日々コウジ中

日々コウジ中 - クモ膜下出血により、さまざまな脳の機能不全を抱える“高次脳機能障害”になったコウジさんを支える家族の泣き笑いの日々

110118_1817~02.jpg

 

 なんてことはない写真ですが、ごはんを食べるおはぎちゃんを、階段下から顔を出して見つめるウメです。

 いつもおはぎちゃんを追い回しては、無視されたり、ネコパンチを受けています。 私は、この2匹を見ているだけで、なごみます。 (皆さんもなごんでくれたでしょうか?)

 全盲の方が、電車ホームから転落、電車にはねられ亡くなられました。

 周りに人は少なかったそうですが、何故こんな痛ましい事故がおきたのでしょう。

 コウジさんが朝、背広に着替える時見ていたテレビで、そのニュースをやっていて、私もヒョイと覗いて見ていたのですが、目の見えない方の9割は、ホームから落ちた経験があるそうですよ!

 びっくりしました。 目が見えないことは、本当に大変なことだと想像できますが、慣れたり、特別に研ぎ澄まされた聴覚その他の感覚で、ある程度危険回避ができるのかな、などと勝手に思っていて、今までホームで目の不自由な方を見かけても、見守るけで、お声をかけて手伝うことはありませんでした。

 けれど、目が見えない方々にとっては、ホームは 「欄干のない橋」 なんだそうで、すごく怖いんだそうです。

 よく、向かいに入ってきた電車を、自分の乗る電車が入ってきたと勘違いして、前に進み転落したり (その方は、あちこち骨折して、半年入院したそうです。)、 人にぶつかって位置がわからなくなったりするそうです。

 以前視覚障害者のテレビ番組を見ていたら、私達が手伝おうとして、後ろからいきなり声をかけたり、体に触ったりすると、驚いてしまい、逆に怖いと話していました。

 これからは、ホームで目の不自由な方を見かけたら、そっと前から 「お手伝いしましょうか?」 と声かけしようと思いました。

 駅員さんがホームに1人はいつもいて、障害者の方はまず、その駅員さんのところへ行けるようにすればいいと思うんですが。

 あるいは、そういうボランティアがあるといいかもしれません。

 色々考えさせられる事件でした。

 亡くなった武井視良さんは、ブラインドテニスというものをパラリンピック種目にしようと活動されていたそうで、障害を持ちながら精力的に生きていらした、その御姿勢を尊敬すると共に、私達はその御遺志を継ぎ、教訓を生かさなければならないと思います。

 それにしても、悲しい事件でやりきれません。

 「高次脳機能障害 第40回」。

 会社でのコウジさんの様子を知るために、東京障害者職業センターの担当者に尋ねました。

 「月1回でもいいので、コウジさんの大体の勤務内容ですとか、問題点ですとか、会社からそちらにレポートがいくようなシステムはないのですか?」と。

 会社と障害者職業センターが、互いに密な連携をとりながら、雇用された障害者がずっと就労が続けられるように支援してくれていたらいいな、と思って電話してみたのですが、残念ながらそういう仕組みはないとのことでした。

 けれど、コウジさんの様子がわからないと、何か問題が起きていても、家族側から対応できないので、心配でした。

 するとセンターは、コウジさんの上司の方と私がメールし合えるように、取り計らってくれました。

 それからは早速、何回もメールやりとりがなされ、私も安心できました。

 風通しが良く、優しい方が多い会社で、良かったです。

 ー第40回おわりー

 16年前の今日は、大変な惨事が起きた日でした。

 地震列島日本に住んでいる限り、時折起こる大震災の被害に遭う人はなくなりません。

 ?ニュースを見ていたら、女の子2人と笑う、コウジさんくらいの男性の写真が写りました。 もうこの世にいらっしゃらない3人。

 涙が出るのは、勿論可哀想に思う気持ちと、ふいに自分と重ね合わせ、あの時と同じつらさが甦ったから。

 コウジさんは、へんてこになりながらも、どうにか生還しました。 でも、それができなかった人々が6434人。 今なおリハビリ生活を送られている方も多いそうです。

 生きていられることは、本当に運に恵まれているのだと、感謝しながら1日1日を大切に生きなくてはいけないのだと、亡くなられた方々の無念を思うと、残された方々の深い悲しみを思うと、それ以外の言葉は見つかりません。

 コウジさんは高次脳機能障害が残ったけれど、(いっそ、あの時・・・) と思ってはいけないことすら思ってしまうほど、つらかったこともあったけれど、やっぱり、やっぱり、命があることは、何にも代え難いことです。

 助かった命に感謝しながら、亡くなられた方々の分まで、一所懸命生きなくては恥ずかしいです。

 今、私にできることは何でしょうか?

 私のこのブログに投稿してきて下さる方々、お手紙を主婦の友社様経由で下さる方々、そうした方々の置かれていらっしゃる、それぞれの状況を存じ上げている私は、この場を借りてそれを紹介していくべきなのではないでしょうか?

 多くの皆様が、自分のことしかおわかりになれない中で、私が役得で知り得た情報を、「こういう方もいますよ。」、「この人はこうしていますよ。」、「こんなことで困ってますよ。」「悩んでいますよ。」 と、ここにどんどん書いていけば、読む方も参考になることがあるのではないでしょうか。

 と、そんなことを目論んでおりますので、皆さん、どうぞブログにご投稿や、お手紙を主婦の友社経由私宛てに書いて頂けないでしょうか。 (と、勝手にお願いして宜しいでしょうか。編集者のIさん・・・?)

 (全然集まらないかもしれませんが。)

 昔 (20年くらい前) には想像だにできなかった、このような場がせっかくありますので、どうぞどんどんご利用下さい。

??ご高齢の方は、パソコンをご覧になっていらっしゃらない場合が多いみたいなのですが。

?「高次脳機能障害 第39回」。

 ジョブコーチさんがいなくなってからのコウジさんの様子は、私には見えてきませんでした。

 コウジさんは、会社でのことを全然覚えていませんから、どんな仕事をしているのか、何か問題が起きてやしないか、気になって仕方ありませんでした。

 そこで11ヶ月たった頃、東京障害者職業センターに連絡して、ジョブコーチさんと一緒に、コウジさんの会社を訪問し、上司や同僚の方のお話を伺いました。

 本に書いたように、Hさんから現場での困った話を聞くことができました。

 本には書きませんでしたが、コウジさんは仕事中、鼻歌を歌ったり、「仕事したくないなあ。」、「面倒臭いなあ。」 という言葉を口にしているそうでした。 Hさんはその後、私の携帯にも、コウジさんの困った点や、逆にいたわりの言葉を送ってきて下さった、面倒見の良い方でした。まるで家庭での私の役を、そのまま会社でして下さっているかのようで、大変申し訳なかったものの、有り難かったです。

??ー第39回おわりー

 今日は友人が、パソコンを使った資料作りの仕方を教えに来てくれましたが、彼女の手さばきはマジシャンのように鮮やかで、とても同じようにできそうにはありません。でも、今日は時間なかったけれど、明日頑張って作ってみます。

 2週間後に迫った長崎講演の資料を作ろうと、下書きを8割済ませたところで、今日は先にできた原稿から、パワーポイントで打ち始めました。

 イラストも入れるつもりですが、不慣れなもので、つらい・・・

 そんなところへ今日、地元で地区祭りがあり、そこでパソコンが得意な友人が、係をしているのを知った私は、作りかけの資料を持ち、自転車に乗って、彼女に相談しに出かけました。

 でも、ついラーメンの列に2回も並んだり、迷子の男の子のお母さんを一緒に探し回るはめになったり、会場を飛び回る彼女を見失ったりで、相談できたのはちょっとだけ。

 それでも、教わったことを忘れないうちにすぐ帰宅、パソコンに向かいました。

 彼女は明日また、家に教えに来てくれます。

 彼女も認知症のお母さんの世話をしながら、地域のボランティアも精力的にこなし、自分の仕事もあり、超忙しい人なんですけど、ぼんやりしている私を見るに見かねて、ササッと用事の合間を縫って来てくれるので、近所って有り難いです。

 長崎講演の聴衆は、250?300人なんだそうです。

 有り難いですが、ちょっとあがりそうです。

 世田谷区の時は、アットホームな感じの60人で、資料も、やっと作った1枚を、大事に大事に話しましたが、他の講師の皆さんのように、何枚かの資料を用意して、順にお話するほうが、話す方も聴く方も、楽だな?、ということに気づき、慌てて作り出したところです。(遅いっ!)

 なんというか、つくづく、どこにも所属しない自営業、という感じです。

 資料を考えるのも、作るのも、話すのも、みんな自分。

 勿論、変なもの作れませんし、話せませんし、チェックしてくれる人もいないから、責任重大で、段々神経質になってきそうだわ・・・。

 そうなる前に、講演が無事終わりますように。

 慣れてくれば、楽になるのでしょうか・・・? ふう。

 おかげで、明日締め切りの、雑誌の原稿校正もまだやってません。

 こんな私に、取材やら講演やら、色々お声かけ頂き、有り難いことです。

 時間と体力の許す限りお引き受けし、誠心誠意、精一杯頑張りますので、宜しくお願いします。

 というわけで、「高次脳機能障害 第38回」。

 コウジさんのお昼は、いつも4?5人で一緒にお店へ行って頂いていたので、安心でした。

 けれど、皆さん辞められて1人になってからは、現在も1人で食べています。

 寂しくないのかな、と思いますが、元々コウジさんは1人でも、全然平気な人なので、気楽なようです。

 仕事が多い時は、ビル地下のお店で食べて、20分で席に戻るそうです。

 真面目でえらいけど、しっかり休まないと、余計脳が疲れるので心配です。

 コウジさんが会社勤めを始めると、必然的に私はコウジさんと離れている時間が増え、以前ほど精神的苦痛を感じることが、少なくなりました。

 心にゆとりができてくると、私はコウジさんをテーマにした絵本を作って、この奇妙な障害を、もっと世の人に知ってもらおう、と思うようになりました。 また、もう1、2年してワッチが中学生になったら、外で働きだそう、と求人誌をチェックし出しました。

 やはり、住宅ローンの負担が大きくて、イラストを少し描いていたくらいでは追いつかないし、それ以前に、ストレスの多い生活からは、インスピレーションだとか、想像力だとかが湧いて来ず、絵なんて到底描けない、描きたくない気分だったのです。

 今も、生活が慌ただしく、絵など描けません。ちょっと寂しいけれど、今は仕方ない、と諦めています。

 ?ー第38回おわりー

↑このページのトップヘ