日々コウジ中

日々コウジ中 - クモ膜下出血により、さまざまな脳の機能不全を抱える“高次脳機能障害”になったコウジさんを支える家族の泣き笑いの日々

おはようございます。
今、ウメを病院へ預けてきました。

昨夜はウメは8時くらいに寝てしまい、何度か起きては水を飲むとまた寝てしまい、今朝9時半に病院へ連れて行くのに、わざわざ起こさなくてはなりませんでした。朝家のそばでおしっこをすると、また家に戻りたがるので、車に乗せて病院へ行きました。ちょっといつもと様子が違います。

病院へ着くと、先生と看護師さんがすぐ出てきて下さいました。ウメの様子を伝えると、先生は「え?ごはんはあげないから食べないのじゃなくて、自分から食べないの?(昨夜零時からは絶食させるよう指示されていましたが、8時から何も食べていません。)」「う~ん、だるいのかもしれないですね。」と心配そうでした。

今日の予定を詳しく聞きますと、これから血液検査など体の様子を調べ、麻酔前の麻酔でちょっとぼ~っとする薬、その後12時半くらいから麻酔。13時半くらいから手術で1時間くらいかかり、15時くらいにウメは目が覚める予定だそうです。

一番心配なのは、麻酔をしている時と、麻酔から覚める時。そして今夜から明日朝までの、手術後のダメージ期間だそうです。

なので、明日の朝まで私たち家族は、気が気ではありません。なんとか無事に乗り越えてほしい、先生とウメの体力と運を信じるのみです。囲碁教室も、今日は休みました。

ウメに「頑張るんだよ。」と声をかけ頭を撫でると、いつもと何か違う様子を察知したのか、ウメはまっすぐ私を見て目を離さなくなりました。私とコウジさん(コウジさんも付き添いました)が病院のドアを開けて出て行くのも、ずっと食い入るような瞳で見ていました。 ドアを閉めても、ガラス越しに私をずっと見ているウメ。コウジさんが、「ほら、早くいくよ!」と私をせかすので、ウメに笑顔で手を振り、一旦ウメの視界から出ました。

でもやはり心配で、そ~っと物陰から病院の中を見ると、看護師さんが困ったようにウメのリードを持ったままだったので、まだウメはその場で私が消えた外を見ているのでしょう。コウジさんがなにやら怒鳴っているのが聞こえました(早く帰ろう!と言ってるのでしょう)。そして看護師さんが動き出したので、ああ、ウメは診察室の奥へ入って行ったと確認、カッカしているコウジさんの元へ戻りました。 動物病院の前は、結構大きな通りなので、車が何台も信号待ちしていますから、コウジさんが怒鳴っている様子もドライバーの人たちは見ていたでしょう。
でも幸い、コウジさんはマスクをしていますから、怒鳴っているのはわからなかったでしょう。エアコンつけて窓も閉めていますから。
ああ、よかった、とほっとしながら、(なんで大切なウメの手術なのに、あなたは怒ってるのよ!)と腹も立ちながら、コウジさんを車に乗せて帰ってきました。

家ではワッチが「車で行くならワシ(ワッチがワシに進化)も行く、って言ったじゃん。」とメソメソしていました。歩くと炎天下20分だし、服もお化粧も髪も整えないと家を出ないワッチなので、最初から付添いから除外していました。 でも一晩中ウメはワッチの布団で、ワッチと一緒に寝ていたのでいいとします。

神様、どうかウメの手術が無事済みますように。
また元気になったウメと、散歩できますように。
現在のところ、ウメの引き取りは26日水曜日夕方です。
25日には引き取れたのですが、26日の方がより安心なのと、26日お昼過ぎに実家で母の訪問診療契約があるため、そうしました。

色々気にかかることは多けれど、一番、最大に心配なのはウメです。
ウメについては、また逐次ご報告します。

さくら手術当日

さきほど、病院へ入って行くウメ(アイスノンを、水色のバンダナで首に巻いています)。

がんばれ!ウメ!
絶対、無事に帰ってくるんだぞ!



今日もまたすごい暑さでした。
母の主治医に昨日お願いした紹介状が、今朝「用意できましたよ。」との連絡を頂いたので、早速受け取りに横浜へ行ってきました。もうそれだけで、ヘトヘトでした。

が、夕方は、毎週通っているウメの病院へ行きました。
毎週耳の治療へ行っていたのですが、今日ウメに「子宮蓄膿症の初期」という診断が下され、早い方がいいとのことで、なんと明日、緊急手術となりました。耳の病気どころではなく、命がかかわる病気です。

手術は、子宮や卵巣を全て摘出するそうで、3~4日の入院が必要です。
一番怖いのは、手術そのものよりも、明日の午前、麻酔をする時です。
太っているので麻酔が効くまで使う量が多く、途中心拍数が少なくなったらそこで手術中止するとのこと。でも子宮蓄膿症はそのままだと死んでしまう怖い病気なので、なんとか無事に手術まで行ってほしいです。麻酔さえ乗り越えられれば、多分大丈夫なので、どうぞこれをお読みの皆さんも、明日の午前~お昼頃の、ウメが麻酔されている時に、ウメの無事を私たち家族と一緒に祈って下さるよう、お願いします!

ウメが若い頃に、避妊手術を受けていたら、高齢(13歳)になった今、こんなことにならなかったので、反省しています。
なぜ避妊手術を受けなかったかというと、ウメは若い頃、焼き鳥を串ごと食べたことがあるのです。
ウメに焼き鳥をあげようと思って、ウメのお皿に串から焼き鳥をはずそうとしたその時、玄関の呼び鈴が鳴ったのです。私は串をウメのお皿に置いたまま、「は~い。」と玄関で接客の対応をし、戻ってきたらお皿に置いたはずの焼き鳥が串ごとなくなっていたのでした。そしてそばにはウメが何事もなかったように座って私を見ていました(勿論、食べ終わった表情です)。

串はそのままだと背中を突き破って出て来たり、内臓を傷つけるというので、すぐウメを病院へ連れて行き、レントゲンを撮ったのです。でも串が写っていなかったので、仕方なく全身麻酔をして開腹して胃も腸も全部体内から外へ出し、串を探したのです。それでも見つからず、また胃と腸を戻して、お腹を閉じました。大手術でした。数日後、3等分された串がウンチと一緒に出てきたので、手術しなければ良かった、と嘆きました。私が不注意にお皿に焼き鳥串を置いたまま離れたのが、悪かったのです。ウメ、ゴメン。本当にゴメン。

その後、良性の大きな脂肪腫ができたので、また全身麻酔をして脂肪腫を取り除きました。これが悪性だと死んでしまうので、やはり検査が必要だったのです。 

もう2回も全身麻酔をかけたので、避妊手術のために3回目の全身麻酔をかけるのは嫌で、そのまま13歳になりました。そして避妊手術していない、出産経験のない高齢犬がかかり易いといわれる、子宮蓄膿症に、ウメはり患してしまったのでした。 グスン。

でも、今子宮と卵巣を取り除けば、もう今後この病気になることはないので、またウメは元気に長生きできると思います。そのためにも、明日、絶対ウメには頑張ってほしい。がんばれ、ウメ!

さくら手術前夜

手術前夜の今のウメ
(結構ダイエットが進んできていて、19キロ近くあった体重は、16キロほどに落ちてきているところでした。あともう少し痩せさせてから、手術を受けさせたかったです。)


35度越えの日が続く東京、耐えるだけで1日が終わります。
が、毎日植木に水やりしたり、洗濯ものをベランダに干したり、ウメの散歩をしたりで外に出るので、汗みずくです。1日に2回服を着替えたり、シャワーを浴びたりすることも。汗が目に入ると、しみることもわかりました。この暑さ、尋常じゃありません。

疲れてすぐ眠くなり、ブログもなかなか書けません。
が、最近世田谷区のパブコメに意見を提出しました。(その話は別途。今日はもう眠くてダメです。)

F市に住む叔父は、その後私がF市に相談し、どうにか無事に給付金が振り込まれることになりました。私のようにうるさい親戚がいない一人暮らしの高齢者や病気の方は、今回の特別給付金に申請できていないのではないか、と気になります。締切後でも、申請できるようにしてほしいです。

一方、母には急に訪問診療が入ることになり、今日は紹介状を書いて頂くために、母のかかりつけ医に連絡、紹介状ができたら受け取りに行きます。そして別の日には契約のため、訪問医とケアマネさんと私が実家に集まります。 う~ん、コロナと猛暑で巣籠もりしている私ですが、今月2回は横浜へ出て行かなくては・・・。(って、今月はあと10日しかないじゃないですか。)コロナにうつらないよう、うつさないよう、気を遣って、疲れそう。

そういえば来週は、コウジさんの定期的な受診があり、勿論私が付き添います。

ウメの耳治療のための通院は毎週金曜日と決まっていますが、今気になる症状が出ていて、血液検査をしたりエコーを撮ったり、抗生剤を朝夕2回飲ませています。

色々用事があり、暑さのせいもあり、コロナ疲れもあり、皆さんも同じだと思いますが、疲れる夏ですよね。

眠いので早く寝ようと思っていたのですが、さっきNHKで三浦春馬さんが司会の番組が放映されていたので、コウジさんと見ていました。

出演されていたサヘル・ローズさんとお母様の経歴やペルシャ絨毯の制作風景にも感動しましたが、もういない三浦さんの笑顔に、胸が重く悲しくなりました。

重い胸を抱えたまま、今日はおやすみなさい です。





↑このページのトップヘ