入院3日目だった昨日、朝はウメの抜糸に病院へ行ってました。

本当はもっと早く行くはずが、大雨やら父入院やらで予定より3日遅くなり。

でも特に糸が皮膚にめり込むこともなく、きれいに傷がふさがり、ウメはまた元気いっぱいで散歩に精を出しています (昨日夕方も1時間)。

 

ついでに子猫のハルちゃんの近況ですが、こちらも元気いっぱいで、いつの間にか子猫ではなくなっていました。

子猫用の餌では足りないな、とようやく最近気づいて、成猫餌に替えました。

いたずらばかりで、家族全員、ハルちゃんにつけられた傷だらけの体です。 甘ったれでとてもかわいく、ウメといつも一緒です。

 

昨日は抜糸から帰ると、すぐ病院へ。

昼食介助をしたくて、12時前に着きました。

 

部屋に入って目にしたのは、オムツ姿でベッド上で半身起こして何やら慌てた様子の父の姿 (なんで、ズボンはいていないのかな。 着替えは置いてあるのだけど。とちょっと疑問。)

 

「何やってるの?」 と声をかけると、「ああ! どこへ行ったかと思って。」 と喜ぶ父。

 

「ええ? どこへ行ったかって、今来たばかりだよ。 昨日とごっちゃになっちゃってるのかな?」 と言ってると、昼食が運ばれてきました。

 

看護士さんに私が介助しますと伝えると、喜んでいらっしゃいましたが、父は (その看護士さんかは不明ですが)、ひそひそと私に色々つげ口すること、すること。

 

朝食もどんどん口に詰め込むこと。 薬はいつもゆっくり1錠ずつ飲む自分なのに (うまく飲めないから)、4錠ずつ飲ませられること。 おしっこはずっとオムツにためさせられていること (まめに替えてくれない)。 食事がまずいこと。

 

たしかに食事は刻み食とはいえ、みなペースト状。

仕方ないけど、父は一口食べて顔をしかめて、「もういらない。」と。

 

私が持ってきたバナナやヨーグルト、ドーナツをむせないよう食べさせましたが、(これでは入院中に痩せてしまうな。)、と心配になりました。

 

私が見かねて父のオムツを変えると、男性用尿とりパッドの使い方がわかりません (病院にはこれしか売ってなくて)。

 

下手に装着して漏らしたら大変なので、困って看護士さんを呼びに行くと、両手に何か持ったまま病室に来た彼女は、私の後ろから指図します。

 

私がわからなくて四苦八苦していても、「違う、そこをこうしてああして」、とイライラした口出しだけなので、いくら忙しいと言ってもあんまりだとムカッとした私。

 

どうにか装着できて一安心しましたが、こんな忙しくて優しくない看護士さんだと、父も可哀想だな、と思いました。

 

また、その看護士さんの話では、父は昨夜ベッドの柵を外して降りようとしたそうです。

転落したら大変なので、ベルトで固定したそうですが、なんで父は言ってもわからないのだろう?

高齢者が入院すると、こうなるみたいです。

とにかく固定ベルトでも大きな手袋でも、何でもしてもらって安全でいてもらわないと。

 

ところで昨日の帰りに父の携帯の充電器を買って、父に充電した携帯を渡しました。

 

父と母は同じ種類の携帯で、充電器は1つだそう。

今横浜で入院中の母が充電器を持っているため、父はこの1ヶ月以上携帯を使えませんでした。

私に充電器を買ってくれ、と頼まれましたが、固定電話や私の携帯を使えばいいので、買ってませんでした。

 

ところが父も入院したため、初めて充電できた携帯に父は大喜びし、早速母に電話 (私がかけた)。

 

生き生きと話す父を見て、もっと早く買ってあげるべきだった、と反省するとともに、気になっていることを質問してみました。

 

つまり、病室の外に実家の庭が見えたという父は、3ヶ月老健でリハビリするより、本当は自宅でヘルパーさんに助けてもらいながら、近所のリハビリに通うか、訪問リハビリ (ついでに訪問医療・看護) を望んでいるのでは?と。

(父は、狭い我が家での生活は、嫌だと申しています。 どこに歩行器で行こうとしても、あちこちにぶつかりますし、犬や猫が飛び出しますし。)

 

案の定父は、「できたらそうしたいねえ。」 と答えました。

ただ、そうなった場合、母が疲れないよう、おしっこは今みたいに一晩中貯めてトイレに行かないようにするし (替えなかった看護士さんありがとう!)、何でもサービスに頼るようにすると。  それでも母に迷惑をかけたくないので、母が希望しないなら、老健でいいと。

 

夜母にそのことを話すと、母も父が可哀想になっていて、「それがいいかもね、私は早く退院しなくちゃ。」、と言ってました。

ふむ、どうするかまたゆっくり考えてみたいです。  いずれにしても、80歳の父と78歳の母が、今後ずっと2人で暮らしていけるわけはなく、私がなんらかの形で介入しなくてはならないと思っています。

 

今日は夕方4時から医師と退院に向けての話があるので、父には3時前に行くと手紙書いてきました (口だけだと心配なので)。  それまで、たまっている家事や仕事や用事を済ませないと。

 

今日の看護士さん、父に朝食昼食服薬をゆっくりやってくれますように。 頼みます。

 

そう言えば、昨日帰りがけにやってきた同じ看護士さんは、私が帰り支度しているのを見て、「え!今から点滴しようと思っていたのに!」 と焦っていました。

 

意味がわからなかったのですが、点滴を抜いてしまう父を見ていてほしかったそう。

 

「うわ、あと1時間もいられないですよ。 私も仕事ありますし、子ども帰ってきますし、用事も沢山あって。」、と困ると、慌てて点滴を始め、かと思うと、「もっと (点滴の) スピード早くしよう。」、「もっと早くしよう。」 と調整していました。

 

大丈夫かしら? 私が帰ったあと、父が具合悪くなっていないか、すごく心配でした。

看護師さんて、こんなに忙しいものなの? 人が足りないなら、看護師さんも気の毒ですし、どうにかならないものでしょうか。

 

ところで私は在宅仕事だから自由はききますが、普通に勤めている人は、こんなに次々くる介護用事に、どう対応しているのでしょう。

 

あるいは海外勤務で海外にいる人は?

 

皆さん、いわゆる 「介護離職」 をしなくてはならないのだとしたら、やはりそれはゆゆしき問題です。

 

父の入院によって、介護には色々な問題があることを知りつつあります。