日々コウジ中

日々コウジ中 - クモ膜下出血により、さまざまな脳の機能不全を抱える“高次脳機能障害”になったコウジさんを支える家族の泣き笑いの日々

20日に毎日ホール(地下鉄竹橋駅)で行われる、松本方哉さんとの対談イベント「家族が語る高次脳機能障害」は、定員150名ですが、今日お聞きしたところ、お申込者数はまだ50名とのことです。あと100名は入りますので、どうぞ皆様どしどしお申込み下さ~い!

https://mainichimediacafe.jp/eventcal/list/?d=20190420

あるいは、
https://mainichimediacafe.jp/eventcal/?yy=2019&mm=4#l5614

男性介護者と女性介護者の対談なんて、とても面白い試みだと思うのですが、毎日新聞社の「毎日メディアカフェ」というサイトしかこのイベントをお知らせしているところはないので、このサイトとこのブログを読んでいない方は、きっと今回のイベントをご存知ありません。どうぞお知り合いの方に教えて下さいませ。

最近、1日があっという間に終わります。
昨日なんて、ウメの散歩2回と、ウメを動物病院へ連れて行っただけで終わってしまった感じです。

ウメの耳の病気(耳垢腺腫というらしいです)が悪化しているので、手術をするか相談中ですが、昨日はとりあえず炎症を鎮める薬を塗布してもらい、健康診断結果が出る金曜日にまた行って最終的にどうするかを決めます。
手術は大がかりになるそうで、全身麻酔だけれど、太ったウメはそれだけ麻酔量が必要なので、リスクが高いと。手術した後も、ケアがずっと続いて大変だそうです。再び腺腫ができることもあるそうです。とにかく詳しい話は、金曜日です。

今日ウメと散歩していて、いつも同じコースも飽きるので、久しぶりに以前よく行ったコースへウメを引っ張りました。最初ウメは、(?)という表情で私を見上げましたが、大人しくかつてのコースを歩き始めます。

すると思い出したのか、徐々に興奮してくるウメ。ウメは猫が好きなので、猫たちがいた何か所かの場所に来るたび、しきりに匂いを嗅いだり、目で探したり。記憶がいいなあ、ウメは。
でも交通事故で死んでしまった猫、老衰で死んでしまった猫、私は理由を知っていますが、いなくなってしまった猫達を探すウメを見ていると、かつてそこにいた猫たちの姿を私も思い浮かべるのでした。

同じように、ウメの散歩道には馴染の犬達も多くいました。けれどレン君、タンクちゃん、ナナちゃん、ミミちゃん、リリーちゃんは病気で亡くなり、仲良しだったマロちゃんは神戸に引っ越してしまいました。

その犬たちがいた場所を通ると、やはり私にはかつての犬たちの姿が幻のように見えます。
そして切なくなります。

現在12歳のウメが、もっと生き永らえてくれると嬉しいけれど、それにつれ、幻の犬猫たちも増えて、切なさも募っていくのでしょう。犬猫だけでなく、人間もです。私はよく父を思い出して悲しくなります。もう亡くなって3年が経つのに。

交差点で、こちらに向かって走ってくる人がいました。犬を抱いています。「〇〇ちゃん、1月に心臓病で死んじゃったの。」と言います。〇〇ちゃんのところを聞きそびれたので、(なにちゃんだっけ。この飼い主さんは知っているけど、なにママさんだっけ。)と焦る私。
最近こっちのコースを歩いていなかったので、久しぶりの遭遇でした。今抱っこしている犬と〇〇ちゃんの2匹を散歩させている人でした。

話している途中、「チコちゃんが・・・」と言うのを聞き、(ああ、チコちゃんだった。)と思い出せてほっとする私。「チコちゃんが死んじゃったら、散歩しなくなって太っちゃった。」と言うので、(そんなに太ってないように見えるけど・・・)と飼い主さんを見ながら思った時に、「この子が」と続けたので、(ああ、犬が太ったのか。)と、納得。
犬の飼い主と話している時は、このように頭をせわしく働かせないと話についていけないので、結構大変なんです。頭の体操になりますよ。

ある時など、きれいな服装のキャリアウーマンのような方に、「ウメちゃん?」といきなり話かけられ飛び上がりました。「え?どなたですか?」と恐る恐る尋ねる私に、「マリの母です。」と答える女性。「ああ、マリちゃんのママ!犬を連れていないと、わかりませんね~。お仕事ですか?」と聞くと、「ええ、そこで働いているんです。」と答える女性。颯爽と建物の中に消えていきました。

お互い犬を連れていないと、誰だかわからず、きっとすれ違っていることもあるでしょうね。

と、話を戻して、チコちゃんは16歳で亡くなったそうですが、13歳の時に手術で全身麻酔かけたとのこと。じゃあウメも全身麻酔しても大丈夫かな。耳が痒くて夜中でも起きて痒がっているウメは、ストレスだろうし、睡眠不足だろうし、思い切って手術しようかな。

そんなことを考えながら帰ってきた散歩でした。
数々の犬猫の幻とともに・・・。

幻となったとはいえ、私の中ではそういう犬猫たちは、今も生きています。
きっといつか別れの日がくるウメも、私の心の中でも、ほかの飼い主さんたちの心の中でも、生き続けてくれるのでしょう。
そんなこと言っている私だって、同じです。
「散る桜 残る桜も 散る桜」(良寛和尚)

今年の桜は、とても長いですよ。
まだ近所の桜は満開は過ぎたとはいえ、楽しめます。
八重桜も咲いていて、とても華やかな散歩道です。




神奈川新聞2019.4.9


なんか、しわしわの記事ですみません。(きれいな記事を載せられたら、替えます。)
9日の神奈川新聞に掲載された、飯塚あい医師の研究に関する記事です。

中程度の認知症の人から、認知症予備軍の軽度認知障害(MCI)の人までを対象とした実験で、囲碁が認知機能の向上に役立つという結果が出た、という記事です。

また、認知症を発症していない人を対象にした研究でも、同様に視覚性ワーキングメモリ(作業記憶)が向上したとのこと。しかも集団で学んだ方が、より効果が高かったとのこと。

やはり皆さん、囲碁をやった方がいいですよ!この面白さを知らずに一生終えるのは、勿体ないですよ!

私だって2年前は、碁石をどこに置けばいいのかわからず、マスの中に置いてみたほど何も知らなかったんです。
でも、今は腕はイマイチでも、囲碁の面白さがわかってきて、のめり込んでいます。
(腕がイマイチ=9級 なのは、忙しくて囲碁をする時間がないからですけど、目指せ、いつかは初段!なのです。)

今日は83歳の母の病院付き添いだったので、早速この記事を数部コピーして渡しました。
20年以上囲碁をやり、今も碁会所へ行っている母も、「囲碁はやっぱり、いいのね。」と喜び、囲碁友達や近所の人に配るそうです。

私も明日の石倉先生教室へこの記事を持って行って、先生や囲碁仲間に配ってきます。
みんな益々気合が入るのでは?

おっと、そもそも私が囲碁を始めたのは、コウジさんの障害症状改善と、居場所づくりを目指してでした。コウジさんをほったらかしにしては、本末転倒。
ということで、明日は「コウジさん囲碁特訓の日」です。ウシシ・・・

もう来週末になってしまいましたが、4月20日(土)は、毎日新聞東京社本社地下1階にある「毎日ホール」で、介護ジャーナリストの松本方哉さんと対談します。是非皆様お越下さい。(お申し込みが必要なようです。)

https://mainichimediacafe.jp/eventcal/?yy=2019&mm=4#l5614
(最初に貼り付けたURLは間違えていました。すみません。)

「家族が語る高次脳機能障害」
開場 13:30 開演 14:00 終演 15:30 定員:150名

先日松本さんと打ち合わせし、今回は脳卒中からの高次脳機能障害を抱える家族として、男性介護者、女性介護者の立場からお話しようと思います。質疑応答時間もあります。

昨日は、コウジ村を開きました。平日なので参加者も少ない中、愚痴を言ったり和気藹々と話したりして元気を充電できました。またGW中に開くかもしれませんよ。決まったらお知らせします。

今日は愛犬ウメをいつものように耳治療で病院へ連れていくと、耳の中の腫瘍が大きくなっているそうで、血液検査もし、来週対応を話し合うことにしました。手術となると、体の大きなウメなので麻酔の量も多く必要で、それだけリスクも高まるとのこと。
手術はしたくないけれど、今のままでは耳に栓をされた状態なので、かゆいし、ウメにはとてもストレスだろうとのこと。どうしたらいいのやら・・・(涙)。

今日から3週連続(9日、16日、23日)、神奈川新聞で囲碁と認知症や高次脳機能障害についての記事が掲載されます。題して、「認知機能維持向上で注目の囲碁」。23日は私とコウジさんも出る予定です。

記事を貼り付けられたら、ここに戻って貼り付けます。
もし神奈川新聞を購読されている方は、是非読んで下さいね。購読されていない方も、コンビニなどでお買い求め下さい。図書館でも読めるかな?

この記事については、また改めて書きますね。
取材下さった熊谷和夫記者様、有難うございました。

今度お札が新しくなるそうで、なんと渋沢栄一さんが1万円札だとのこと。嬉しいなあ。
なぜって、コウジさんは埼玉県深谷市で生まれ育ったからです。
そこで私も結婚してから、深谷市出身の渋沢栄一さんを知り(それも遅いですが)、その偉大な業績に驚き尊敬していました。

これで渋沢栄一記念館がある深谷市に、観光客が増えるかな。
深谷はネギだけでなく、野菜はみんな美味しいし、お花もきれいだし、ほうとうもおいしいですよ。
東京駅のレンガ建築は、深谷で作ったレンガを使っていて、深谷駅も東京駅みたいに立派なんですよ。深谷駅前には、渋沢栄一像(なぜか座ってらっしゃるけど)と、かわいいふっかちゃんもいますよ。是非行かれてください。
余談ですが、私とコウジさんは、駅前の埼玉グランドホテル深谷で結婚式を挙げました。
そこの中華料理はすごく美味しいですよ。(ローカル話題ですみません。)


↑このページのトップヘ