今日は、鳥取での話や、鳥取に私が行っている間、父をショートステイに預けた話をを書こうと思っていました。

 

けれど思いがけないことになったので、急遽変更します  (父の話はもう書かなくていいかな、と思いましたが)。

 

意外と、父は2泊3日のショートステイを気に入り (職員の方々が一生懸命父の世話をして下さったので。 有り難いです。) ましたが、部屋で転倒したそうです。

 

でも頭を打たなかったようですし、私の家でも転倒して歩行器に右脇と右腕を強打していますから、それに比べれば大したケガではありませんでした  (父は右に体が傾いているので、右に転びます)。

 

ショートステイの翌日は、機能訓練のリハビリに送迎で行きました。

3時間みっちり運動し、くたびれながらも、楽しみに頑張っていました。

 

夜はコウジさんと晩酌し、お刺身やとろろ芋、ハンバーグなど沢山食べて元気に寝ました。  (今日は調子良かったな。) 、と私も安心して寝ました。

 

ここ2~3日、父は夜間のオシッコ回数も減り  (猛暑も終わり、水分摂取量も減りましたし)、ベッドにも時間かければどうにか上れるので、大丈夫かな? と私は自分のベッドで寝ていました。 そうしないと私は寝不足で、疲れて仕方ないので。

 

ところが今朝5時過ぎ、嫌な夢を見てなんだか胸騒ぎがし、慌てて父の様子を見に行くと、父はベッドに上半身乗せ、下半身は床でもがいていました。

 

手が大きく震え、息が早く、汗をかいていたので、危険を感じて救急車を呼びました。

 

コウジさんも起こしました。

 

救急車が到着するまでの時間の、なんと長く感じられたことか。

何度も、家の外を見に行きました。

 

その間も父はどんどん呼吸が荒くなり、背中や胸を痛がるようになり、足は硬直し、(このままでは死んでしまう!) と動転していた時、やっと救急車が到着。

 

隊員さんらが父に声かけしたり、機械で何やら調べたり、酸素マスクを装着したり、私に質問したり・・・ 、受け入れてくれる病院を探してくれ、そこに搬送されました。 (搬送時、血中酸素濃度は78とか80台で、熱は39度でした。)

 

病院到着は、午前6時頃。 それから夕方の6時過ぎまで病院にいて、私はやっと帰ってきました (途中、慌てて救急車に乗ったためお財布を忘れ、タクシーで帰宅したり、父の服や持っている薬全部、洗面道具などを取りに戻ったりしました。 車で15分のところなので、近くて助かります。)

 

今日は祭日のため、明日主治医が決まって詳しい説明を受けますが、肺炎だそうです。

 

肺炎?

なんでそんなものになるのでしょう。 ネットで 「肺炎」 を調べなくては。

 

でも肺炎で入院となると、ここのところずっとコンタクトしていた老健さんや有料老人ホームは、どうなるのかな。

本当だったらあさって、主治医のいる大学病院で診察を受け、老健さんに提出する書類を書いて頂く予定でした。

 

もう今日は朝からずっと忙しく疲れましたので、寝ます。

父も落ち着いてきて、良かったです。

救急医療は、本当に有り難いです。