獣医さんから、ウメの散歩はワンブロックくらいに、と言われているんです。

 せいぜい、オシッコのための近距離、と (まるっきりさせないのも、心臓機能を悪くさせるらしいです)。

 ところが今日、退院後初めてコウジさんに散歩を任せたところ、いくら待っても帰って来ないんです。

 私はちゃんと、「お腹の傷が開いちゃうから、近くの公園まで行ったら、すぐ帰ってきてね。」 と言ったのですが。

 でも、洗濯し (また洗濯機が数日前から動かないので、手洗い。 買う時間もなく。)、カメの水替えを終えても帰って来ないので、何かあったのではないか、と心配になってきた私は、自転車で探しに出ました。

 けれど、どこにも姿が見当たらないので、期待しながら一旦帰宅したところ、やはりまだ帰ってないので、ウメが心配でたまらず、コウジさんに腹がたってきました。

 せっかく治ってきたのに、こんなに歩かせたら悪化してしまう。

 あるいは、ウメが疲れて動けなくなったのを、待ってるのか。

 はたまた、抱っこして帰ってくる途中か。

 又探しに出てから、もう一度家に戻りましたが、まだ帰っていない。

 狂ったように探し回っている私を見かねたワッチが、2人 (1人+1匹) が戻ってきたら、私の携帯に電話をくれる、と言うので、電話が鳴るまでは、と必死にあちこち自転車を走らせ探しました。

 その時の私の脳裏には、首輪から頭を抜いたウメが、おなかを舐めてしまって糸を切り、内臓が出てしまっている光景や、走り回って車や電車にぶつかって血だらけで死んでしまっている光景、それを見たコウジさんが地面に伏せて泣き叫んでいる光景・・・ そんな光景が次々浮かび、涙が出てきました。

 コウジさんを信頼して、任せなければ良かった!

 猛烈な自責の念にかられ、歩いて5分の公園だから、と携帯を持たせなかった自分の迂闊さを呪いました。

 踏切を渡りながら、血だらけの犬が横たわっていないことを確認して、安堵。

 そして、どこかで犬が轢かれて、人々が大騒ぎしているような不穏な空気が漂っていないか、自分の内なる動物的勘 (そんなものがあるかは不明ながら、)を引き出すべく、意識を集中したり。

 視界の中に2人の姿が少しでも入らないか、やみくもに自転車を走らせながら、キョロキョロ首を回していたり。

 そうして取り乱している時に、ワッチから電話が。

 「帰ってきたよ。 無事だよ。」

 (ああ、良かった!) と嬉しさと怒りを胸に、急いで帰宅すると、家の前で隣家の人々がちょうどお出かけのところに遭遇。

 かたやお出かけできれいに装った、落ち着いた人々。? かたや化粧なしの怒髪でパニクったおばさん。

 パニクりながら、ウメが1時間半もアホコウジに連れ回されたことを嘆きながら説明し、はっと今はそんな場合ではない、と我に返って、家に飛び込みました。

 ウメはさすがに疲れたのか、そのあと1日寝ていました。

 明日はまた様子見せに病院です。

 いつも自分に原因がないとはいえず、やたらに疲れる年末です。