日々コウジ中

日々コウジ中 - クモ膜下出血により、さまざまな脳の機能不全を抱える“高次脳機能障害”になったコウジさんを支える家族の泣き笑いの日々


 何のために生きるか、と言えば、人のため。世のため。犬のため。猫のため。生きている世の中全てのもののため・・・


 


 今朝たまたまテレビを見ていたら、ワタミの渡邊美樹さんが出ていて、中学生に向かい、「自分が大切か、他人が大切か。」と質問していました。


 中学生は皆、「他人が大切。」と答えました。


  渡邊さんはそれを、「まずは自分が大切。自分が満たされないと、他人のために何かできない。」というようなことを説いていました。


 


  たしかに、私はコウジさんが倒れて手一杯の時は、他人のことまで手が回りませんでした。 (とはいっても、コウジさんが倒れた時は、ワッチの小学校の広報委員で、委員が結束して作った見事な?広報誌は、東京都で1位、全国で4位に選ばれ、表彰式に私も行きましたし、 倒れて3年半後には、今度はクラス代表になり、結構忙しくしていました。コウジさんのことは、ほとんど他の方には言っていませんでした。)


 


 すると、私が理想と考える「助け合い」の世の中とは、個人個人が幸福でない限り、実現しないということ。


 


  これはたしか、宮沢賢治の言葉の逆になります。


 宮沢賢治は、「世界がぜんたい幸福にならないうちは個人の幸福はあり得ない」と言ってます。


 


 これも又然り。


 


 自分が幸せな日々を送っていても、世界のどこかで餓えている子供達がいたり、貧困と病気、戦争に怯える人々がいたとしたら、自分の幸せというのは嘘の幸せなのだ、と思います。


  日本も今や貧困な人々が多く、とても豊かな国とはいえませんが。


 


  結局のところ、まずは自分ありき、で自分がきちんとしてから、他人や世界のために尽くし、そのことが又自分の幸せとして返ってくる、ということではないでしょうか。


 


 おお、それはまさに私が、「日々コウジ中」のP115に書いたこと。(何気に宣伝。)


 


  人間は窮地に追い込まれると、良い考えが浮かぶのです。これぞ、「窮すれば通ず」。


 


 そんなことを考えながら、今日もウメの3度目の散歩をする私。


 計算すると、起きている時間の8分の1はウメと散歩しています。


 つまり人生の8分の1!


 


  いくら犬のためになるとはいっても、焦りを感じますね~。


 


 それでもやっぱり、少なくとも夫、娘、犬、猫のためには役立っている (よね?) だけ、私の人生は意味あるのだ、と思うのでした。・・・と、これもP52に書いたな。


 


 雑誌原稿は昨日提出、今は来週の講演に話すことを考え中の私。


 なんだか頭の中が難しいことになっていて、今日のブログまで、その影響を受けてしまっているようです。すみません。



 今日も原稿直しをしたり、当日まであと10日もない講演に何を話そうか、ボンヤリ考えているうちに過ぎました。(結局何も考えていない。)


 


  ワッチは学校に、「ニュース検定」なるものを受けに喜んで出かけましたし、コウジさんも近所の方に連れられ、コーラスクラブへ出かけました。


 


 そして先生に沢山誉められたそうで、嬉しくてたまらない、心なしか自信に満ちた顔で帰宅したコウジさん。(やっぱり近所の方にくっついて。あと何回か行けば、自転車で10分位の道を覚えられて、1人で往復できると思います。)


 楽しかったそうで、良かったね!


 


  ウメが今日は3回も散歩を催促。2回はコウジさんがどうにか行ってくれましたが、3回目はさすがに「もう気持ち悪い。」と言うので、私が夕方5時半過ぎに行きました。


 


  もう真っ暗でしたが、月が丸く明るく出ていてきれいだったので、心軽く、楽しく散歩。


 


 相変わらずどこへも行かず、このへんから出ない私ですが(そういえば昨日も一歩も家から出なかった。今日もこの散歩だけ。)、忙しくて本を読む時間も絵を描く時間もなく、段々禁断症状に・・・


 


  思い切り本を読みたい〜!思い切り絵を描きた〜い!思い切り映画見た〜い!どこか旅行した〜い!(でもウメとおはぎが気になって行きたくな〜い!)


 


  秋の夜長に、心で叫ぶ私でした。


 


  さて、もうちょっと高次脳機能障害関係資料を読んでから寝ます。


 


 この障害者は、コウジさんみたいな働き盛りの他に、高齢者、若者、子供と、年齢層が広範囲で、症状も様々なら、抱える問題も本当に色々です。


 そして、この障害者の数は医療の発達と共に逆に増えるから、これは無視できない、非常に大きな問題なのです。


 なのに受け入れ体制が整っていないどころか、周知もされていません。


 


 これから山登りするような感じです。


 尤も、これでも10年前よりは、裾野から登ってきているそうですが。


 


 家族会会員の方の中には、20年、30年、とこの障害と付き合ってきている方々もいます。 (だって、この障害は今始まったわけではなくて、大昔からあったはずです。) 


 はあ~・・・ 大変だったでしょうねえ。


 そんな大先輩の方々に、本を喜ばれながらも、教わることの方が多い私です。 大先輩の方々は、落着かれ、笑顔がステキです。


 


 会長のお言葉のように、きっと、「時間が解決してくれる。」のですね。


 


 よし!頑張ろう!



101116_1513~01.jpg


 


 「ママ!なにその傷?」 とワッチに言われて見ると、指から、たら〜っと血が出ていました。


 どこでケガしたのかわからないような傷が, あちこちにあるのは、小学生ならまだしも、私はもはや中高年 (心は10代のまま?) なので、恥ずかしい話です。


 


 そのほとんどの理由が、ウメと散歩しているから。


  しつけの面では良くないのでしょうが、私はウメが行きたいように歩きます。


  すると、茂みに私を引っ張り込むので、私は枝で手を切ったり、蜘蛛の巣に引っかかったりする事態に。


 ウメと一緒に、ひっつき虫 (服などにくっつく草の種?) だらけになったり、雨で滑って衆人環視の中、派手に尻餅ついたことも。


 


 そんな時は、「ほうらあ!ウメが引っ張るから、転んじゃったじゃなあい!」と、わざとらしい大声でウメに話しかけ、私が転んだのはこのわんこのせいなんですよ、私はもっとおしとやかなんですよ、とアピールしながら、恥ずかしさも紛らします。


 (ウメは、「?」 の表情ですが、事実ですから。)


 


  今はイチョウの黄色の、桜の赤い葉が本当にきれいです。


 


  散歩から帰ってくる途中、例のスウェーデンハウスの家の前で、奥様がほうきで落ち葉を掃いているところに通りかかりました。


 


  そこで先日の会話を確認したところ、「窓が3重なので、窓にろうそくを近づけると、炎が3つ見える、と営業マンが自慢した。」 ということでした。


 


 ふむふむ。


 


  帰宅したコウジさんに又質問すると、やはりろうそくは、営業マンが 「炎が揺れないくらい、気密性が高いのを見せるのに使っただけ。」 とのこと。


 


  私は、コウジさんが作話するなら、どんな風にするのかを知りたかったのですが、考えてみたら、これはコウジさんが病気になる前の出来事なので、全く参考にならない話でした。  奥様の話は勿論のこと、コウジさんの話も事実なのでしょう。


 何やってるんだか、私は・・・。


 


  コウジさんの話が本当か嘘(作話)か、見極めるのに苦労する毎日って、ヘン・・・


 


 でも既に、無意識の習慣となっているのです。


 


  高次脳機能障害者のご家族は、皆さん同じ苦労されているのでは、と思います。


 


 写真は、秋の散歩を楽しむウメ(と私)です。 


 すぐ暗くなるから、最近は早めに家を出ています。


↑このページのトップヘ