れいわ新選組の議員、ふなごやすひこさんと、木村英子さんは、現在「重度訪問介護」制度を利用し、24時間体制で介助をつけてらっしゃいます。自己負担は最大1割です。

けれど、2013年に施行された障害者総合支援法に基づく「重度訪問介護」での「移動支援」は、買い物や投票など、日常的、または社会的な活動に目的が限定されているとのこと。また、2006年に厚労省が出した告示では、「通勤や営業活動などの経済活動にかかる外出」は対象外と定めているそうです。個人の経済活動に公費を出すことはそぐわない、という理屈だとのこと。
そして国会議員としての移動は、その目的に該当せず、サービスが打ち切られる恐れがある、ということなんです(東京新聞7月30日より)。

もし登院や国会内の移動など、議員活動中の介助が「重度訪問介護での移動支援」の対象外で全額負担になる、となれば、1月にかかるお金が莫大になるそうです。そこで木村さんはそれを公費負担にしてくれるよう求めていました。このままでは、8月1日召集の臨時国会に登院できる状態にない、と。

ただでさえ健常な議員に比べて移動や発言、体力などで不利なお2人なのですから、ここは「合理的配慮」で今までと同じ負担額で議員活動をして頂きたいですし、そのほかにも配慮が必要となることには、それ相応の対応を参議院や国にはしてほしい。

現在、障害者が企業に勤める場合も、その企業企業で、移動支援の費用を負担したりしなかったりだそうですが、自分が勤めたい企業が負担してくれない企業だった場合、障害者が全額負担することになります。それでは、「それは無理!」、とほとんどの障害者がその企業で働くことを諦めるでしょう。つまり職業選択の自由がそこで侵害されているので、今回重度障害者が国会議員になったことを良いきっかけとし、「移動支援」の範囲をもっと広げて公費で負担する仕組みにしたらいいと思います。

・・・と思っていましたら、さきほど知りましたが、当面は参議院がお2人の国会での介助費を負担することにしたそうです。ということは、「全額」を負担する、ということなのだと思いますが、それでは莫大なお金になってしまいますので、ここはやはり木村さんが求めているように、「公費負担」にすべきだと思います。

さて、今日は2つお知らせがあります。(1つ1つが少々長い文です。)
●1つめは、令和元年度 障害者を対象とする東京都職員採用選考(3類)のご案内です。
※「採用選考案内」(7月19日配布開始)を必ず参照してください。

◆必要な資格
身体障害者手帳の交付を受けている方
都道府県知事又は政令指定都市市長が発行する療育手帳の交付を受けている方
児童相談所等により知的障害者であると判定された方
精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている方

◆日程
受付について 
インターネット:7月19日(金)午前10時から8月7日(水)午後3時まで(受信有効)
郵送(簡易書留):7月19日(金)から8月5日(月)(消印有効)
※窓口での受け付けはしていません

試験日など
第一次選考:9月8日(日)
受験票発行:8月27日(火)
合格発表:9月27日(火)
第二次選考:10月9日から10月11日までの間で指定する1日
最終合格発表:11月6日(水)午前10時

職種:事務で45名採用
制限:学歴を問わず、昭和55年4月2日から平成14年4月1日までに生まれた人
詳しいお問い合わせ先:東京都人事委員会事務局 試験部 試験課
tel:03-5320-6952~4
email:S9000049(at)section.metro.tokyo.jp
※(at)を@に変えて送信してください

●2つ目は、東京都高次脳機能障害リハビリテーション講習会です。(日本損害保険協会助成)
日時:8月31日(土) 13時~16時半(受付12時半~)
会場:国立オリンピック記念青少年総合センター カルチャー棟1階小ホール (渋谷区代々木神園町3-1 小田急線参宮橋駅 徒歩7分)
参加料:無料
定員:384名(定員に達し次第、締め切ります。)

プログラム
開会 13時~
委員長挨拶:渡邉修氏(東京慈恵医科大学附属第三病院リハビリテーション科診療部長/教授/医師)
来賓挨拶:小池百合子氏(東京都知事)(予定)

第1部 13時15分~13時55分
〈基調講演〉
「発達障害と高次脳機能障害~今、どのような支援が必要なのか~」
講師:橋本圭司氏(国立成育医療研究センターリハビリテーション科医師/はしもとクリニック経堂院長)

第2部 14時05分~15時15分
〈高次脳機能障害の回復を促す~地域支援報告〉
座長:渡邉修氏
①NPO法人VIVID(ヴィヴィ)のミニデイサービスより・・・「リーディング劇」
出演者:大塚みどり氏(NPO法人VIVID支援員)及びミニディサービスの当事者の方々

②NPO法人調布ドリームより・・・「高次脳機能障害の回復を促すグループリハビリ」
講師:﨑山美和氏(NPO法人高次脳機能障がい者活動センター調布ドリームサービス管理責任者)
③レジリエンスより・・・「高次脳機能障害のある方の就労(復職)支援」
講師:蟹江幸二氏(就労支援以降事業所レジリエンス(国立市)所長)

第3部 15時25分~16時25分
〈体験談と歌〉
「交通事故による記憶障害を乗り越えて~再び歌う喜び」
歌手:芹洋子氏(四季の歌・あざみの歌・忘れな草をあなたに・他)

閉会 16時30分

お申込み方法
7月1日(月)~8月15日(木)
メールで、下記アドレスに下記内容で申し込んで下さい。申し込んで受講がOKの返信メールの画面、またはそれをプリントアウトした紙が受講証となります。当日、受付に御提示ください。

申込みメール送信先: tokyobrainreha@gmail.com

個人→ ①氏名(ふりがな)・性別 ②〒・住所(建物名も)③電話 ④勤務先 ⑤お立場(当事者、家族、行政、医療、福祉、支援団体、他)

団体→ ①勤務先(所属先)名・部署名・代表者名 ②勤務先(所属先)の〒・住所(建物名も) ③電話 ④参加者「全員」の氏名(ふりがな)・性別 ⑤各々のお立場(当事者、家族、行政、医療、福祉、支援団体 他)

主催:東京都高次脳機能障害リハビリテーション講習会実行委員会
事務局→ 港区南青山4-9-20 電話03-3408-3798

それではまた。