あと2時間半ほどで、元号が令和になります。

平成最後の今日は、コウジさんの受診の日でした。
予約を入れた時は気づきませんでしたが、「平成最後の日に、何したっけ?」とあとでコウジさんと思い出す時があったら、「玉川病院で和田先生の受診だったね。」とすぐ浮かぶことでしょう。

保険証や診察券、お金、先生にいつもこちらの勝手でお渡ししている最近のコウジさんの状況報告を書いて印刷したもの、最近私が載った新聞記事や関係するイベントのチラシ、コウジさんの着ていく服まで私が準備して、車で病院へ送り、受診も付き添い、帰ってくると、コウジさんはそのままリビングでテレビを見ています。

私は、保険証や診察券をしまい、もらってきた薬がそのまま玄関なのをリビングまで運ぶと、テレビを見ているコウジさんに文句を言いました。「自分の薬くらい、自分で持ってきなさいよ!」と。
「ああ、ごめん。」と一応は振り返るけれど、テレビを見続けるコウジさん。

昨日東京駅で私達の友達と会ったことは覚えていたけれど、そのあと皇居へ行ったことは、すっかり忘れているコウジさん。でも、テレビで皇居が写ると、「お、昨日行ったね!」と思い出します。
不思議な、まだらな記憶。

10時からの「退位礼当日賢所大前の儀」をテレビで見ていて、天皇が出て来られる姿が何度も繰り返されるのを見て、天皇がずっと廊下を歩いているのだと思うコウジさん。「同じ映像が繰り返されているんだよ。」と教えると、「そうなのか!」と驚きます。

溜息は出るけれど、どこか笑ってしまいます。

でも、やはり私は気忙しかったり疲れたり、注意散漫になっていたりしたのでしょう、帰宅してコウジさんが何かリビングで私に向かって大声で話すのに気が取られ、洗面所でコンタクトレンズを洗っていたのに、うっかり流してしまいました(涙)。

すぐに、いつも行っている眼科に電話すると、幸い今日はやっていたので、早速眼科へ行きました。
連休だし、やっていると思わない人が多いのか、私のほかに患者は1人もいませんでした。

右目、左目、と細かく視力を測り、眼球のカーブに合わせたレンズを選んでもらい、目の様子も詳しく見てもらい(やはりドライアイは変わらず)、レンズを注文して帰ってきました。

眼科でずっと裸眼でいられたので、ためしにメガネをかけずに歩いてみたら、意外と歩けるので驚きました。そこでそのまま得意になって家に歩いて帰り、これなら急に大きな地震が来ても、メガネを探さずに逃げてもいいかも、と、新しい発見でした。

・・・平成最後の日は、こうしてコウジさんの病院と私の病院で終わったのでした。

明日は、今度はウメを耳の治療に動物病院へ連れて行きます。
ウメの中性脂肪が、非常に高い話は書きましたっけ?(あれこれしていますが、時間がなくて書けていないことも沢山あります。)

かかりつけの獣医さんと、ウメの耳垢腺腫の手術をしよう、という話になってきていたのですが、事前に健康チェックをした結果、ウメの中性脂肪値は700もあり、手術以前の話だと言われました。

このままでは、ウメは突然急性膵炎になって、そのまま死んでしまってもおかしくない状況なんだそうです!
2週間くらい前にそう言われ、真っ青になった私は、心を鬼にしておやつをあげるのを辞め(病院から「これならいいですよ。」と言われている、低カロリービスケットのみあげています)、食べ放題だった猫餌も、ウメが届かない高いところに置くようにしました。
1か月後にまた血液検査をするのですが、その時中性脂肪値が下がっていますように。

ワッチも風邪から喘息になっていたのが、やっと治りましたが、先週は喘息薬をもらいに行ってきました。

うちで元気で病院いらずなのは、猫のハルとチーだけです。まだ5歳と2歳という若さだものね。

令和の時代も、病気や障害とうまく付き合っていきたいものです。

皆様にとっても、いい時代となりますように。
誰にとっても、暮らしやすい社会となりますように。