日々コウジ中

日々コウジ中 - クモ膜下出血により、さまざまな脳の機能不全を抱える“高次脳機能障害”になったコウジさんを支える家族の泣き笑いの日々

秀樹さんが亡くなったのを知ってから数日は暗い気持ちで過ごし、時々関連番組をテレビで見たり録画したりしていました。いつかコウジさんと見ようと思って。(時間がなくてまだ録画したものは、見られていませんが。)

番組を見て秀樹さんは家族仲よく幸せだったのだな、とほっとする一方、あんなにハードなリハビリが心臓に負担になったのではないか、など思ったりしています。きっとドクターとも相談してのハードなリハビリだと思うので、そんなことはなかったと思うのですが。

とにかく歌にもリハビリにも真面目で一所懸命だった秀樹さんですが、なんといっても歌が圧倒的にうまかったと思います。あんなにのびやかなのにパンチがあって甘いハスキーボイスの歌手なんて、ほかにいるかしら、と思いますよ。だから、もうこれからは秀樹さんの生の歌声や話し声が聞こえないと思うと、とても残念です。
好きな曲が沢山あるので、CD4枚+DVD1枚組を買いました。レコードとかカセットテープなら持っているんですけど、来月半ばくらいに届くそうなので、楽しみにしています。

大体の曲は知っていますし歌えますが、中でも好きな曲は、「ラストシーン」「若き獅子たち」「ブルースカイブルー」「涙と友情」「薔薇の鎖」「遥かなる恋人へ」「炎」「ブーツを脱いで朝食を」「ブーメランストリート」「君よ抱かれて熱くなれ」「青春に賭けよう」「激しい恋」「情熱の嵐」「ちぎれた愛」「愛の十字架」「この愛のときめき」「チャンスは一度」「勇気があれば」「傷だらけのローラ」です。 ・・・ 結構な数ですね。もう45年ファンですから。

まだまだしばらくは、秀樹さんの歌とともに過ごす日が続くことでしょう。うう・・・。

囲碁も「私は」頑張ってます。コウジさんのために始めた囲碁なので、もっとコウジさんとの囲碁の時間を作らなくてはいけないのですが、なかなかその時間が作れていません。

昨日は近所のお宅にコウジさんと2人で招かれたり、近所の駅前音楽祭へ行ったり、楽しい1日を過ごしました。

さて、ようやく明日はアニマルクラブ石巻さんの話をしますね。

今、ほかの内容でブログを書いていたところでしたが、ネットやテレビで西城秀樹さんが亡くなられたという速報が入りました。

私は秀樹さんの大ファンです。
小学生の頃から大好きで、部屋の壁中秀樹さんのポスターを貼り、生まれて初めて買ったレコードも、秀樹さんでした。

秀樹さんは脳梗塞を起こされてからの講演活動も精力的に行われていましたし、コンサートもされていましたし、私は秀樹さんの脳梗塞の体験を書かれた本も持っていますし、講演にも行きました。

コウジさんと、脳梗塞後のコンサートにも行き、その変わらぬ抜群の歌唱力に感動し、安心していました。
また聞きに行きたいと思っていました。

今はショックで、涙涙で、もうこれ以上書けません。
原因もわかりませんが、63歳という早すぎる死を悼み、ご冥福を祈ります。

秀樹さん、今まで素敵な歌声を有難うございました。

私の青春も、これで本当に終わったなあ、と思います。

(ちなみにこのブログでは、秀樹さんのことを2012年9月30日、10月1日、10月29日、2013年3月16日、17日、2014年8月9日、2016年12月7日・・・その他で書きました。)

IMG_6016


今週の私のブログは、犬猫話題ばかりになりそうです。

でも、「介護者の権利章典」の1文、「介護とはまた別の自分自身の生活、その人が健康であったら送っていてたはずの私自身の生活を守ること。」(児玉真美さん訳)を私に当てはめるなら、私は、イラストレーターとして絵本を描いていたか、動物愛護活動にどっぷりはまっていたかですから、これが素の私です。また、絵本か動物かとなれば、命がかかわっている動物の方を選ぶと思います。仮に絵本を描くにしても、動物が出てくる絵本ですね。

昨日、ウメを動物病院へ連れて行きました。ほぼ月1回の外耳炎治療と、先月受けた健康診断(血液検査)結果を聞きにです。するとウメは太り過ぎなので中性脂肪が多く、肝臓の値も悪いとのこと。ガーン。外耳炎治療だけのつもりでお金を持って行ったので、肝臓の薬の分が足りなくなり、一度帰宅してからお金を持ってまた病院へ行きました。 20日分処方されたので、食べ物と一緒にウメに飲ませ始めましたが、20日後に数値が良くなっていますように。勿論、ご飯や間食も少な目に(これが難しく、ねだられるとついあげてしまうのです)。

診察されている時、ウメが怖がって診察台で暴れるものだから、毛がいっぱい抜けました。私が、「毛が全部抜け終わったらお風呂に入れようと思っています」と言うと、獣医さんは、「お風呂はどんどん入れてください。その方が毛も抜けますよ。」と言いました。それで、今日もいい天気ですから、17キロあるウメを抱えてお風呂に入れました。あ~大変だった(笑)。

お風呂場でキャインキャイン哀れな声で鳴くウメを、「はいはい、お利口だね。」「ほうら、きれいになってきたよ。」「気持ちいいね~。」となだめながら、きれいに洗い終え、カンカン照りのベランダにウメを出しました。「、自然乾燥してくるんだよ。」と。
なのにウメはまたキャインキャイン鳴いて部屋に入りたがるので、仕方なく入れると、すぐ床に這いつくばって寝てしまいました。なんで家の中が好きなのかね。たしかに今日の暑さも半端じゃないけれど(29度ありました)。でも、これじゃ生乾きになっちゃう。ということで、今日の写真は、お風呂上りのウメです。一緒に写っているのは、チビ猫チーです。

お風呂場は、ウメの抜け毛で掃除が大変でしたが、その邪魔をするのがまたしても、大猫ハル。このハルは、人間の邪魔をするのが生き甲斐のような猫で、朝の忙しい時間も、私やワッチ、コウジさんの一番邪魔になるところに必ず居座るので、朝はハルが100匹いるかのようです。「ぎゃ、ハルのシッポ踏んだ!」「邪魔だよ、ハル!」「ハル、あっち行って!」「またハルが来た!」「え、さっきあそこにいたのにもうここに来たの?」「ハルの手はさんだ!」「ハル駄目だよ!」という具合。そして人間が用事を終えたと見るや、トイレに入ったり、ご飯を食べたり、自分の用事をするのです。へんな猫。忍者のように瞬間移動するから、朝になると私やコウジさんやワッチは、皆「ハルと一緒に寝た」と喜んでいます。「え、ママのところにいたよ。」「ワシと寝ていたよ。」「僕の上にずっといたよ。」とそれぞれがハルといたことを誇らしげに主張するのですが、きっと皆真実を言っているのでしょうね。皆を寝かしつけて回っている子守りハルなのです。(お気づきのように、「ワシ」と言っているのは、ワッチです。)

面白いのは、ハルは今日の夜ご飯をワッチに教えに行くこと。夜ご飯を作っている忙しい時は、大体ハルは私のそばで邪魔をしていますでしょ、そこへ大学からワッチが戻って来て、自分の部屋で着替えたりしていると、ワッチを迎えにダッシュしていった「忠猫ハル」は、ワッチの顔の前を行ったり来たりするそうです。
すると、ハルの毛についたお料理の匂いで、「あ、今夜は鶏肉とカシューナッツの炒め物だな。」とか、「あ、今日はカレーだな。」とよくわかるんだそうですよ。でも、だからといってそれが何かの役に立つかといえば、何の役にも立たないんですが(笑)。

とにかくハルがお風呂掃除をしている私のそばでじっと見ていて、お風呂場から追い出してもまた入ってきて、浴槽の中にうずくまってみたり、ちょいちょい雑貨で遊んでみたりするので、私はよけい忙しく感じてイライラするんです。可愛いんですけどね。

さて、毛が乾いてきたウメを、ブラッシング。手間がかかるけれど、無心にブラッシングしていると、なんだか心落ち着き、幸せな気持ちになってきます。もしかしたら今日1日で、一番幸せなひとときかもしれないです。

その後ウメと散歩し、出会う人出会う人に、「今お風呂に入れたんですよ。」と言いました。言われた人は、皆ウメに触ってくれ、「本当だ!ふわふわ。」と褒めてくれました。ウメも今日は自分が人気者だとわかるのか、皆に尻尾を振って愛想を振りまいていました。今日だけはウメを抱っこして寝られるよう、いつもの自転車用スロープをお尻で滑らせないよう、その場所は走って抜けました。

ところで昨日は、岩手の「アニマルクラブ石巻」さんから、今日は宮崎の「いのちのはうす保護家」さんからメールを頂き、数日前には福島の「SORAアニマルシェルター」さんから郵便物が届き、多摩川猫の小西さんとも時々連絡し合っているので、只今の私の頭の中は犬猫でいっぱいなのであります。

私がささやかながらご支援しているのが、主にこの4つです。ほかにも杉本彩さんのEvaにも入っていますが、まだ今年の年会費を収めていない・・・ 。

その中で、今日は「アニマルクラブ石巻さん」からの情報をお知らせします! 

・・・と、本当にこれから書こうと思ったのですが、(え、今まで前置きだったの? 今から本文が始まるの?)とおののかれる声(?)が聞こえる気がしましたので、やはりこの続きは明日にします。
真面目な話になりますし。

ではまた。

↑このページのトップヘ