日々コウジ中

日々コウジ中 - クモ膜下出血により、さまざまな脳の機能不全を抱える“高次脳機能障害”になったコウジさんを支える家族の泣き笑いの日々

とげ


たかが「とげ」、されど「とげ」。
ようやく、取れました。 ご心配おかけしました。今、気分は晴れやかです(笑)。

今日の午前中、また近くの病院へ行きました。
今日の外科の担当医は、昨日の医師とは異なるので、ちょっと心配でした。
昨日の処置の続きを、違う医師が引き継ぐことに。でも、たかか「とげ」ですからね。大したことないのかな。

頑丈に巻かれていた包帯を看護師さんがやっとのことではがしますと、医師は「ああ、これかあ・・・ 取っちゃおうか。」と言ったので「えっ!」とひるむ私。「昨日、何度も何度も取ろうとしてくれたんですが、痛くて・・・」
「痛いよね。じゃあそこに横になって下さい。」 
(先生、私の話聞いてくれてる?)と思いながら横になり右手を医師に預けました。

「う~ん・・・古い木の枝だからすぐ崩れるし、細菌感染が怖いよね。」と言いながら、医師は看護師さんに指示して色々道具を変えたり、「爪、切っていいですか?」ときっと深く切ってくれたり(見ていないので)、一所懸命取ろうとしてくれました。
私も「とげでこんな思いをしたのは、初めてですよ。」と時々チクッ ズキッ とくるのをこらえながら泣き言をいっていたところ、「取れた!」という医師の大声。
「え!本当ですか!」と叫ぶ私。
「良かったですねえ!」とほっとする看護師さん。

出血しているそうで、すぐまたぐるぐる包帯を巻かれたので傷は見ていないのですが、脱脂綿の上に置かれた、取れたとげを医師は見せてくれました。こんなちいさなとげに、ここ数日苦しみ、不便を被っていたのかあ。

「僕ね、実はこういうの、得意なの。」といたずらっぽく笑う医師に、「ああ、じゃあ私はついていました。もう、神様!という感じですよ。」と本心で言うと、医師はハハハッと笑いました。
そして、「抗生剤で膿んでいた炎症が治まったから、抜くのに昨日ほどは痛くなかったのだと思う。」とも。
ああ、とげを抜くのは即日でない方がいい場合もあるのだなあ。

もう、ホントにやれやれです。でも、とても嬉しいです。
ただ、またあさってぐらいに傷を見せに行くまで、この包帯のままです。

料理するのも、食器洗いするのも、掃除するのも、洗濯干すのも、パソコン打つのも、顔を洗うのも、お風呂で体や髪を洗うのも、はさみを使うのも、ウメのリードを持つのも、うまくできなかったり、時間がかかったり。
今朝など、左手で顔を洗い、目をつむったまま右手でタオルをつかもうと手を伸ばすと、それは子猫のチーでした。タオルの上にすばやく乗って、不思議そうに様子の違う私を見ていたのです。どうもタオルのわりにはもふもふして立体だと思ったら・・・。

こんな調子で、このパソコンもなかなか打てないので、また今日もこれだけですみません。
明日こそ、囲碁の話を書きますね!

あ、写真は私の包帯にクンクンする、大猫ハルと、その向こうにわれ関せず然とするウメです。ウメは、骨ガムを両手に抱えています(どうでもいっか)。





昨日は、コウジさんと初めて森山良子さんのコンサートへ行ってきましたが、もう最高のステージに感激しました。
澄んだ声の圧倒的な美しさ、69歳とは思えない20歳代のような溌剌としたステージ、笑いを誘うトーク、サービス精神満載。おちゃめで可愛らしく、黒や白、赤と替えられたきれいで華やかな衣装、どれもに陶酔しました。

感激したのは、なんとコウジさんも私も、森山良子さんと「ハイタッチ」ができたのです。
何曲目かの時、森山良子さんは歌いながらステージを降り、通路に沿って左右の観客にハイタッチしながら歩いてこられたのです。たまたまコウジさんはその通路側の端に座っていて、私はその隣でしたから、2人ともハイタッチしてもらえたんですよ。 (ああ、今日はもう手を洗いたくない。)と思いましたが、帰宅後はやはり洗いました。

しかも、最後の曲の時には、「ステージに上がって一緒に歌いたい方は皆さんどうぞ!」と森山良子さんに誘われ、スクッと立ち上がったコウジさんは、ステージに向かって歩いて行きました。
ステージに上がった人たちは、数えると38人いました。
森山良子さんの後ろで歌うコウジさんは幸せそうで、写真を撮りたかったけれど、撮影禁止なので残念でした。
でも、とてもいい思い出になりました。

来ていた人たちの年齢層は結構上で、私やコウジさんは若い方なので驚きました。ワッチなど若い年齢の人たちだってとても楽しめるコンサートだと思うのですが。ただ、会場には珍しく、何列か前に小学生くらいの兄妹を連れたご夫婦も座っていましたけれど、いい情操教育になるでしょうね。

そもそも森山良子さんのコンサートへ行くことになったのは、先月の春の音コンサート(世田谷高次脳機能障害連絡協議会主催の、毎年恒例のコンサート)で、コウジさんが森山良子さんの歌を歌ったことで、CDやDVDではない、生の歌声を聞いてみたくなったからでした。

本当に楽しかった。また行きたいです。

たまたま「ベース担当のSさん」が友人なので(それも私にはびっくりなのですが)、感想を送ったところ、私は自分がベースとエレキギターの違いが全くわかっていないド素人ということがわかり、狼狽、赤面しました。(私は昨夜まで、同じだと思っていたのです。)

Sさんに、「ギターもコントラバスと同じくらい、すごく低い音が出るんですね。」と書きましたら、「ギターではなく、エレクトリックベース(英語でいうとBass Guitar) です。」と教わったのでした。 ・・・ああ! だからSさんは「ギタリスト」ではなく「ベーシスト」というのか、とやっとわかったのでした。
それで、昨夜はネットで「ベース」や「コントラバス」を調べていました。

ベースやコントラバスの低音は、曲をドラマティックに、ロマンティックにしますよね。ムードが盛り上がり、重みや幅が出ますね。派手で華やかなエレキギターに目や耳を奪われがちですが、今までほとんど知らなかったこのベースというものに、関心が出てきました。

さて、今朝は病院へ行って、昨日掃除していて刺さった右手中指のとげを抜いてもらおうとしましたが、これが難しいということになりました。ちょうど爪と皮膚の間に奥深く刺さっていて、古い木のとげなものだからすぐボロボロして、抜けないのです。外科医が抜こうとするたびに、すごく痛くて反射的に指を引っ込めたり悲鳴をあげる私。汗も出てきて、医師も「どうしようかな・・・」と悩んでいました。

すでに化膿しているそうで、結局今日のところは抗生物質をもらい、指は消毒され厳重に包帯を巻かれ、「濡らさないように」と注意を受けて帰されました。明日また行くことになりました。トホホ。
膿と一緒にとげが出てくる場合もあるので様子見するとのことですが、出てこない場合どうなるの?まさか麻酔して爪をはがすとか? それともとげが出てくるまで、消毒を続けるのでしょうか。
なんだか、げっそりです。

今も、右手は中指以外を使ってキーを打っていますので、時間はかかるし、疲れてくるし、このへんでさようならです。
皆さんも、とげにはお気を付け下さい。


久しぶりに中野孝次さんの『ハラスのいた日々』を手に取ると、夜更かしして一気に読んでしまいました。

ハラスとは、中野さんが飼っていた柴犬ですが、共に暮らした13年を、ハラスに向けた深い愛情とともに書き綴られた胸を打つ作品です。元々キツネに似たハラスはうちのウメと風貌が似ていて、(もしやウメはハラスの生まれ変わりでは?)と思うほど、私にとってはほかの中野氏作品より一段と入れ込みの強い作品です。以前読んだ時よりも、うちのウメも年をとり、晩年のハラスと重なることが多く、より共感しました。愛犬家は必読の本です。

まだ読んでいない本で今読みたい本、読まなくてはいけない本が10冊以上あるのに(クレヨンハウスの布袋に入れて、順番待ちをしています。)、急に中野さんの本を読みたくなったのは、たまたま先月末の佐久講演がらみで、最近長野県の方とメールしたことがきっかけです。

中野さんは横浜にお住まいでしたが、お墓は長野県須坂市にあります。そこのお寺と縁が深かったことと、その場所が気に入っていられたからだそうですが、いつかお墓詣りしたいと思いながら、なかなか須坂方面へは行くことはありません。ともかく、長野県=中野孝次さんという回路が私の頭の中にはあるので、急に読みたくなったのでした。
できれば1か月に数冊は読みたいと思いますが、なかなか時間がとれません。

母が心配なので週に1回は横浜の実家へ足を運んで様子を見てきますが、一昨日朝から行った時、「飲んでいるわよ。」と言っていた薬を、やはり飲んでいなかったことがわかりました。朝は飲むものの、昼は飲まず、夜は時々飲んでいるようでした。 
そこで、早速持参したお薬カレンダーに、一包化してもらっている薬を、朝の分、昼の分、夜の分、と入れていますと、朝の薬があと2日分しかないことに気づきました。土日をはさむと、月曜の朝に飲む分がないのです。

母は最近病院へ行っていないようなので、病院に電話して夕方からの診療時間に母を連れて行きました。
ああ、4時には自宅に戻って、ウメの散歩を暗くなる前にしたかったのに(結局5時過ぎに帰宅しました)。でも、喘息の発作は命取りになりますし、特に朝の薬が大事だ、と母のかかりつけ医から聞かされていましたので、仕方ありません。

面倒臭がる母をタクシーに乗せ病院へ着くと、混んでいました。けれど今まで手紙やファックス、電話ではその医師とやりとりしたことはありましたが、実際にお会いして話せて良かったです。とても母のことをわかって下さっている医師だと再確認し、安心しました。
院外薬局も混んでいましたが、待合室でお薬カレンダーが100円で売っているのに目が丸くなりました。
コウジさんには1000円弱、母には羊の柄の1300円以上のものを買ったのに、100円?

思わずそばへ寄って材質など調べますと、まあそれなりに薄っぺらではありましたが、これでも用は足りるよね。がっかりしたものの、これだけポピュラーな品だったのね、と今まで使っていなかったことに「しまった」という思いでした。父の時にも使いたかったわ。

母もコウジさんも、「今日が何曜日かもわかるから、とてもいい。」と喜んでいます。
でもちゃんと使えているか確認するため、また来週実家へ行ってきます。

今朝、不注意で右手中指に木のとげを深く刺してしまいました。
抜こうと思いましたが抜けず、ネットで見たように、今蜂蜜を指に塗って、サランラップで巻いています。

ということで、中指が痛くて使えず、人差し指でキーを叩いているため、時間がかかってしかたありません。
ここでやめ、明日病院へ行ってきます。今日は生憎、休日で病院やっていないのと、これから出かけるからです。

ハイ、なんと今日は夕方から八王子のオリンパスホールで、森山良子さんのコンサートなんです!
コウジさんとずっと楽しみにしていましたが、コウジさんは場所をまだ覚えられず、「府中だっけ?」

私「は、がつくよ。」 コ「橋本!」 それはこの間講演で行ったところだね。
私「場所は八王子。建物の名前にはカメラに関係する名前がつくよ。」 コ「キムラヤ!ドイ!」

・・・では、行ってきます。その前に2回目にさくらの散歩もしておかないと。


↑このページのトップヘ