満開となった桜があっという間に散ってしまったと思ったら、八重桜もさっと咲いてさっと散り、今やツツジと藤が咲いています。4月はこんなにも忙しく、花が咲いては散るものでしたっけ。ここのところウメとの散歩で通っていなかった、近くの中学校に沿った道路。久しぶりに今日通ると、植えられていた沢山のチューリップは、もう咲き終えていてがっかり。

暑さが大の苦手な私は、四季の中で冬が一番好きなのですが、春もなかなかいいものだ、という気に初めてなりました。なによりも、生命の輝き、喜びに溢れている。花も、虫も、鳥も、皆嬉しそうに見える。草むらにフンフン鼻を突っ込んでいたウメが、突然草むらから飛び立ったマルハナバチにびっくりして蜂を見送る姿がおかしくて、笑ってしまう。ツバメも飛んできて、せっせと巣作りを始めている。

つい心楽しくなる季節なのに、海外は不穏な動き。北朝鮮はミサイルを飛ばす用意ができている、なんて言っている。ええっ? いつから、世界はこんな恐ろしい状況になっていたのだ?
戦争はごめんだ。犠牲になるのは、一般市民、弱い子どもら、何も知らない生き物(動物、昆虫、鳥、魚・・・)たち。どうにか対話で、仲良くなってよ。

ブログを書けないまま、もう2週間近くたっていた。
実家で母の用事をしたり、健診結果を聞きに行ったり(乳がん健診結果は異状なし。子宮頸・体がん結果は、まだ聞きに行けていない)、講演打ち合わせに行ったり、囲碁教室に行ったり、親戚が遊びに来たり、すぐ日は経つ。

今月中に行かなくてはいけないのに、まだウメの狂犬病予防注射へ行けていないし。

そんな中、コウジ村の村民の方々へ、久しぶりにメーリングリストを送った。
今80名以上いる会員の、それぞれのプロフィールを眺めていた。
就労している人、していない人、もう定年退職の年齢を過ぎた人、休職中の人、亡くなられた人、離婚された人・・・色々だ。

就労している人の抱える問題は、夫を見ているから、まだわかりやすい。もちろん、1人1人状況は違うので、実際に聞き取りをしないと、夫にはない問題はわからない。

けれどもっとわからないのが、作業所や、デイサービスに通われている人たち、あるいは自宅に引きこもられている人たちの問題。

気になってきたけれど、その後詳しく聞いて調べてはいなかったので、最近の様子を知りたくて、メーリングリストを送ったのです。
ちょうど、6月にある講演会で、そういう方たちのことを話すことになったので。お返事待ってます。
講演については、また追ってお知らせします(日時は6月17日、場所は永田町です。でも交通事故被害に遭われた、障害の重い方に向けた話が主になります)。