日々コウジ中

日々コウジ中 - クモ膜下出血により、さまざまな脳の機能不全を抱える“高次脳機能障害”になったコウジさんを支える家族の泣き笑いの日々

 皆さんは、ご家族が高次脳機能障害になられた時、1番最初に読んだガイドブックは何でしたか?

 私は、中島恵子先生の 「脳の障害と向き合おう!」 (ゴマブックス) でした。

 この本は、字も大きくて読みやすいですし、なんといっても ?「脳くん」 のイラストが、かわいくてかわいくて。

 脳くんは、深刻な障害を、ソフトにユーモラスに説明してくれるので、随分心が軽く、明るくなり、どれだけ脳くんに助けられたことか。有り難う、脳くん!

 マンガの持つ力は、バカにできません。

 講師控え室で、初めて著者の中島先生にお会いし、ずっと大切に読んできて手垢のついたその本に、サインして頂きました。 (ミーハーな私。)

 中島先生のご講演は、このかわいい脳くんが進めてくれるのですから、たまりません。

 1時間半もの長い間、テンポ良く、わかりやすく、的確で、面白く、明るく、良く通られる声で、と何拍子も揃った中島先生のお話は、何かお芝居やドラマを見るかのように、聴く者の心を躍動させてくれました。

 聴かれた皆さん、元気になりましたでしょう?? まだ一度も聴かれたことのない方は、是非中島先生のご講演へ行かれてみて下さい。 きっと元気を貰えますよ?!(勿論、知識や情報も盛沢山で、すごく勉強になります!)?

 それに引き換え、私はまだ素人ですから、中島先生の100分の1くらいしか、話力がありません。 ま、これから頑張って、うまくなるよう努力します。 (多分むなしい努力になりそうですが。)

 くも膜下出血が原因の高次脳機能障害は、「障害者はハッピーで、そばの介護者が疲れている。」、と伺い、我が意を得たり、と喜びました。その通りです。

 作話が多いのも特長とか。 なあんだ、そうだったのか・・・。中島先生のお話のあちこちで頷き、安心しました。

 その次が私の番でしたが、私が話せるのは、20分でしたので、忙しかった?。

 なんとか話終わり、次は家族会代表へバトンタッチ。

 当事者家族でありながら、支援者側の視点から細かな、私も知らないお話をされていました。 私ももっと勉強しないと。

 会場では、中休み中や、講演が終わってから、何人かの方とお話しました。

 コウジさんの、三重県に住む友人がいらしてくれていたのが、嬉しいサプライズでしたし、元気いっぱいの介護者の方、ブログに投稿下さっていた方々など、ワイワイひとしきりお話してから、夕方からの、くも膜下出血友の会 「くるみ」 の皆様との会食へ、流れて行きました。

?(つづく)

110215_1339~01.jpg

 雪道で、コウジさんが滑って頭を打ち、また元の木阿弥にならないよう、今朝は駅まで車で送りました。

 朝の一通りの家事を済ませてから、仕事関係のメールも後回しにして、9時くらいから気づけば10時半くらいまで、23匹のカブトムシ幼虫と、無数の鈴虫卵の世話をしていました。

 マット (土) が乾かないよう、スプーンで土をかき回しながら、霧吹きで加湿するのは、結構時間がかかるのです。

 ほぼ冬眠状態の幼虫を見つけると、傷つけないようそうっと、下の土ごとスプーンで掬い、加湿した土の中へ移動させました。

 私が黙々とこの作業をしていた訳は、最近私のブログに投稿して下さる、ゆきんこさんのコメントを読んでからというもの、今まで気になりながらも目をつむってきた、日本の犬猫殺処分に対する疑問と憤り、悲しみに火がつき、そのことが頭を離れないからなのです。

 今日は、動物愛護センターの 「収容動物」 のページにいた柴犬の、保管期限の日。

 もしHPに反映していないだけで、飼い主が見つかっているのならいいのですが、そうでない場合、きっと今頃・・・。

 そう思うと、涙が出てきて仕方なく、カブトムシの世話でせめて虫の命だけでも繋ごうと、罪滅ぼしのような作業でした。

 皆さんは、この問題をどう考えますか? どうしたらいいと思われますか?

 でも、障害当事者を抱えた毎日では、とても他のことを考える心のゆとりはありません。私もそうでした。けれどいつか、落ち着いたら、一緒に考えてほしいな、と思います。

 その意味で、夫が発症6年半たって私なりに乗り越えられ、今は一息つき、心のゆとりが多少はできたのだと思います。

 とりあえず今、地元の犬猫里親探しの団体に、ボランティア登録したところです。

 写真は、おはぎちゃんの耳を舐めるウメ。

 ウメはおはぎちゃんが大好きで、いつもしつこいのです。 おはぎちゃんも、「しゃ?ないニャ?」 と、我慢してくれています。

 名古屋・豊橋講演につきましては、また今夜書きますね。

 1日に2回投稿しても、いいんですよね~?

110214_2246~01.jpg

 「笑い太鼓」 さんに教えて頂いた、名古屋会場、豊橋会場の各聴講者内訳は、次の通りです。

 『名古屋会場』

 行政1、医療58、福祉93、教育3、家族・当事者100、学生7、その他・未記入31? ? (計293人。)

 『豊橋会場』

 行政8、医療21、福祉82、教育4、家族・当事者28、学生1、その他・未記入21?? (計165人。)

 こんなに沢山の方々が、足を運んで下さったことに、深くお礼申し上げます。 (中島先生や、今井代表のおかげです!)

 また、この内訳を見て思うのは、名古屋会場では当事者の方々が、大変多くいらしたということ。

 ああ、私の仲間がこんなに・・・。

 1人1人の方と、握手したかったくらいです。

 また、名古屋・豊橋ともに、医療・福祉関係の方々がかなり多いです。

 支援者側の方が、これほど多く来て下さったことに驚き、有り難く思いました。

 名古屋での滞在時間は短めで、ビル街しか見ていませんが、「タクシーより市電に乗りたい。」、と皆でどやどや乗った路面電車から見た豊橋の町は、落ち着いていて、低層の建物が多く並び、広々した良い所でした。

 会場の「あいトピア」 の部屋に入ると、窓側が全面ガラス貼りで、天気が良かったため、遠くの山々まで見渡せ、私や中島先生、今井代表は思わず歓声をあげたほどです。

 ほかにも豊橋には、福祉関係の箱物 (建物) が多いらしく、羨ましい環境でした。

 ところで、東京に住む私からは、名古屋や豊橋はおろか、大阪や京都までも、皆同じエリアに思えていましたが、名古屋と豊橋だけでも70キロも離れているんですね!

 私の距離感の基本となるのは、実家横浜と東京都心の距離が30キロで、それは近いような遠いような、といった微妙な線なのですが、その倍以上もあるので、名古屋と豊橋は近くはないですねえ。

 三重や岐阜の方が、かえって名古屋に近いようです。

 まあ、東京も横に長いから、同じようなものですが、こういう地理的なことって、支援体制にも影響してくるのでしょうね。 ふむふむ。

 さて、講演内容ですが、私は当事者側の、体験談に基づく視点からしか話せませんし、まだ勉強不足ゆえ、中島先生や今井代表のお話は、会場の皆様と同じく、知識を得るために一所懸命、耳を傾けて拝聴していましたよ。 (つづく)

 今、外は大雪です! ワッチが大喜びでウメを連れて出て行き、全力疾走で、家の前の道路を何度も往復していました。 近所に恥ずかしいですし、風邪ひいちゃうから、やめてほしいです。 中学2年生ですが、小学生のようだわ・・・。

 積もるかな?

↑このページのトップヘ