日々コウジ中

日々コウジ中 - クモ膜下出血により、さまざまな脳の機能不全を抱える“高次脳機能障害”になったコウジさんを支える家族の泣き笑いの日々


 「高次脳機能障害 第20回」。


 


  後でわかった事柄を集めて推測すると、こうなります。


 


    まず、コウジさんが1人で渋谷を歩いていた。


  → すると誰かに声をかけられ、判断力のないコウジさんは、その人と一緒に、どこか暗


        い所に連れて行かれ、いくつもの絵を見せられた。


    → どの絵が好きかを尋ねられ、適当に指差したものを買う契約書に、サインすることに


        なった。


    → 「家内に怒られるから。」 と言えども、ああだこうだと言ってくるので、逃げられなかっ


         た。


    → 携帯で私にかけたけど、地下かどこかで、繋がらなかった。


    → 帰してくれないので、とうとう諦め、契約書にサインすることに。


    → そこには、住所や銀行、口座番号など書かなければならないのに、なぜか全て思い


         出して書けた。  保険証も持っていた。


    → ようやく解放される。


 


  「疑問点」


     それらをいつも言えないコウジさんなのに、何故書けたのか? (ちなみに、今日も口座番号は言えません。)


 


  「推測」


   それは、きっとこういう理由です。


   つまり、勤務先名や役職を書く欄があり、そこにコウジさんは自分の会社名と、 「代表取締役」 というタイトルを記入。 →きっとそれを見た誰かに  「すごいですね〜、社長さんですか!」 と驚かれ、気を良くして、持てる以上の力が発揮された。


 


  「考察」


  スイスイと、口座番号まで書けたという、有り得ない事が起きたことを考えると、人の矜持 (プライド) に訴える方法は、意外と脳機能の改善 (リハビリ) に役立つのでは・・・?


 


  なんて、私は脳科学者じゃありませんから、わかりませんけどね。


  クーリングオフできて良かったけれど、その時の契約書類一式は、記念にとってあります。


 


  この話をしたら、「成年後見人制度」 の利用をどなたかに勧められました。


  私は、大金や保険証、カードなどを、コウジさんに持たせないことで、自衛策をとっていますが、 一応、その「成年後見人制度」 を調べてみたことがあります。


 そうしたら、それを利用するには、費用がかかるんですね。


 


  障害者や病人を抱えた家庭って、経済的に苦しいところが多いのでは。


  そんな家庭に、余分な支出は負担です。


  この制度を利用したくても、費用がかかるのなら、利用しない、っていう人も。


  無料なら喜んで利用するでしょうし、私もします。


  無料にしてくれたらいいのに。


 


  ここで訂正。 私は障害年金を申請する時、1年2ヵ月で準備を始め、ちょうど良かった位ですが、当時は、脳外科医が診断書を書いてはいけなかったせいで、精神科医に紹介、診察してもらう時間が2ヵ月ほど余分にかかりました。今はその必要がないので、発症後1年4ヵ月からスタートしてもいいのかな?でも、年金扱う部署は、当時よりかなり混んでいるようなので、やはり早めがいいのかも。


 


  ー第20回おわりー


 


 今日は、コウジさんが起業した会社に、最後まで残って下さったM氏が家に遊びに来ました。 あれこれ積もる話に花が咲きました。 今は大きな会社にくっついて実質カラ (利益なし) の会社ですが、 それでもコウジさんが作った会社の名前だけは残して下さっているM氏のそのお気持ちが嬉しいです。


 有り難うございます。


 


 コウジさんは風邪ですねえ。



 「高次脳機能障害 第19回」。


 


  発症後1年半から2年にかけてくらいの、コウジさんの障害症状の状態は、どんどん悪くなる一方で、私は狂いそうでした。


 


  朝から晩まで、まともに聞いていられない作話のオンパレード!


 それをまた私は、聞き逃すことができずに、コウジさんが言うこと全てに、ギャーギャー訂正しては、息切れする日々。


 


 やる気の全くないおじさん (=コウジさん) を、自分が起業した会社に連れて行ったり、法務局で手続きなどさせて、意欲に目覚めさせようとするも、全て玉砕。


 会社へは迷って行けずに、すぐタクシー使うし、行ってもちょっと座ってるだけで、すぐ帰ってくる。


 法務局の担当者にも、会社の場所などを言えず、コウジさんのうしろから、いちいち私が口出す始末。 (法務局 「何区から移転ですか?」 コウジ 「目黒区・・・」  私 「渋谷!」 / 法務局 「何区へ移転ですか?」 コウジ 「えーと、えーと・・・」 私 「千代田区!」。 法務局の担当者も、(なに、この人達?) と思ったでしょうが、そんなこと構っていられないほど、私はギラギラしていたと思います。)


 


 


 今思うと、最初からハードル高くしすぎだったかも!


 きっと焦りもあったのでしょうが、以前できていたことを、やらせてみることによって、何か脳に作用するものがあるのでは、という淡い期待を抱いていたんでしょうね。(うう・・・)


 


 結局、こうした試みは余り意味がなかったみたいで、ただコウジさんの上辺をスルーしただけ。


 何にも変わらずに、私が疲れただけ。


 でも、何かせずにはいられなかった、けなげな私 (?)


 


 勿論、短期記憶の悪さは絶好調。


 5秒前のこともすっかり抜け落ちる。


 


  そんな中、渋谷を1人で歩かせていた時、コウジさんはキャッチセールスに遭ったのでした。


 


 1人で歩かせる私も私ですが、介護している人ならどなたでも、(もういいや! もうどうなっても知らない!) と、目をつむって、この障害者を外に送り出してしまう気持ちを、経験されているのでは? と思います。


  なにしろ、そうでもしないと、自分がもたないですから。 (つづく)


 


  ー第19回おわりー


 


 コウジさんが、どこかで風邪をもらってきたようです。


 倒れてから何年も風邪をひかず、「やっぱりバカは風邪ひかないって、本当だねえ!」 と、私も風邪ひかない人なのを棚に上げて、本気で感心していたのですが、少しずつ頭も改善してきて、ストレスなんかも感じ出してきた証拠なのでしょうか?


 


  忘年会やクリスマスパーティーが続いて、さすがに疲れたのでしょう。


 今夜はせっかくテレビで、年に1回の小田和正さんの 「クリスマスの約束」 を放送するのに、「録画、絶対しといてよ!」 と私に念を押して、寝てしまいました。


 可哀想。 早く直してね。


 


 気の早いワッチは、もう冬休みの宿題の、書き初めをしていて、部屋中練習の半紙だらけです。


 その上を、猫のおはぎが乗って、墨のついた肉球で歩き回るし、犬のウメは、筆をくわえて走り回るし、明日お客様が来るのに、床が墨だらけです。


 どうするのよ〜!



 今日は夕方から、近所のお宅でクリスマスパーティーがあり、我が家を含めた5家族が招かれました。


 


 近所ながら、最近越して来られて、お話したことがない方もいらして、これを機に仲良くなれました。


 こういう場を設定して下さった、例のスウェーデンハウスの奥様に、感謝です。 (ご主人はお仕事が忙しく不在、 ほかにもお仕事で、2人のご主人が欠席。 皆さん休日なのに、大変です。)


 


 コウジさんの障害を知らない1家庭に、障害のことをお話した時、コウジさんは得意げに、くも膜下出血と水頭症の手術後を見せていました。 そして、私が簡単に症状を説明するのを、嬉しそうに隣で聞いていました。 きっと彼らには、全然大変そうには見えないでしょうね。


 


  コウジさんは小さな子が好きなので、10人近いおチビさん達に、目を細めていましたが、段々眠くなり、先に帰ってしまいました。


 


 1品持ち寄りで、私は子供達が好きだろうと、我が家特製?ハムカツを作って行ったら、なぜかワッチが、そればかり食べていました。


  ワッチの大好物で、たしかにお弁当にも、1週間に1度は入れますが、それにしても・・・ 。


 後で聞いたら、 「ママの作ったハムカツが残ると、可哀想だから食べた。」 と、優しい気遣い。 本当かな?


 皆さんが持ってきた、美味しいお料理の作り方を教わって来たので、早速明日から作ってみようと思います。


 


 そんなんで、今日はあっという間でしたが、こんな非日常のパーティーは、とてもいいもので、楽しかったです。


 ワッチは、 「1月に1回くらいあればいいのに。」、 と言ってますが、そうかもね。


 


 いずれにしても、私の住んでいるこの近辺は、下町さながらに人間関係が密で、かといって干渉し合うほどでもなく、皆さんと程よい距離を置いての、温かいお付き合いをさせて頂いています。 とても住み易いところです。 


 


 さて、時間がないので、ちょっとだけですが・・・


 「高次脳機能障害 第18回」。


 


  区のしおりを見ていて、「ひとり親医療費助成制度」 というものがあることを知り、申請しました。配偶者に障害があり、働けない場合に適用されます。 所得制限がありますが、はっきり言って我が家は所得はゼロですから、制限も何もあったものじゃありません。


 


 これは、それに該当する家庭の医療費の、自己負担分を頂ける制度ですが、ワッチは区の方針で小中学生は元々医療費は無料、私は滅多に調子が悪くならないので、余りお世話にならなかったかな。(そのうち、帯状疱疹など、悪くなるのですけど。)


 


 今気づいたのですが、コウジさんはよく病院へ行って、治療費支払っていましたけど、コウジさんには使えなかったのかしら? 家庭の医療費、とあるけれど、交付されたカードには、私の名前しか記載されていなかったような気がします。 


 


 どうだったのか、今更確認しても遅いけれど、皆さんはよく確認して下さいね。


 


 同じように、「就学援助」 という制度もありますが、私がそれに気づいたのは、さらに1年あとのことでした。


 


 自分で調べて、こちらから申請しないと、せっかくある制度を利用できません。 でも、いくら調べても、ヌケはあるかも知れないし、なんとなくこの行政からの有り難いはずの支援は、中途半端な気がします。 


 


 大体、区のしおりにしても、何かの手続き書類にしても、文章がわかりづらいですよね。 読んでいても、よくわからないし、それが自分に該当するのかしないのかが、わからないです。 わからないから、申請しそびれたり、後で考えようと思って、そのまま忘れて期限が過ぎたり。 


 


 こういうガイドブックは、間違いがないよう、厳密に記述しなければならず、仕方ないのかも知れませんが、もう少し、子どもでもわかるような書き方ができないものでしょうかね。


 


 ー第18回おわりー


↑このページのトップヘ