日々コウジ中

日々コウジ中 - クモ膜下出血により、さまざまな脳の機能不全を抱える“高次脳機能障害”になったコウジさんを支える家族の泣き笑いの日々

台風一過の翌日(18日)から暑さがぶり返し、元気をなくしていた私は、今日は幾分暑さもおさまったので、また書く気が出てきてここへ来ました。

今日から動物愛護週間ですが、我が家は1年中毎日が生き物愛護日です。
昨日、家の近所でオオスカシバを見かけたので、オオスカシバを見事に描かれた昆虫画家の熊田千佳慕さんの画集を見たくなって、帰宅すると探しました。部屋の隅にある小さな本棚にその本があるはずなので、そのあたりをゴソゴソしていましたら、ギャッ!セミの亡骸が転がっていました・・・。 あ~、びっくりした。

きっとベランダに来たセミを、1歳猫のチーが捕まえて家の中に持ってきたのでしょう。特に目立った傷はなかったので、元々弱っていてチーに捕まり、チーから逃げて部屋の隅っこに紛れ込んでそのまま寿命を迎えたのだ・・・と思いたいです。 持ち上げると、紙のように軽いセミの体。魂が抜けて軽くなったのか、乾燥して軽くなったのかわかりませんが、悲しくなって家の狭い花壇の植え込みの中に落としました。

亡きおはぎちゃんも、3歳のハルも、こういう狩猟はしませんね。すばしこいチーだけが、いつでもベランダで獲物を待ち構えています。そのため私は家の中で、ギャッと悲鳴をあげることがしばしば。この間は、バラバラになったトンボの死骸に悲鳴をあげました。その数日後、またチーがトンボをくわえて家の中を走っているのを運よく目撃した私は、チーをつかまえてどうにかトンボを離させ、トンボは無事にまた飛んでいきました。

カナブンもよく捕まえてきます。私が助けられる時もあれば、朝起きてくると犠牲になったカナブンがリビングに転がっていることもあります。先日は、なんとかわいいヤモリが犠牲になっていました。ヤモリといえば、家を守ってくれる幸福の象徴。そのヤモリがバラバラになっていて、それを拾い集める私は悲しくてヤモリに謝りながら、バカチーに腹が立って仕方ありませんでした。

けれど幸いなのは、秋が近づいてきて、セミもトンボもカナブンもヤモリもベランダに来なくなってきたこと。
チーも早めにベランダから引き揚げ、コウジさんの両足の間で寝るようになりました。良かった。

実はプラナリアの世話もしている私。あまり会うことのない兄がプラナリアを飼っているのですが、兄が旅行に行く間、暑さに弱いプラナリアを7月に20匹預かったのです。プラナリアはご存知の通り、身体を2つに切られても、それぞれが再生する不死身の生き物です(暑さには弱いけれど)。きれいな水に住むので、週に1回は半量の水を取り替えます。取り替える水も、1日以上日光にさらしてカルキを抜いたものでなければなりません。

また、週に1回は冷凍赤虫を解凍したものを与えます。すると薄いグレー色の体をしたプラナリア達が寄ってきて食べ、赤い体になるのがかわいいのです。赤虫が水槽に入ると、水が汚れますから、数時間したら新しい水(それも半量は今までの水、あと半量は1日以上日光にさらした水)に移します。その時、スプーンで1匹1匹掬って移動させるのですが、スプーンに触れられると体が縮こまったり、ひらひら舞ったり、それもこの上なくかわいいです。

そういう作業で1週間に何時間も使ってしまうので、早く兄に返したいのですが、この暑さの中環境変化で死なせてしまうのが嫌で、涼しくなる11月くらいまでは預かるつもりです。
なぜなら世話は大変ですが、プラナリアを世話している時や、虫眼鏡でじっと見つめていたりする時、とても心落ち着くのです。その時の心境は、「無心になる」というのも近いのですが、どちらかというと、プラナリアを見ながら頭(考え)や心(気持ち)の整理をしている、のに近いです。なので、結構大切で、必要な時間となっています。
というわけで、我が家には玄関にプラナリアの入った水槽(今、70匹くらいに増えています)、ベランダには汲み置きした水の入ったバケツがいくつか常に置かれているのです。

相変わらず、ツマグロヒョウモンのお世話もしています。温暖化のせいでしょう、南の蝶だったツマグロヒョウモンを、東京でもよく見かけるようになりました。でも食草であるスミレ科の植物が、この時期極端に少ないのです。道路を横断しているツマグロヒョウモンの黒とオレンジの縞模様の幼虫を見ると捕まえ、自宅にスミレを自生させている友人宅に持って行っていました。けれどそこのスミレももう食べ尽くされ、昨日今日は仕方なく、(これはスミレかな?)と思える草が生えているところに幼虫を放しました。でも家に帰って調べると、それはドクダミのようでもあります。願うのは、ツマグロヒョウモンが東京の環境に順応し、ドクダミでもなんでも食べられるように進化してくれることです。そうでないと心配でたまりません。

(ワッチが小学生だった頃、よくツマグロヒョウモンをワッチと2人で育てていたんです。家の中で越冬させたり、目黒にある自然教育園の研究員の方に質問のメールを送ったり、教育園に訪ねて行ったりしたこともあります。結構凝り性ですね。)

このブログでもお願いした、宮崎にある「いのちのはうす保護家」さんのクラウド・ファンディングですが、おかげ様で「老犬デイサービス」は目標金額を達成しました。ご協力下さった皆様、有難うございました。
さらにネクストゴールとして掲げた「ハンデのある猫のカフェ」も達成し、これから工務店が作る運びとなりました。

けれど、HPを読んでいますと、現場で働く山下代表や藤井副代表、その他のスタッフの方たちの御苦労はもう大変です。(山下さんは心労から顔面麻痺にもなられてしまいました。)恵まれない犬猫のために全力で取り組まれている方々に、頭が下がります。

「いのちのはうす保護家」のHP→ http://pawstamp.com/hogoya/

一方、多摩川の河川敷138キロの両岸に住む(捨てられた)猫や、その猫の世話をして下さる優しいホームレスさんたちのお世話をされている、写真家の小西修さん。その小西さんの個展が、今月27日から10月2日まで高円寺(高円寺北2-37-5 ギャラリー・来舎。14時~18時)で開かれます。行かれる方はどうぞ、多摩川の厳しい環境の中、懸命に生きている猫たちや、自分勝手な人間のことを知って頂きたいと思います。私もどこかの日に、行ってきます。
小西さんのブログ → http://www.top-virtual.com/kabuto/diarypro/

動物愛護週間を調べていましたら、こんなサイトを見つけましたよ。

https://rdsig.yahoo.co.jp/_ylt=A3aX5EfdwMFZUWQAhPiJBtF7/RV=2/RE=1505956445/RH=cmRzaWcueWFob28uY28uanA-/RB=Im0o2y19G9.oxXcZLnKbwdfE4Os-/RU=aHR0cHM6Ly9kb2NzLWRvbmF0aW9uLnlhaG9vLmNvLmpwL3JlcG9ydC8yMDE3ZG9nY2F0AA--/RK=0/RS=mEXPxKEsBZQsRepyDVoFnNrmDaw-

そうそう、NHKに提出するウメの動画を、いくつか昨日今日でさらに撮影しましたので、明日にでも提出します(放送はまだまだ先です)。

ではまた。



昨日、ふとコウジさんに聞いてみました。
「私が金沢へ行っている間、私がどこへ行ったのか、わからなくならなかった?」

するとコウジさんは、「なった!なった!」と言いました。
続けて、「あれ、マーちゃん、どこだろう? ウメの散歩かな? と思って家の中を見て回ると、ウメがいやがる。 じゃあ、どこへ行ったんだろう、と考え込んでいたんだよ。」「そしたら、思い出した。あっ!金沢に行ったんだった!ってね。」

・・・ やっぱり! やっぱり、こうしてすっぽり抜けてしまうんですよねえ。冷蔵庫に貼ったスケジュール表も見ないで、心配になっていたそうです。良かったあ、頻繁に電話して。

私からの電話のほか、母や義母からの電話も、やっぱり良いようです。忘れそうになると、誰かしらか電話をかけてくるので、思い出すとのこと。 これからも、家を留守にする時は、時々電話をすることを忘れずにいよう、と改めて思いました。

さて、金沢の話の続きです。
石川県リハビリテーションセンターのKさんに連れられ、センターの中に入ると、会場の4階へ上がりました。
そこではスタッフの方たちがもう準備に追われていたので、感謝しながら控室になっていた部屋へ通されました。そのままそこで、センターの医師や保健師さんや作業療法士さんらの職員の方々、家族会「つばさ」の方々と、13時半近くまでゆっくり話すことができました。

「NPO法人高次脳機能障害患者と家族の会つばさ」は、13年前の平成14年にできた家族会だそうです。
普通家族会は、当事者家族が立ち上げることが多いのですが、「つばさ」はケアマネさんが作られた珍しい会です。ケアマネさん(でもあり、看護師さんでもあり、社会福祉士さんでもある)のDさんは、当事者家族があまりにも大変そうなので「つばさ」を作られることになったそうですが、こうして支援職の方が家族会を作られるなんて、当事者家族としては大変有難く助かることです。

拝見していますと、センターの職員の方々と「つばさ」の方々はとても仲が良く、当事者家族はなんでもセンターに相談できる関係なのだとわかりました。私もその輪の中にいて、とても居心地が良く、いつまでも話していたかったです。石川県の当事者の方、ご家族は良かったですね。

そういえば、北陸3県といわれるほかの富山県と福井県も、支援拠点である高志リハビリテーション病院(現在の富山リハビリテーション病院・こども支援センター)と家族会「高志」の方々、福井総合病院と家族会「福笑井」の方々とは大変仲が良かったのを思い出しました。土地柄でしょうか。都道府県別幸福度ランキングなるもので、この3県はよくトップ3に選ばれていますが、関係あるかな?

講演会は、リハセンターの岸谷都医師によるご挨拶から始まり、ご紹介を受けて110分の時間を頂き、私が話しました。いつもより少し長めにお時間を頂けたので、夫コウジさんのエピソードを色々と織り交ぜながら話していましたら、それが長すぎて時間が足りなくなり、最後はやはりいつもながら駆け足となり、反省しています。

資料もとても長いものとなりましたが、家に帰られてから虫眼鏡で(字が細かいので)読まれて頂けたら幸いです。
質疑応答のあと、「つばさ」の上口会長による会の紹介があり、講演会は終了しました。

会のあとも、なるべく多くの方とお話できるよう、時間に余裕をもって新幹線の切符を買っていたのですが、コメント頂いたように、私と話したくても話せず時間がなくて帰られてしまった方がすごく多かったのでは、と申し訳なく、この場を借りてお詫びいたします。こんな私と話したいと思って下さる方がいらして有難い限りなのですが、最初にそういう方と1人1人とご挨拶してから、時間のある方と話すようにしたら、全ての方と話せたのにな、と反省しています。でも、私が偉そうにそんな采配をふるうことはとてもできないので、それは打ち合わせの時にスタッフの方たちと話しておくべきことの1つだ、と今回遅まきながら学びました。

でも、講演会へいらした方で、もしこのブログを読まれている方がいらしたら、どうぞなんでもコメント下さいね。あの時はお話できませんでしたが、ここならできますから。

さらに、私は東京からキャリーに入るだけ、『日々コウジ中』『続・日々コウジ中』を持って行ったのですが(各10冊)、あっという間に完売したと聞き、有難うございました。欲しくても買えなかった方が沢山いらしたと聞き、そういう方はどうぞ表参道のクレヨンハウスさんへ、電話で注文下さい(TEL 03-3406-6405)。クレヨンハウスさんへもネットで注文できるよう、リンクの貼り方を教わらないといけないのですが、忙しさにかまけてまだ教わっていません。ご不便おかけしています。1か月以内には、教わって貼ります。

このブログでは、注文先はアマゾンさんしか出ていませんが、アマゾンさんには残念ながら在庫はないと思います。けれどこのアマゾンさんへのリンクのはずし方も、わからないのです。スミマセン。そのうちはずせると思いますが。

ではまた。台風が日本列島を縦断しています。被害が大きくなりませんように。東京は1日中、普通の雨でした。

北朝鮮のミサイル、台風などのニュースが気になりますね。
平穏な毎日が続くことが一番いいのに、自然災害はともかく、人為的災害により平穏を乱されるなんて。否、平和は人の努力によってこそもたらされるものであって、争いは、実は簡単に起こせるものなのでしょう。
良識、良心。誰もがそれを持つ世の中であったなら、いいんですがね。

今日は、金沢講演の話の続きを書けません。疲れて眠くなってしまいました。すみません。

午前は囲碁教室で、楽しかったです。
練習不足ゆえ上達している気はあまりしませんが、普段と違う頭(脳)の部分を使って頭(脳)が喜んでいるような感覚がしたり、優しい先生たちや気心がお互い知れ始めた初心者仲間の方々とお会いして笑い合ったり、石倉先生にじかにわかりやすく教われて(はあ、なるほど!)と思えるこの2時間は、1週間の中で特別な時間となっています。なんといいますか、知らなかったことを知る喜びといいますか、刺激的といいますか、向学心が目覚めるといいますか。たしかに若返る気がしますので、囲碁は特に高齢者にはいい趣味だと思います。

井山6冠と高尾名人の第2局の棋譜が、朝日新聞に掲載されていましたので、帰宅してお昼ご飯を済ませると、コウジさんとその通りに並べていました。でも途中でお互い疲れて、やめました。だって、日本一の棋士たちの棋譜ですからね、とてもまだその考えがわからず、「え~、ここに打つの?」「なんでだろう。」と、段々テンションが低くなってきたのです。

そういえば石倉先生が、やさしい問題を解くと碁が強くなる、と仰っていたのを、今思い出しました。ほかにも碁が強くなる心得をいくつか教えて下さっていますが、うっかりみんな忘れていました(汗)。

じゃあ、井山さんと高尾さんの棋譜を並べている場合ではなく、簡単な問題から挑戦しなくちゃあ。
まだ『入門、初心者のためのはじめての詰碁』(日本棋院)を解き終えていないので、『世界一役に立つ実戦詰碁』(石倉昇先生著 マイナビ)は開いていません。明日は大雨のようなので、コウジさんとゆっくりこの2冊の本をやってみようと思います。

夕方から、娘のワッチに頼まれて買い物に付き合うため、雨の中二子玉川へ出ました。面倒くさくて行きたくなかったのですが、仕方なく。
けれどいくつかの買い物を済ませた時、ワッチが「わあ、今日はこれから部活に行かなくちゃいけないんだ!」と言い出したので、途中でしたがワッチと別れて帰ってきました。計画性のない人につきあうと、疲れます。というか、ワッチの予定を把握していないので、当たり前かあ。でも早く帰ってこられたので、少し嬉しかった私。留守番しているコウジさんも、喜ぶでしょう。ただ、慌てて帰ってきてお夕飯になるものを何も買ってこなかったので、今夜は冷凍庫の中にあるものだな。ま、仕方ないか。

「(背負っている)リュックの中に折り畳み傘が入っていたから、これはいらない。」と、長いビニル傘までワッチに押し付けられて、ブツブツ文句を言いながら駅から1人自宅に向かって歩いていると、私のそばを高校生くらいの男の子が、傘を持たずに濡れながら歩いているのに気づきました。

(やった!このビニル傘が役に立つ!)と嬉しくなりながら、「ボク、ボク(若い男の子にかける言葉として適当かわかりませんが)、この傘いらないので、使って!」と持っていたビニル傘を差し出しました。
耳にイヤホンをつけた男の子は、それでも聞こえたようで、目を丸くすると、「あ、有難うございます!」と喜んで受け取ってくれました。

(いいことした!)と高揚した気持ちを抑えながら、私は男の子の先を、颯爽と(本当はドスドスと)歩いて帰ってきました。ワッチのおかげで、いいことができました。あとでワッチが帰ってきたら、この話を報告して喜び合おうっと。

ともかく、囲碁とワッチの買い物付き合いで今日はくたびれましたので、金沢の話はまた明日です。
外の雨は強くなってきました。でも、明日はもっと強く降るようです。
雨がやむ頃には、もうセミも鳴かなくなっているかな・・・ そう思うと、寂しいです。
おやすみなさい。

↑このページのトップヘ