今日は秀樹さんの告別式が、11時からでしたね。

実は私は昨晩も今朝も、「やっぱり行きたいな。行こうかな。」と悩んでいました。
朝はネットで昨日のお通夜の様子を読み、コウジさんにも読んで聞かせ、泣いていました。

でも、今日は囲碁教室がありましたので、涙を拭いてやはりそちらへ行くことにしました。

なぜなら、先週から対局が始まったので、私の対局者を、今日もきっと先生方で選んで下さっていると思ったからです。秀樹もリハビリを頑張ったように、私も今日は囲碁を頑張ってこようと思いました。

囲碁教室では時計が気になり、11時になった時、(今頃秀樹の告別式が始まったな。)と思いました。
窓ガラスの外に目をやり、(雨も降らず、良かったな。)と思いました。

対局は、勝ちました。昇級したので、(来て良かった!)と思いました。

建物の外に出て空を見上げると、薄曇りでした。(秀樹さんの曲、「ブルースカイブルー」の歌詞のように、告別式は青空じゃなかったんだな。)と思いました。

秀樹さんを追悼する番組では、「ヤングマン」ばかり出てきますが、私は「ヤングマン」や「ギャランドゥ」などよりも、「ラストシーン」「ブルースカイブルー」「遥かなる恋人へ」などのバラード調の曲の方が好きです。
いえ、秀樹さんが歌う歌ならなんでも好きですけれど、特に「ラストシーン」と「ブルースカイブルー」は大好きな2曲です。

帰宅してテレビで告別式の様子が映りましたが、大勢のファン(1万人とのこと)が行かれて下さったようで有難く、安心しました。私も本当だったらあの中にいたかったので、いたことにしました。

私が1日中秀樹さんの話をコウジさんにし、「ああしたら亡くならなかったのでは。」「こうしたら良かったのでは。」など、諦めきれずにくどくど言うからでしょうか、コウジさんが「僕が病気になった時、こんなに心配しなかったんじゃないの?」と怒ったように言ったので驚きました。

「あなたが倒れた時だって、一所懸命調べたり考えたりしたわよ。」と言うと、「そう?」とほっとした顔をしていましたけど、あの頃の嵐のような日々は、もう思い出すのさえも勘弁、というくらい大変なものでしたよ。

それにしても、秀樹さんは、2回目の脳梗塞後すぐの頃よりも、最近の方が調子が悪そうに、亡くなられた後色々な画像を拝見していて思いました。

私が秀樹さんをまぢか(4、5メートル)で拝見した2012年9月30日の秀樹さんの講演会では、秀樹さんは2回目の脳梗塞後でしたが、今よりお元気そうに見えました。なにかほかにご病気をお持ちだったのでしょうか・・・。

まだまだ秀樹さんが亡くなられたショックから立ち直れそうにありませんが、とりあえずは来月届く秀樹さんのCDとDVDセットを楽しみに待っているところです。