「え~わの会」の松永さんから、ご連絡を頂きました。

「高次脳機能障害の方々が、社会参加できる環境をつくりたい。」と、8月29日に始めたクラウド・ファンディングは、30万円を目標にしていましたが、なかなかご支援が集まらないうちに、あと5日を残すのみとなったそうです。

私も毎日気にしてチェックしていましたが、難しいものだなあ、と達成できるか心配しています。

どうぞ、皆さま今一度お願いします。お力をお貸しください。

https://readyfor.jp/projects/e-wa

(私の8月29日と、9月11日のブログもご参考ください。)

昨日夕方からは、木谷正道さんを中心とした会合が都内で催され、私も参加してきました。
午前中は石倉先生教室でしたので、私としてはちょっとハードスケジュールでしたけれど、大事な会だと思いましたので、出かけていきました。コウジさんはお留守番ばかりで寂しそうでしたけれど、たまには仕方ありません。でも、CDをかけたりテレビを見たり、のんびりできたようです。

会合では、主に大船渡の碁石海岸での囲碁まつりについて話し合われました。、私は2回発言しただけで大体聞く側でしたが、色々な分野の方が集まられ、とてもエキサイティングで楽しい会でした。

王銘琬九段や信田成仁六段、小川誠子六段、村上深元アマ本因坊で2018年世界アマ選手権日本代表、といった囲碁界の方々。
浅野史郎さんは、元宮城県知事でいらっしゃいますが、木谷さんの東大時代の同級生だとか。ご冗談が面白くて、笑い通しでした。
この囲碁まつりの発起人である、石鍋博子さん(ワンピースクラブ代表)にも、2月の静岡での世界囲碁まつり以来7か月ぶりにお会いしました。いつもお着物姿で、素敵です。

視覚障害でアマ4段の柿島光晴さんにも会えました。
柿島さんは、降りた駅のホームで見かけたので、すぐ駆け寄り、「柿島さん、柴本ですよ。」とお声かけしました。柿島さんは目がご不自由なのに、1人でどこへでも行けるスゴイ方です。今回の会場の場所も頭に入っていて、私は柿島さんに自分の肩につかまってもらいながらも、「道路を渡ったら右です。」「ここの信号を渡ったら道なりに歩いていくと、左が会場です。」など、柿島さんに教わりながら無事会場に着くことができました。

そのほか、よくお会いする心の唄バンドのメンバーや、囲碁まつりのスタッフの方々、そして新しく「人工海底山脈研究所」からいらした方々ともお会いしました。
この「人工海底山脈」とは、先日の「首都防災ウイーク」で初めて知ったのですが、これから予想される首都直下型地震で出る大量のがれきの処理場所を海底に求め、そこに山脈を作ると魚が沢山やってくる、という一石二鳥の構想です。 これについては、また改めて書こうと思います。

今日は、コウジさんとウメと、多摩川河川敷へ行ってきました。台風を乗り越えた奇跡の猫、ニコちゃんのことを、最近苛めるハスキー犬連れのカップルがいるというので、現場の様子を見てきたのです。
苛めるどころか、場合によっては噛み殺されてしまう危険もあるので、1日でも早く急がなくちゃ、と思っていました。

ところが今日は汗ばむほどの陽気の良さで、しかも三連休ですから、河川敷はスポーツをする人、バーベキューをする人、サイクリングをする人、その他何が何だかわからないくらいの混雑でした。

自転車をよけながら、ボールをよけながら、バーベキューのいい香りの中を、いつもと違う散歩コースに嬉しくてたまらず飛び跳ねるウメのリードをしっかり握りしめながら、ニコちゃんはどこにいるの?と探して歩きました。でも、こんな騒がしい人出の中、いるわけありません(笑)。絶対、どこかで息をひそめて、ひっそり隠れているのですから。

そういうわけで、暑さにさすがにへばってきた私は、小西さん(多摩川猫とホームレスさんのお世話を1年365日されている写真家)に連絡を取りながら、ようやく多分このあたりだろうという場所まで辿り着くことができました。そこも人が多かったのですが、コウジさんと「ニコちゃ~ん!」「ニコちゃんのおじさ~ん!」と呼んでみました。

コウジさんは、私に連れられて、重い猫餌などを肩にかけてやってきた上に、大声でニコちゃんのおじさんに呼びかけてくれるんです。優しい人だなあ、と涙が出るくらい嬉しくなりました。 以前は、娘のワッチも一緒に猫餌を運んでくれたことがありました。(今日ワッチは、出かけています。) 猫好き家族なので、多摩川の猫たちのことも、心配なんです。

結局ニコちゃんのおじさんもどこかへ行かれているようだったので、目立たないところに手紙と一緒に支援物資を置いて帰ってきました。 あとで小西さんがそこへ行かれて、無事ニコちゃんのおじさんに届いたという連絡を下さったので、ほっとしました。

帰りは、荷物がなくなって軽くなったので元気よくなったコウジさんと、もう十分河川敷を満喫して満足気なウメと一緒に、車を止めた住宅地まで戻りました。 皆さん、河川敷の駐車場に止めていたので、今度はそこに止めようと思います。
コウジさんは普段こんなに歩かないので、いい運動になった、と喜んでいましたから、また行こうと思います。コウジさんもウメも、沢山歩いたので、よほど疲れたらしく、帰宅すると寝ていました。私も同じなんですけど、眠くはなかったので、やっぱり高次脳機能障害の人って、疲れやすいんだな、とわかります。

今日はうろこ雲が出ていましたので、(秋になったなあ。)と嬉しい半面、(また1年がそろそろ終わってしまう。)という焦りを感じました。

とにかく段々涼しくなり、これから頭も体も動かし易くなる季節です。
実りの秋にしましょう!