神奈川新聞2019.4.16


遅くなりましたが、先週4月16日(火)に、神奈川新聞に掲載された「認知機能維持向上で注目の囲碁<中>」を添付します。

ここでは、東京都健康長寿医療センター研究所の飯塚あい医師らが行った研究で、囲碁には「注意機能、ワーキングメモリ(作業記憶)を維持・向上させる可能性がある」ことがわかり、それが最近国際的な学術誌に掲載されたことが書かれてあります。

ほかのゲーム、将棋やマージャンとの違いについては、「駒ごとに動きが違う将棋や、多くの役を覚える必要があるマージャンは難易度が高いが、囲碁は認知機能に応じて、石取りゲームなどの簡単なゲームから、対戦や詰碁、手筋の勉強など高いレベルまで楽しめる」と記事で説明されています。囲碁は難しそうですが、最初から19路盤でやるとなると、たしかにどこに石を置いたらいいか、躊躇しますよね。

・・・ここで質問です。皆さんは、囲碁は19路盤(19×19)だけしか使わない、と思ってらっしゃいませんか?
実は囲碁の碁盤には、入門者向けに6路盤や9路盤などもあるんですよ。
私は9路盤が好きで、無料で楽しめるネットゲームの「囲碁クエスト」では、専ら9路盤で対局しています。石倉先生教室では9級の私も、「囲碁クエスト」の9路盤では7級。えっへん!(なんて、威張れる棋力では全然ありませんが。) 

家事の合間、ちょっと気分転換したい時など、アイパッドを手に取って、1局でも「囲碁クエスト」をやる癖がついています。今日は5局やって、4勝1敗。持ち時間はたったの3分なので、気軽にリフレッシュできてお勧めです。

飯塚先生は、「地域で囲碁をすることによって、社会的交流が期待できる、と話されていますが、まさに大森のさぽーとぴあ(大田区立障がい者総合サポートセンター)で毎月第1日曜日に行われている、「高次異能機能障害と囲碁&心の唄」の集いもそうですよ。

高次脳機能障害者だけでなく、難病の人、視覚障害の人、聴覚障害の人、身体障害の人、そして普通の健常者の方が老若男女集まって、楽しく囲碁をしたり、心の唄バンドの歌や演奏を聴いたりしています(なんて贅沢なひととき!)。

私とコウジさんがこの会に参加し続けている理由は、何も囲碁をして脳を使うことだけが目的ではありません。どちらかというと、色々な人と会って話したり、笑ったり、歌を聴いたりしてみんなと一緒に時を過ごすことが楽しいのです。これからの社会は、「繋がり」が大事だと思います。囲碁を通して、人と繋がりましょう!

次回は5月5日です。ご興味のある方、参加されたい方は、是非コメント欄でご連絡下さい。

今日は、プロ入りした10歳の仲邑菫ちゃん(初段)が、初めての対局試合をしましたね。
惜しくも負けましたが、相手の大森らん初段も16歳。みんな若いなあ!
でも現役最高齢の杉内寿子八段は、なんと91歳!ですが、未だに若い棋士を打ち負かしていらっしゃるんですよ。何歳になっても囲碁を楽しめますので、皆さんも、今からでも遅くはありません。是非やりましょ~!世界が広がり、脳も鍛えられること間違いなし!

※明日の神奈川新聞には、私とコウジさんも取材された記事が載ります!是非お読み下さいね!