愛媛講演の話の3回目です。

1時間で収まりきらなかった話は、資料を読んで下さったらいいと思い、30ページ以上の資料を参加者に配布してもらっていました。
講演会終了後、それを読まれた家族会「あい(長いので略してすみません)」の副代表の石田さんから、私の資料について修正が必要な点をご指摘頂きました。それは、臨床心理士に国家資格が与えられたのではなく、臨床心理士とは別に、新たに国家資格のある公認心理師という職業ができたとのことです。

不勉強ですみませんでした。ということで、講演会参加者でもしこのブログを読まれている方がいらしたら、今回の資料はそこを訂正頂きたくお願いします。石田さん、有難うございました。
公認心理師さんが病院に配置され、高次脳機能障害者・家族の相談に乗って頂けると有難いです。

帰り、空港へ向かうタクシーの運転手さんにも、「高次脳機能障害ってご存知ですか?」と聞いてみました。またご存知ありませんでしたので、またまたミニ講演。すると運転手さんは、「近所に脳卒中されてから、家から出てこない人がいる。あの人はどうしているか、心配なんだけど。」と言いました。私も心配です。ご本人もご家族も、表に出てきて色々な人と繋がってほしいです。そうしたら、道は開けてきます。

空港でお土産を買いました。
コウジさんには、地酒。時間がなかったので適当に選びましたが、気持ちなので、なんでもいいです。コウジさんも特にお酒にこだわりがなく、日本酒や芋焼酎だったらご機嫌なんです。飲む量は、1日コップ1杯です。

あとは、愛媛名物だという「じゃこ天」。それも色々なお店のじゃこ天があったので、どれがいいのかわかりませんでしたけど、安岡蒲鉾というところのものにしました。
帰宅してあぶって食べると、これは美味しい!こんな蒲鉾、初めて食べました。
骨粗しょう症の私には、カルシウムいっぱいのじゃこ天はいいでしょうね。

近所にもじゃこ天を配りますと、既に知っていて大好物だという人もいました。

さて、愛媛から戻っても、毎日ものすごい暑さです。東京は連日35度前後ですが、犬のウメの散歩は行かないわけにはいかず、汗だくで帰って来ては服を着替える日々。そんな今日は、ウメをやっとお風呂に入れました。

大きなウメの体を、ゴシゴシ洗っていると、可愛くて可愛くて。
すっかりきれいになったウメを、今夜は抱っこして寝ますよ!(ピンボケ写真ですみません。)

IMG_2759