日々コウジ中

日々コウジ中 - クモ膜下出血により、さまざまな脳の機能不全を抱える“高次脳機能障害”になったコウジさんを支える家族の泣き笑いの日々

今日の午後は神奈川区主催の講演会でしたが、お昼くらいから、大雨になりました。
こんなに降る?というくらいの、土砂降りです。
家を出る時には、バケツをひっくり返したような降り方だったので、一歩踏み出すのも躊躇いました。
5分ほど待っていましたが、講演会に遅れてしまうので、意を決して歩き始めました。
そして思ったのは、(こんなひどい雨だと、今日の講演会に来るはずだった人も来ないだろうなあ。)ということで、やはり残念でした。

けれど、会場は予想に反して沢山の方で席が埋まりましたから、驚きました。有難いなあ、一所懸命話さなくては、と襟を正しました。

私は横浜で育ったので、横浜に来るとリラックスします。
けれど前回横浜でお話したのは、2012年7月27日の、みなとみらいにあるパシフィコ横浜でしたから、6年も前のことになります。(2013年1月15日に、横浜YMCAでお話したのは、学生さん向けでしたから、一般講演からははずすとして。)そして同年3月17日に、横浜市立脳血医療センター(現在の脳卒中・神経脊椎センター)主催の関内ホールで行われた講演会で話したのを含めて、今日で3回目となります。横浜市はマンモス都市で、市の人口は非常に多いのですが、区主催の講演会というものには、初めて招かれました。ほかの区も、こういう講演会や勉強会を開いてくれているのでしょうか、私が知らないだけで。

ちなみに東京は、市部も区部も、結構盛んに講演会を開いています。私が講演に行った区や市は、世田谷区(区主催)、渋谷(都主催)、足立区(区主催)、東村山(国立病院関東信越理学・作業療法士協議会主催)、青梅市(家族会なんてんの会主催)、府中市(市主催)、練馬区(区主催)、新宿区(日本福祉大学主催)、杉並区は2回(失語症友の会ゆずりは主催、杉並リハ病院主催)、江戸川区は2回(区主催、家族会つつじの会主催)、日野市(家族会かしのきひの主催)、千代田区2回(交通事故後遺障害者家族の会主催)、調布市は2回(家族会調布ドリーム、杜のハーモニー♪主催)、大田区は3回(区主催、東京工科大主催)、八王子2回(2回とも八王子東京パイロットクラブ主催)、武蔵野市(市主催)、江東区も2回(たしか2回とも区主催)、港区(区主催だったかと)、荒川区(区主催)、中野区(区主催)、福生市は2回とも市主催、武蔵小金井市(市主催)、多摩市は2回(たしか大久野病院主催と市主催)、町田市2回(市主催と個人主催)、中央区(NPO主催)、品川区(家族会主催)、稲城市(東京都作業療法士会主催)・・・

あといくつかありますが、眠くなってしまったので、あとで追加しておきます。

とにかくこのように都内だけでも、区部市部その他で講演会は開かれているのですが、神奈川はどうなのかな、横浜はどうなのかな、とふと疑問になった次第です。

神奈川区役所の皆様、有難うございました。

今日の講演会後、部屋に残って当事者の方2名、御家族2名とずっと立ち話をしていました。(区の職員の方たちもそばで聞いてくれました。)

そこでわかったのは、横浜市の高次脳機能障害者は、行き場が少なくて困っている、ということです。また、活動している家族会が、脳外傷友の会ナナさん以外、見当たらないということです。しかもナナさんは神奈川県の家族会という位置づけで厚木にありますから、横浜からは遠く、横浜市内で当事者と家族が気持ちを話したり情報交換できる場が、ないということです。

これはゆゆしき問題ですね。
今日講演会にいらした磯子区の家族は、市内に家族会がないので、東京の大田区の家族会に入れてもらったそうです。でもやはり磯子区の情報が入らないので、なんか違うかな、と思っているとのこと。
横浜市内に高次脳機能障害家族会ができたり、横浜市(行政)が、高次脳機能障害者や家族が集える場を創出、提供してくれるといいと思います。足立区や荒川区のように。そういう自治体は、結構あるんですけれど、それが当たり前になるといいと思います。今まで家族会というのは手弁当で活動してきたところが多く(コウジ村もそうですが)、なかなか活発に活動しづらい状況です。そりゃそうです、家には障害当事者がいて、そのサポートでヘロヘロなのに、その上で家族会活動をしているのですから、疲れるのです。これからは行政が頑張ってほしく、家族会は裏方に回らせてほしい(と私は思っています)。

とにかく今日の様子を見ていますと、横浜には当事者や家族が気軽に集って、情報交換したり愚痴を言い合ったりして、元気になれる場が必要です。横浜ほどの大きな都市なので、そういう場は沢山あると思っていたんですけど、なんでないのかな。なければ作らないと。

帰りもまだ大雨でしたが、こういう講演会を催す意義は、とても大きいと改めて思いながら歩いていました。こういう場がなければ、障害当事者家族がほかの当事者家族と繋がれず、孤立した家族ばかりになります。やっぱりまずは横浜市内に、高次脳機能障害者の家族会を作ることが必要ですよね、うん。

ではまた。






昨日、鹿児島から戻りました。
鹿児島へは初めて行きましたが、とても素晴らしいところでした。
実際に見た桜島の大きさに圧倒され、たちまち魅了されました。

歴史を動かしてきた数々の偉人たちを輩出した鹿児島は、海外の進んだ技術を積極的に取り入れた島津斉彬に象徴されるように、自由で前向きで、いつも新鮮な空気が満ちている、エネルギー溢れる土地のように感じました。そのパワーが、よそから来た私にも、ひしひしと伝わってくるのです。

ちょうどおはら祭りと重なったせいで、観光客も非常に多くて、賑やかでしたし、天気が、最高に良かったせいかもしれません。真夏のように空は青く、気温も高く、11月というのに半袖で歩いている人もいました。(東京に戻ると、蒸し暑いけれど雨でどんよりした日が続いています。飛行機で1時間45分という短さですが、なんだか違う国のようです。)

自分の正義を貫き通した、熱き心を持つ西郷どんも、この地に生まれこの地を愛しこの地で亡くなったのだなあ、私が今見ているこの桜島を、西郷どんも見ていたのだなあ、と思うと、これまであまり歴史に詳しくなかった私ですが、さすがにこの明治維新前後のところから勉強し直さなくちゃ恥ずかしい、という気持ちになりました。

主催して下さった鹿児島県精神保健福祉センターの方々や、家族会「ぷらむ」鹿児島の方々、講演に来て下さった多くの方々、有難うございました。中にははるばる屋久島から来て下さった当事者家族の方もいらしたので驚きましたが、鹿児島は本土だけでなく、多くの島があって、そこにもそれぞれ多くの方が住んでいらっしゃることも、改めて認識しました。聞くところによりますと、鹿児島県の長さは、東京から大阪くらいまであるそうです。

雄大な桜島、美味しい食べ物、そして多くの方がたからの温かな歓迎に感激して、帰途につきました。鹿児島の話は、またゆっくり書きます。明日は、神奈川区で講演がありますので。

今日は家の片づけなどの家事と、娘ワッチの英語長文訳す手伝いと、ウメの散歩2回だけしかできず、12月2日の講演(「囲碁は高次脳機能障害を救えるか?)というテーマ)の資料づくりも全く手つかずでした。

とりいそぎのご報告でした。
それでは明日、宜しくお願いします。

●あさっての11月3日(土)は、鹿児島で講演です。

鹿児島へ行くのは初めてで、楽しみにしていますが、その日は「おはら祭り」というものがあるそうなんです。
それで、「空港から町中へ向かうバスが迂回するかもしれない」という担当者からのご連絡があったので、そんなに大きなお祭りなんだと興味が湧いて、「おはら祭り」を検索しました。

検索すると、南九州最大のお祭りで、11月2日、3日と催されるそうです。また驚いたことに、ちょうど講演会と重なる時間帯に、なんとNHK大河ドラマ「西郷どん」の主役俳優、鈴木亮太さんと瑛太さんが、駅周辺で行われるパレードに参加されるということを知りました。

ミーハーな私は、(うわ、パレード見たい!)と思いましたが、そんなわけにはいきません(笑)。

でも、鈴木さんと瑛太さんがパレードに参加されるというニュースは、ごく最近発表になったそうなので、現在講演会にお申込みされている170名以上の方の中にも、そちらへ流れる方が少なくないのではないでしょうか。う~ん、残念ですが、大河人気にはかないません。

ともかく、あさって宜しくお願いします。

●今日、コメント下さったたろべえさんは、ヤングケアラーとしてのご活動をされているそうです。
NHKのハートネットTVのHPに、たろべえさんのことが大きく掲載されているので、驚きました(「Tさん」として出てきます)。頑張ってるなあ~。偉いなあ~。皆さんも是非お読み下さい。

https://www.nhk.or.jp/heart-net/article/134/

もし、このURLでうまくたどり着けない場合は、
https://www.nhk.or.jp/heart-net/article/131/

で検索下さい。「子どもが家族をケアする時代 第2回 ヤングケアラーと呼ばれて」のところです。
「ハートネットTV ヤングケアラー」でご検索しても出てきます。

●このブログでもおなじみ、多摩川河川敷で暮らす猫やホームレスさんたちのご支援をされている、写真家の小西修さんのトーク&写真展が名古屋であります。

https://www.facebook.com/events/2164011640516364/

『 シャチホコ映画祭 2018 』(ドキュメンタリー映画の上映・トークなど。)
★日時 = 2018年11月10日(土) ・・・13:00~19:00 (小西さんのトークは、16時から45分間。)
★場所 = ラテンバル.サンルイス2F (名古屋駅 新幹線口 徒歩1分) (愛知県 名古屋市 中村区 椿町 13-24)
ラテンバル,サンルイス https://ekinishi-bar.com/
★定員70名(事前予約をお勧めします。)
★入場料1500円

●小西さんの写真を使った来年のカレンダ―が、販売されています。
http://www.kabuto.tank.jp/cgi-bin/mart/mart.html

我が家のリビングには、小西さんのカレンダーが掛けてあります。
つまり、いつも見ていて予定を書きこんでいるカレンダーです。
登場する猫達のストーリーが添えられていて、悲しくなったり嬉しくなったりしますが、小西さんの素晴らしい写真には、それらを越えた「現実の重み」があります。つまり、「多摩川河川敷に生きる猫達の、ありのままの姿」なんです。是非ご覧になってほしいです。

それではまた。

↑このページのトップヘ