一昨日の8月3日(土)は、愛媛県松山市で「愛媛県高次脳機能障害支援拠点機関講習会」が催されました。
東京から松山は遠そうですが、飛行機ではなんと1時間半という近さなんです。(3日に実際乗った時、そこまでもかからなかった気がします。1時間15分くらいだったのでは?)なので、日帰りが十分可能のため、そうしました。

連日猛暑の東京から離れてホッとして着いた松山も、あれあれ、同じような暑さでした(笑)。
今は全国どこでも猛暑ですよね。ただ、4年前に伺った釧路は夏もそこまで暑くはないし、冬もそこまで寒くはなく、過ごしやすそうだな、といつも全国天気図を見ては思っています。

お陰様で、北は北海道、南は沖縄まで色々なところからお招き頂き、各地の高次脳機能障害を支援して下さる方々、当事者や家族会の方々と知り合う機会を得られて、それは私の宝物だと思っています。そしてこの宝物をなるべく有意義に生かさなくては勿体ない、という思いはいつも持っています。

そのため、講演活動を始めた9年前は、できれば全都道府県に知り合いが欲しいと思っていましたが、残りあと11県になったとはいえ、私もどんどん年を取りますので、その願いは果たせなくてももういい、という気持ちに変わりました。それより私よりもっと若くて元気な人の活動を、裏方で支えられたらいいな、と思っているんです。

それはさておき、空港から乗ったタクシーの運転手さんに、早速「高次脳機能障害ってご存知ですか?」と質問しました。やはり、といいますか、ご存知なかったので、タクシーの中でミニ講演を致しました。こうして1人でも多くの人にこの障害を知ってもらうと、その人がまたほかの人に教えて下さって、この障害を知っている人が増えていくことを期待しています。

最近思うことですが、この障害をより多くの人に知ってもらうためには、テレビと新聞でもっと取り上げてもらう必要があります。ネットを利用していない人も、結構まだまだ多いのですから。

羽田発の飛行機では、会場での関係者の集合時間に合うものがなく、松山空港で3時間あいてしまったため、有名な道後温泉本館に立ち寄ってから会場へ行くことにしました。 
でも、行ってみるとそこは現在大規模な工事中で、中はどこも見学できず残念! 仕方なく、せっかくなので温泉にだけ浸かりましたが、お湯が熱くてすぐ出てきました(笑)。47度もあるそうですよ。そのせいで、本館建物に入って出てくるまで15分。もっとも、暑がりの私は、家でもいつもカラスの行水です。

出たはいいけれど、本館周辺もあまりの暑さで歩いていられず、喉もカラカラになり、愛媛みかんジュースを買いました。そしてもう会場へ行ってしまおうと決め、集合時間の1時間前の午前11時にはテクノプラザ愛媛に着いてしまい、ロビーの椅子に座ってそのジュースを飲みながら、スタッフの方がたがいらっしゃるのを待ちました。ロビーには私のほかにもう1人、座ってらっしゃったのですが、その方はあとで遠く新居浜から車でいらした当事者の方とわかりました。遠くから有難うございます。

愛媛は東西(南北かしら?)に長く、県内の島は、今調べると200個近くあるようです。飛行機の窓からあまりの島の多さに驚き、(30個はあるな。)と数えていましたが、それどころじゃありませんでした。 こうして色々な場所へ行くと、勉強になります。

また、香川にもため池が多かったですが、愛媛も池が多いようです。同じ四国でも、瀬戸内海側は、四国の真ん中を走る四国山地にはばまれ、よく高知を襲う台風の大雨も降らないようで、それでため池が作られるのですね。タクシーの運転手さんは、「気候もいいし、海の幸、山の幸に恵まれ、愛媛は本当に住みやすくていいところだよ。」と言っていました。そういえば、5年前に訪れた福井県でも、家族会の方たちが同じようなことを仰っていたなあ。自分が住んでいる場所を好きなのは、幸せですよね。

会場は、松山市中心部からは少し離れた久米というところにあり、あたりは特に目立つ建物はありませんでした。ただ、近くに、支援拠点機関で且つ、今回の講習会を主催して下さった松山リハビリテーション病院があるようです。そばを通る11号線をこのまま先へ行くと、四国がんセンターや愛媛大学医学部附属病院、愛媛医療センターなどの、愛媛の大きな医療機関が集まっているそうです。

ロビーで休んでいると、徐々に当事者やご家族、スタッフの方々も集まり始め、会場は活気づいてきました。伺ったところによりますと、参加者は200名くらいだったとのこと。すごいです!こんな猛暑の中、休日に皆さん、新居浜市や八幡浜市からいらして下さったのです。これも、平成20年に始まった愛媛県の高次脳機能障害支援普及事業で、松山リハビリテーション病院の木戸院長先生を始め、支援コーディネーターの方々の熱意のおかげ、そして家族会「愛媛高次脳機能障がい者を支援する会あい」の皆様のおかげでしょう。

つづく

話は変わりますが、私は元々、動物や子どもを描く童画イラストレーターでした。夫がくも膜下出血で倒れてから、イラストはほとんど描けていません。描く時間、気持ちを持てないままはや15年。時々悲しくなります。

そんな折、私のイラストを保管して下さっている伊豆高原メルヘンの森美術館から連絡があり、なんとこのたび21点の原画を展示して下さることになりました。

20年くらい前に描いた絵ばかりですが、もしお近くへ行かれることがあれば、どうぞお立ち寄りください。私も時間を作って見に行こうと思っています。

伊豆高原メルヘンの森美術館
https://meruhenart.jimdofree.com/

〒413-0235 静岡県伊東市大室高原11-210
Tel: (0557) 51-0114

入館料金: 大人800円 子供(5歳から小学6年生)500円 シルバー(60歳以上)500円 障碍者(要手帳) 500円

開館時間:午前10:00~午後4:30

休館日:毎週水曜日 木曜日(祝日、ゴールデンウイーク、年末年始は開館)

駐車場: 無料(15台)

~美術館HPより~
展示作品:ワンちゃん猫ちゃんなど可愛い動物たちの絵画や幼い頃への郷愁を誘うメルヘン絵画約130点を展示。
ミュージアムショップ:ミュージアムショップでは人気画家の版画やポスターやポストカード、グッズ等と、とっても可愛い犬猫雑貨を多数販売しております。
別館 ワンちゃん写真館:あなたの愛犬をドレスやタキシード、振袖、羽織袴などで可愛く変身して記念撮影できます。

IMG_E2742


美術館に飾って頂いている、私の絵「より良い景色のために」です。
ポストカードを、今テーブルの上に置いて撮影したのですが、ちょっと原画より暗めになってしまいました。 尚、作者名は柴本礼ではなく、本名の加藤玲子ですよ~。

ではまた。