事態なので、とにかく京都大学やiPS細胞研究所とは関係なく、ご自身1人で考えたり思ったりされていることや情報を発信する必要を感じて、先月開設されたホームページなのだそうです。
https://www.covid19-yamanaka.com/index.html

そこには5つの提言とあり、以下のことが述べられています(詳細はHPで確認下さい)。

提言1 今すぐ強力な対策を開始する
提言2 感染者の症状に応じた受入れ体制の整備
提言3 検査体制の強化(提言2の実行が前提)
提言4 国民への協力要請と適切な補償
提言5 ワクチンと治療薬の開発に集中投資を

これから遅ればせながら、新聞とネットで今日の情報を知ろうと思います。
でも、コロナに立ち向かう免疫をつけるには、12時~3時は寝た方がいいそうなので、なるべくそうしようと思います。

それではまた。







↑このページのトップヘ