日々コウジ中

日々コウジ中 - クモ膜下出血により、さまざまな脳の機能不全を抱える“高次脳機能障害”になったコウジさんを支える家族の泣き笑いの日々

2020年10月

今日の月は、十三夜、というそうです。

夕方ウメの散歩をしている時、空に大きな月がまぶしいほど輝いていたので、うっとり見上げていました。そうしたらそれが十三夜の月だというとを今知り、驚きました。初めて知りました。
毎年1回あるようで、今年は今日だったそうです。
十五夜と十三夜と、二つの名月があるんですね。十三夜は満月じゃないけれど。

それはともかく、今、急ぎのイラストを描いていて、全然ここへ来られていません。
あと数日でできあがる(予定)ので、できあがったらまたここへ来ますね。

それにしても東京都のコロナ感染者数は相変わらず3ケタなのに、Go To Travel、Go To Eat などに加え、今度は「もっとTokyo」なるものまで現れました。なんじゃそれ。

しかもどんどん完売になっているそうで、私が巣篭りしてイラスト描きしている間に、世の中はどこへ向かっているの?とびっくり。どれも私は恩恵に預かっていないし、それらに私が払っている税金が使われていると思うとあんまり良い気はしないし、使うなら福祉や教育や動物に使ってほしいし、コロナが広がる一方なんじゃないか、と冷や汗たらたらです。

そんな中、核兵器禁止条約の批准国が50に達したのは、良いニュースでした。来年1月22日に発効するそうです。でも唯一の被爆国である日本が、そこに入っていないって、おかしいでしょ。核兵器の怖さを多数の尊い命を犠牲にして、身をもって経験した日本なのだから、「もう核兵器はごめんです!」と一番乗りで署名すべきなのに。

ほかにも色々書きたいことはありますが、間に合わなくなるのでまたイラスト描きに戻ります。


江戸川区で12月に講演会がありますので、お知らせします。

●令和2年度江戸川区高次脳機能障害者支援事業普及啓発講演会
「高次脳機能障害と共に生きる、あなたと共に生きる」
日時: 2020年12月13日(日) 13時~15時半(12時半開場)
場所: タワーホール船堀小ホール(100名)or オンライン参加(150名)
 
13時~ 基調講演 鈴木大介氏
14時半~ トークセッション『この時代を生きる』 柳浩太郎氏 × GOMA氏 × 鈴木大介氏 × 私(柴本礼)

参加費:無料
主催:江戸川区、特定非営利活動法人東京ソテリア

★お申し込み方法 → 事前予約が必要です。
江戸川区在住在勤の方は11月15日から、それ以外の方は11月19日から、チラシについているQRコード あるいは 東京ソテリアさんの申込みフォームからお申し込み下さい。 https://soteria.jp/a/4425

お問い合わせ:地域活動支援センターはるえ野(mail: info@soteria.jp    tel:03-5664-6070   担当は長谷川さん)

●今のところ鈴木大介さんだけが会場でご登壇され、柳さんとGOMAさんと私はリモート出演の予定になっていますが、今後のコロナの感染拡大の状況によっては、全てリモート出演になる可能性もあるそうです。

●当日、画面に写るのは講師のみで、ミュートやビデオは一斉OFFになるような配信方法の予定だそうです。

●また、トークセッションが45分、質疑応答は15分の予定で、質疑は会場客にはマイクで、オンライン客にはチャットからしていただくそうです。(オンラインの方の音声やカメラは入りません。)

以上、申し訳ありませんがまだ未定の話で、変更もありえます。来月の打ち合わせで詳細が決まりましたら、またここでお知らせします。

是非江戸川区在住在勤の方は11月15日から、それ以外の方は11月19日からふるってお申し込み下さい。

私もこの有名な3人の当事者の方のことは、お名前こそ存じ上げていたものの、お話したことは勿論、お会いしたこともありません。コロナがなければ、このようなイベントは企画されなかったのでは、と思いますが、コロナに負けず素敵な企画をして下さったソテリアさん、江戸川区さん、有難うございます。

またこのイベントについては、随時お知らせしていこうと思います。

ではまた。

お知らせが2つありますが、まずは1つ。
目前に迫っていますが、今週土曜日にTKK(東京高次脳機能障害協議会)主催勉強会があります。

●TKK主催勉強会
●日時:10月24日(土)15:30〜18:00
場所:港区高輪区民センター 集会室(1F)(港区高輪1-16-25 高輪コミュニティーぷらざ内)
(地図,アクセス https://bb-building.net/tokyo/deta/1126.html
●参加費:無料
●募集人数:あと15人。
●お申込方法:細見 みゑさん 宛にメールにてお申込みください。

<プログラムとスケジュール>
*講演(1):15:30〜16:15(質疑応答含む)
テーマ:サンバイオ株式会社の事業内容 
<参考> https://www.sanbio.com/about/overview/
再生細胞医薬品の開発・製造・販売事業
講師:滝澤 圭史氏(サンバイオ(株)社員)

*休憩:16:15〜16:30

*講演(2):16:30~17:45又は18:00(質疑応答を含む)
テーマ:「高次脳機能障害者支援法(仮称)」制定に向けて
講師:小島 秀人氏(調布市福祉健康部障害福祉課主任)

ご興味のある方は、是非お申し込みください。
ご参加の方は、マスク着用、手指消毒のご協力をお願いします。
広い会場なのですが、コロナ禍の関係で、全体人数制限のため、定員になり次第、締め切ります。

高次脳機能障害者を支援していくには、やはり法律があった方が良いという考えは以前からありましたが、まずは法制定に向けて基本的な勉強をする必要があります。

実は2018年に、千代田区内幸町の日本記者クラブで、議員の方がたをお招きし、支援法のシンポジウムが開かれました。東京だけでなく、全国の多くの方が質問されていましたが、TKKのある理事の印象では、当事者家族としての意見にまとまりがないように思えたそうです。

そこで来る10月24日は、支援法が成立することで、当事者と家族にどういう変化があらわれるかを理解していただこうという勉強会です。
「支援法成立には、医療関係者、議員の方がた、学識経験者、高次脳機能障害に関わっておられる皆さまとの連携が必要ですが、その中でも、当事者とその家族からの声こそが、響くもの、訴えかけるものではないでしょうか。」というその理事のお考えに、私も賛成です。

当事者や家族、関係者、支援者で話し合っていくための、絶好の機会です。
是非ご参加ください。

もう1つのお知らせは、今晩書きます。
今、急ぎのイラスト仕事にとりかかっていて、昼間の方が目が疲れなくていいので、そちらをやっています。

ではまた夜に!

あさっての10月18日の日曜日、TKK主催「医療及び家族相談会」がありますが、キャンセルが出ましたので、あと2組の方のご相談が可能です。
もしご相談されたい方がいらしたら、都内在住でなくても構いません、どうぞお申し込みください。

http://www.brain-tkk.com/index/show_information.php?boardAct=view&readNum=237
→ このページを開くと、右上にチラシをダウンロードできる場所がありますので、そこをクリックされると相談会の詳細がわかります。

日時:10月18日(日)①13時半~14時半 ②15時半~16時半
場所:東京都心身障害者福祉センター  東京都飯田橋庁舎12階高次脳機能障害支援室(研修室) (東京都新宿区神楽河岸1-1セントラルプラザ12階)

お申込・お問合せ (担当:細見さん)E-mail:mie_hosomi@jcom.zaq.ne.jp mobile:080-3483-8955よ
※このブログのコメント欄にお申し込みされても良いです。

<主催>NPO法人 東京高次脳機能障害協議会(TKK)

<協力>東京慈恵会医科大学附属第三病院
       東京都心身障害者福祉センター

日が迫ってのお知らせで、申し訳ありません。
ご希望される方は、是非お申し込み下さいますよう、お願いします。

11月1日(日)に、長谷川幹先生の講演会がありますので、お知らせします。

港区 高次脳機能障害理解促進事業 講演会 
日時:11月1日(日)13時半~15時半
場所:港区立障害保健福祉センター 6階 多目的体育室

内容:「地域で支える包括支援のあり方 〜高次脳機能障害にとって主体性がカギ〜」
    長谷川 幹氏(三軒茶屋内科リハビリテーションクリニック院長)
対象者:当事者や家族・支援者・関心のある方:先着50名
主催:港区
お申込み:電話又はFAXで。TEL:03-5472-3710(みなとコール) FAX:03-5439-2514(港区立障害保健福祉センター)
お申込み期間:10月5日(月)〜10月29日(木)午前9時〜午後5時(10月5日のみ午後2時から)
お問合先:港区立障害保健福祉センター高次脳機能障害講演会担当 TEL:03-5439-2511 (注)申し込み先と異なります

詳しくは: :http://www.brain-tkk.com/index/show_information.php?boardAct=view&readNum=239

なんだか急に寒くなってきました。
油断して風邪ひかないよう、気をつけましょう。

↑このページのトップヘ