日々コウジ中

日々コウジ中 - クモ膜下出血により、さまざまな脳の機能不全を抱える“高次脳機能障害”になったコウジさんを支える家族の泣き笑いの日々

今日は、石倉先生の囲碁教室の日でした。復習もろくにできていないうちに1週間経ち、ヒヤヒヤ、でもワクワクしながら行ってきました。まだ、おぼろげになんとなくわかるような気がする、という微妙なところですが、いつもお会いする初心者の方たちと慣れてきて話が弾むので、それも楽しみです。

ところが帰宅して、私を見てコウジさんが発した一言に驚きました。
コウジさんは、「早く教えてよ~。今日はどんな歌習ってきたの?」と言ったのです。

歌?なにそれ? ガ~ン・・・ またですかい。また勘違い、記憶違いですかい。

私が、「歌に行ってきたと思ってるの?」と聞きますと、
コウジ「うん。・・・あれ?違ったっけ。 ああ、俳句だ!」
私「俳句なんてやらないよ。さあ、私はどこへ行ってきたでしょう?」

・・・ 30分後くらいでしょうか、もう私はすっかりその件は忘れていたのに、いきなりコウジさんは「あ!思い出した!囲碁だ!」と叫びました。 ずっと考えていたのかな?

もうすぐ高次脳機能障害になって14年になりますが、この記憶障害のほかには、感情失禁ですぐ怒ったり泣いたり、という症状が健在です。

先日、世田谷高次脳機能障害連絡協議会の総会があり、コウジさんは司会を頼まれました。台本は用意して下さったのでコウジさんはそれを読むだけですが、結構そつなくこなせたので感心しました。その姿を見ていると、大学時代にゴルフ同好会の部長だったコウジさんが、部会になると前で話していた、ちょっとカッコイイ姿を思い出しました。あの時と同じ、ソフトでいい司会でした。

けれど、ほかの当事者の男性が話していて、突然自分の話の何かが引き金になり大泣きし始めた時、まさか、と思ってコウジさんを見ると、やっぱり彼もつられて大泣きしていました。なぜか、テレビでも泣いている人を見ると、内容はわからなくても、すぐコウジさんはつられて泣きます。今回も、その当事者の方の話はわかっていないのに、泣いているコウジさん。ほかの参加者は、2人の大泣きする成人男性を交互に見ては、思わず笑い出しました。するとその男性も、コウジさんも、今度は笑い出し、結局皆で大笑いして楽しかった、という一幕がありました。

その日の会では、コウジさんを含めた当事者の方たちが、自分の意見をはっきり言えたことも新鮮な驚きでした。もうこの会のメンバーの方たちにコウジさんも慣れ、リラックスして安心して話せているのでしょう。そういう姿を目の当たりにしますと、やっぱり当事者の方たちには、楽しい居場所があるのが一番だなあ、と思った次第です。

・・・ さて、昨日の話の続きですが、村上深さん。囲碁に疎いはずの私ですが、この方のお名前はなぜか存じていました。囲碁が強い方だよね、と。でもプロだとかアマだとか、本因坊だとかまでは理解していませんでした。村上さんは、元アマ本因坊だそうです。お若いうちにアマ本因坊になられたあと、プロは諦め、アマでご活躍されている方なのだそうです。

その方が、大船渡での3日間はもちろん、事前からスケジュールや出席者リストなど、丁寧に作成しては配布されていましたので、(なぜ?なぜ有名な村上さんが、こんな裏方の大変な作業をされているのだ?手が足りないなら、下っ端の私がやるべきでは?← パソコンは苦手なので、できないけれど。)と不思議でした。今でも理由はよくわかりませんが、きっとこのような作業が得意で、任されていらっしゃるのだとしか考えられません。
とにかく大船渡でも司会をされたり、ブラインド碁を打たれたり大忙しの村上さん。私は遠くから見ているだけでしたが、事前の大勢のやりとりの中で、村上さんが「囲碁療法」というものをされているということは知っていて、実はとてもとても気になっていたのです。それでもそれについてお話する機会もなく、帰りの新幹線に乗って、あとは東京まで座っているだけでした。

ところが席に座ってみると、私の前に村上さんが座られているのに気づきました。おお、これはまたとないチャンス!
思わず背後から、「あの~、囲碁療法なんですが・・・」と話しかけますと、驚いてくるっと振り返った村上さん。気さくに話に応じてくれました。すると村上さんの隣に座られていた方が、私と席を替わって下さったので(優しい!)、それから東京に着くまでずっと話をすることができたのです。

村上さんは、現在東京都健康長寿医療センター研究所の研究チームに所属されていて、高齢者向けの囲碁入門プログラムを多く提供されてきているそうです。 提供場所は、認知症カフェや特別養護老人ホーム等で、主に高齢の方々の脳機能が低下しないよう、活性化するよう、囲碁(療法)を教えられているそうなんです。

思わず私は、「それは、高次脳機能障害にもいいのでは?」と聞きました。 つづく

まず最初に、講演のお知らせです。
http://www.pref.ishikawa.lg.jp/koujinou/kouenkai.html

*平成29年度 高次脳機能障害に関する普及啓発講演会
「日々コウジ中の夫とともに~高次脳機能障害の夫を支える妻の体験記~」

日時 : 平成29年9月10日(日) 13時30分~15時30分
場所 : 石川県リハビリテーションセンター4階 大研修室(金沢市赤土町二13-1)
対象 : 一般県民、高次脳機能障害のある方、家族の方、支援者などどなたでも
お問い合わせ・お申込み先 :石川県高次脳機能障害相談・支援センター  (TEL 076-266-2188 FAX 076-266-2864) ※8月31日(木)申込締切

金沢へ行くのは、高校2年の時の修学旅行以来です。今は北陸新幹線ができて便利になりましたが、当時は東海道新幹線で米原経由で行った記憶があります。是非お近くの方は、いらして下さいね。

さて、囲碁まつりの話の続きですが、3日目は囲碁神社へ行きました。お天気はあいにく3日とも雨で、大船渡の青空や青い海は結局一度も拝むことはできませんでした。残念!しかも真冬のような寒さで、気温12,3度くらいだったんです(でも、寒いの大好きな私なので、全然問題ありません)。

囲碁神社とは、熊野神社のことです。大船渡には熊野神社が元々2つあるそうですが、「大船渡の三面椿」で有名な中森熊野神社という方を通称囲碁神社とし、2014年に始まった囲碁まつりの聖地とした経緯があるそうです。・・・このあたりの話はちょっと長くなりそうなので、割愛しますね。

囲碁神社で絵馬に願いを書いたり、「居合剣舞奉納」を拝見したり(すごい迫力でした)、触りたい人は、剣舞に使われた真剣を触ったり、奉納されている石の碁盤を見たり、楽しかった~。

そのあと碁石海岸へ。碁石に使えるような黒い石が沢山ある海岸なのだそうですが、おおかた持ち帰られてしまったそうで、あまりそれらしき黒石はありませんでした(これ以上なくなると困るので、今は持ち帰らないよう言われました)。

大正時代に3つあった石の碁盤が、今は碁石岬灯台にある1つだけとなっているというので、その碁盤を見に、雨の中せっせと海沿いの遊歩道を歩きました。晴れていたらきっとリアス式の断崖は絶景だったと思いますが、そんなこと言ってられないくらいの雨の中、足元ばかり見て必死でした(笑)。でもふと海の方に目を向けると、雨にけぶった岩肌にウミネコが沢山とまっているのが見えました。ウミネコはずっと前浄土ヶ浜で遊覧船に乗った時、餌をあげると飛んできて可愛かったなあ。

目の不自由な学生さん達も歩きました。岡田6段は、去年も歩いたそうですが、今年も「せっかくだから。」と歩きました。石鍋さんも着物姿なのに歩きました(石鍋さんは、いつも着物です。ささっと着られてカッコイイです)。

・・・やっと辿りついた灯台の足元に、風化したのか波に洗われたのか、丸みを帯びた大きな古ぼけた石がありました。その表面には、たしかに碁盤の目が刻まれていました。東日本大震災ではこの高台までは津波は来なかったので、この石は残ったのですね。

貸切バスが大船渡の海のそばを走る時などは、大船渡出身の石鍋さんが車内の前に立たれて被災前と後の様子について説明されていました。すっかり殺風景になっているそのあたりも、震災前はきっと賑やかで笑い声溢れる場所だったのでしょうね。

同じく津波に襲われ、荒涼とした景色となった石巻を約2年前に訪れた時にも感じましたが、震災のこと、震災で失われた多くの命のことを、決して私たちは忘れてはいけないですね。私の人生がもし80年あるとしても、この震災は人生で一番大きなできごとであるに違いありません(戦争が起きないかも気になりますが)。もっと考えなくては・・・ もっともっとこれからも考え、学び、伝えていくことがあります。(最近私は、改めて震災関係の本を読んでいます。やはり、大船渡へ行ったことが影響しています)。

乗る予定の電車出発までの時間がないので、皆で地元の大きなスーパーに入ってお昼ご飯を買い(大船渡土産も売っているスーパーでしたが、「おおふなトン」という豚?のゆるキャラがあるのですね。近所に配ろうと思い、おおふなトンの卵せんべいを買いました。)、盛駅までのバスの中や、盛から釜石囲までの囲碁列車の中で食べました。

盛から釜石経由で新花巻まで2時間40分。新花巻から東京まで東北新幹線で2時間46分。
釜石から新花巻までの電車では、視覚障害の柿島さんと塩田さん 対 私と関口さん(囲碁がすごく強い女性!リアスホールでは教えて頂きました)でペア囲碁をすることとなり、緊張しました。でも、楽しかった~。

さらに新幹線の中では、元アマ本因坊の村上深さんとお話することができました。 つづく

私の近況・・・

今月の講演会(6月17日)資料が、先月末にやっと仕上がって送り、今は原稿(『ノーマライゼーション』7月号向け)の校正中。なかなか制限字数内に収まらず、苦労しています。

講演資料作成にあたり、コウジ村の方々にメールし、近況を伺いました。お返事がない方も沢山ですが、大体の感じがつかめました。
それによりますと、コウジ村村民80名のうち、就労している人が28名、休職中の人が7名、就活中の人が2名、就労移行型支援の人が1名、就労継続支援B型の人が9名、デイサービス通所中の人が7名、リハビリ中の人が4名、ほぼ自宅の人が4名、定年退職された人が3名、施設等入所中の人が7名、入院中の人がは2名、不明が名、亡くなられた方が4名、死別や離婚でコウジ村を辞められたかたが3名・・・ (重複がありますので、合計は合いません。)

私の夫コウジさんが障害者枠で就労しているので、とかく就労中の高次脳機能障害者のことに頭が行きますが、こうして見ますと、就労されていない人の方がずっと多いです。また、就労されたと思った方が、色々事情があってやめられ、休職中となったり再び就活中となるケースも目立ちます。

講演会が終わりましたら、このあたりのことを書きたいと思います。今は、囲碁祭りの話を書かないと、どんどん古い話になってしまいますので・・・。

4日は大森で、「囲碁・高次脳機能障害の会(プロジェクトと書くとなんだかとても立派なので、単に”会”とします。)」がありました。今回は受付係りのため9時までに会場へ着かなくてはいけなかったので、早起きして早め早めに準備していました。
するとコウジさんがせかせかと焦り出し、「もう先に駅へ行ってるよ!」と家を飛び出してしまいました。駅まで1人で行けるのはいいけれど、ちゃんと確認しないと別の駅へ行ってしまうことがあるので、そこは私がしっかり「○○駅だよ。」、と伝えてあります。

でもそのせっかちなコウジさんのせいで、予定より早めの電車に乗ることになり、そのあとのバスの乗り継ぎも良く、あれよあれよという間に、なんと8時ちょっと過ぎには会場(障害者総合サポートセンター)に着いてしまいました。8時半にならないと扉が開かないので、仕方なく扉の外で「囲碁クエスト」をやっていました。

そして、8時半になって扉が開き、会場の5階に着くや否や、コウジさんは今度は「眠い。」と言い出し、控室の小部屋で寝てしまいました。その後も、「おなかすいた」と持参のパンを10時くらいに食べたり、また「眠い」と言ったりで、その日は集中力に著しく欠け、午後は参加しないで帰ってきてしまいました。私は参加するつもりだったのですが、ほかの人と話している私のところへ、コウジさんは私のバッグを持ってきて「帰ろう。」と言うんです。

たしかにその日は教えて下さるボランティアの先生が少なくて、初心者ばかりでした。コウジさんは教えて下さる人がいないと眠くなり(笑)、帰って寝たくなるようです。私がもう少し上達してコウジさんに教えられるようになればいいのですが、とてもとても・・・ まだその日になっても、着手禁止点があやふやになっていましたし。

その帰り道に、盲導犬のPちゃんを連れたKさんと一緒になり、途中まで色々話しながら帰ってきました。
私とコウジさんは先に電車を降りましたが、PちゃんはKさんの足元の扉側に座って、Kさんをしっかり守っていました。電車のドアが閉まってPちゃんの姿も見えなくなると、隣に立っているコウジさんが泣いているのに気づきました。忠実に仕事をするPちゃんのけなげな姿に、感動したようです。

実は私も胸が熱くなっていましたが、それはPちゃんのその姿と、目の見えないKさんが1人(+1匹)で行動されている勇敢な姿に、です。目が見えないと、怖くて外出も控えがちになりそうなのに、勿論安全には細心の注意をされながらも、外へ出て行かれる姿は、やはり尊敬します。

KさんとPちゃんは、大船渡の囲碁祭りにもいらしていたんですよ。
私は2月から始まった大森の会で、たまたま別室のパソコン教室に来られていたKさん(パソコンを教えられているそうです)とPちゃんを初めて見て以来、なにかと話しかけてきていました。目が見えない方のお手伝いをしたい、と前々から思っていたのと、犬が好きなのとで。

ですから、大船渡でKさんとPちゃんを見つけた時嬉しくて、またなんやかやと話しかけていました。Kさんは、あまりに私がPちゃんを気にするものだから、リードをはずして下さり(それは、仕事から解放する、という意味だそうなのでPちゃんは途端にはしゃぎだしました。)、私はPちゃんを抱きしめました。かわいかった~。Kさん、有難うございました。

同じく盲目のアマ4段柿島さんは、元アマ本因坊村上深さんと、「ブラインド碁」対決をされました。(前回のブログはここまで書いたのでしたね。)

村上さんは目隠しをしましたが、柿島さんも同じように目隠しされているのにはびっくり。たしかに柿島さんは盲目でいらっしゃるのに、時々本当は目が見えているのではないか?と思われるくらい、目がご不自由なのを感じさせない不思議な方です。信田成仁六段の軽妙な解説の中、緊迫したブラインド碁対決は、どっちが勝ったのかちょっと忘れてしまいましたが(私は写真を撮るのに夢中でした)、周りには日本や台湾の人だかりができ、大いに盛り上がりました。

その時やその日の様子については、「週刊碁 6月5日号」に載ったり、NHKおはよう日本の岩手放送と全国放送の両方で紹介されたり、最近ではNHKラジオ第一で放送されました。(6月5日から2週間は、ネットで聴けるようです。)http://www.nhk.or.jp/r1/journal/player/170605-4.html

その日最後は、木谷さん率いる「心の唄バンド」が名演奏を披露し、台湾の視覚障害学生さんやつきそいの方たちが、大喜びされているのを見ました。それに気づいた私は、囲碁にも音楽にも国境はなく、特に音楽は視覚障害者にとっては、大きな楽しみ、喜びになっているのでは?と思いました。 つづく



↑このページのトップヘ