今日も気仙沼と仙台講演のチラシ入手できていませんので、入手次第ここでお知らせしますね。

今、高次脳機能障害と囲碁に関する絵本を作っているんですが、ラフを明日までに作って明日の「高次脳機能障害と囲碁&心の唄」の会に持って行こうと思っています。なのに、まだできていないという事実(汗)。あと1時間はかかるかな。

家の近くに、最近まで銭湯がありました。引っ越ししてきた20年前には、2つあったのですが、1つはすぐなくなり、残った1つも閉店(というのでしょうか)していたんです。私は行ったことなかったけれど、コウジさんは数回、ワッチも小学生の時友達と1回行ったことがありました。

町に銭湯がある、ってなんか庶民的でほのぼのしていいな~、と思っていたのですが、それが閉店し、最近取り壊し工事が始まりました。煙突は最後に壊すと聞いていました。

コウジさんがウメの散歩へ行く時に、「煙突まだあるか見てきて。」と言いました。
帰ってきたコウジさんに、「煙突は?」と聞くと、「きれいさっぱりなかったよ。」と言います。

なんとなく胡散臭く感じた私は、夕方遅く、気晴らしにウメを連れて散歩に出ました。(だから今日ウメは散歩3回。ウメは散歩大好きなので、5回でも10回でも行くと思います。)

すると、案の定、まだ煙突は立っていました。

こういうの、どういうことなのかな、と考えます。

平気で嘘をつくのか、面倒くさくて適当に答えているだけなのか、本当に壊れたと思い込んでいるのか・・・?

コウジさんに、「煙突まだあったよ。」と言いますと、「え?あった?」とそれだけで、悪びれません。

「あなたは、もうきれいさっぱりなかった、って言ったけど、それはどうしてそう言ったの?平気で嘘つくの?」とつい聞いてしまいました。

するとコウジさんは、「だって、銭湯のあったところは、もう壊されて平らになっていたじゃん。だから煙突もないと思ったんだよ。」と言います。

「上を見たら、立っているんだよ。」と言うと、「そうなのか。」とどうでもいい感じの返事。

・・・ということは、嘘をついているというわけではなく、コウジさんはコウジさんなりに考えて、もう煙突はない、あるはずがない、という風に思い込んでいたのでしょう。

このいい加減、適当な性格は元々ですから、障害のせいとは言い切れません。
というか、きっと障害は関係なく、これは性格のせいですね。

ということで、これからはコウジさんの言うことは、やっぱり話半分に聞かなくちゃ、思った次第です。・・・今までもいつも疑いながら聞いていましたが、今日の煙突の件は結構決定的でした。

まあいいや。
いいところもいっぱいあるから、なるべくそっちを見て行くようにします(笑)。
私も悪いところいっぱいあるので、お互い様ですよね、うん。