明日は、江東区で講演です。
場所は、東陽町にある、江東区教育センター、時間は14時~16時です。

明日の午前は石倉先生の囲碁教室がありますが(毎週土曜日の午前です)、講演の日なので最初から休むつもりでしたが、やはり行こうかな、と迷いが出ていました。行って囲碁をしますと、「普段使っていない頭の部分を使っている感じ」がし、「頭が鍛えられている感じ」がし、それが快感であり、とても楽しいのです。

だったら、普段家にいる時だって、囲碁を打っていればいいのですが、これが1人だとなかなか・・・(笑)。
あれこれ注意散漫になったり、家事や犬の散歩で中断し、とても落ち着いて囲碁を打てません。

囲碁教室へ行き、決まった2時間の間集中して、周りも囲碁の熱気でムンムンの空気の中、時々周りとおしゃべりしながら、わからない時はすぐ優しい先生に聞ける、これがいいんです。(初心者教室です。)

でも、頭を相当使う(多分1週間で一番、頭を使う2時間です)ので、頭がヘトヘトになり、その頭で講演へ行ったらきっといつものように話せません。なので、明日はやはり囲碁教室はお休みします。

と、こう決心するのに、今の今まで悩んでいたので、いつの間にか私は囲碁が好きになっていたんだなあ、と改めて思いました。まだまだ20級?ですが。わはは。

今日は、誕生日でした。
何歳か、別に隠す必要はありませんので申しますと、ゴー!ゴー! レッツゴー!です。はい、55です。
今年はゴー、ゴー、前進の年、と思って頑張りマス。

また、今日はなぜかいきなり市ヶ谷の日本棋院に行きました。行ったのは、初めてです。

木谷さんが大船渡で行われる囲碁まつり(5月12~14日)のチラシを配られるというので、ちょうど日中の数時間は時間がありましたから、お手伝いに行ったのでした。

市ヶ谷駅で降りたのは初めてで、手書きの地図を持って行ったのに、その手書きが汚すぎて読めないのと(笑)、駅の周りがビルや大きな道路ばかりで方向感覚がつかめず、日本棋院の場所がわからなくて右往左往、ようやく辿りつきました。大通りの両脇の桜は5分咲きくらいで、きれいでした。

この日本棋院には、亡き父(アマチュア8段)も、母もよく来ていたそうなので、感慨深いものがありました。
時間が早かったので、地下の囲碁殿堂資料館を少し見てからロビーに戻り、木谷さんやいつも大森の囲碁の会で教えて下さる中里さん、そしてプロ棋士九段の王銘琬先生らと合流し、2階の関東甲信越静地区支部代表者懇談会、という会場で、チラシを配って回り、席に着きました。

全国には、北は北海道、南は沖縄まですべての都道府県に支部があり、1つの都道府県の中にもいくつか支部があるんですね。

・・・あれ、もう今日が終わってしまうので、話の途中ですが、ここで投稿します。いきなりですみません。またここでの話は、後日書きます。

それでは、明日江東区講演でお会いできるのを、楽しみにしています!
宜しくお願いします。