私は相変わらず、毎日マスクをしています。
皆さんはしていますか?

でも、私の家の周りでは、マスクをしない人も増えてきました。

厚労省が6月16日、三都府県約8千人の抗体検査結果を発表しましたが、それによると都民の陽性率は0・1%だったそうです。ということは、ほとんどの都民は、まだ新型コロナウイルスに感染していない、ということなので、なあんだ、とほっとするような、がっかりするような。

ほっとするのは、もしかしたら日本人は本当にこのウイルスに感染しづらい何か理由があるんじゃないか、という期待。がっかりするのは、知らずに感染していて、既にウイルスに対して免疫ができていら良かったのに、という落胆。そして秋に来ると言われている第二波に対して、改めて身を引き締めなくてはならない、と緊張します。

そこへきて、最近頻発する地震。今朝午前5時前、千葉を震源とする大きな地震がありました(千葉は震度5)。私はウメが吠えるのでその頃目が覚め、同じく目が覚めたコウジさんが仕方なく、ちょっとそこまでウメの散歩に行き、私は玄関でウメの足を拭こうと待っていました。あるいは、コウジさんがウメを引っ張り過ぎて首輪が抜けた場合、すぐ家を飛び出してウメを捕まえないと、という心配があるので、一応スタンバイしているのです。
でも、ウメは、おしっこしたくて吠えたのではなく、地震で起きたのかな。

首都直下地震に備え、最低水と食料は確保しておきましょう。あとは情報入手のため、パソコンやスマホ、(私はガラケー)のバッテリーは大事ですね。電池を入れる形式の充電器は持っているけれど、もっといいものがないか、アマゾンで調べているところです。 防災の専門家の中林一樹先生は、「ハイブリッド車だと電源に使えますよ」、と言われていますが、我が家の車はガソリン車。もう15年くらい乗っていますが、まだまだ十分走ってくれているので、ハイブリッド車に買い替えるのは、ずっと先の話だなあ。

東京アラートが解除されてからというものの、都民の感染者数は数十人になり、昨日は50人を越えました。それは、感染者が出たお店で働く人たちや濃厚接触者たちを検査したからだとか、病院内で院内感染したからだとか言われていますけど、感染経路がわからない人もいるので、不気味だわ・・・。それで私は神経質に、いまだにほとんど家を出ず、出る時は必ずマスクをしているのです。一時は全然買えなかったマスクですが、ネットでも買えるようになりましたし、街中でも中国製のマスクなど、山積みになっています。ちなみにアベノマスクは、開封せず、袋にほこりをかぶったままです。

10万円の給付金は、申請書は送りましたが、いつ入るのかな。
ホームレスさんにも、ちゃんと行き渡るようにしてほしいし、DVで別居している家族にも同様。ギャンブル依存症の世帯主に家族全員分の給付金が届くのは、困りますね。申請の仕方がわからない、面倒だ、と言う高齢者も多いことでしょう。日本に住む外国人にも、きちんと渡るんですよね。

困窮学生に支給される20万円も、外国人留学生には、成績が良くないと受け取る資格がない、など条件をつけているそうだけど、日本人学生と平等にしましょうよ。

コロナで色々な支援策が打ち出されるのはいいけれど、必要な人に等しく行き渡らないとね。

さて私事ですが、明日はなんと4か月ぶりに囲碁教室があるのです。4ヶ月ぶりですよ。対局していないから、ずっと6級のままの私。(対局して3連勝あるいは4勝1敗、5勝2敗、などだと1級昇級する仕組み・・・だったと思う。)囲碁教室があのままあったら、きっと今頃4級くらいにはなれていたんじゃないか、と思うと悔しいなあ。

でも明日も感染防止のため、対局はなくて、先生の講義を2時間聞くそうです。先生のお話はとても面白いので、楽しみ♪ ああ、でもしばらくは6級のままだわ(涙)。

3月からずっと私は、テレビ会議システムズームに参加しています。コウジ村の会員や、TKK(東京高次脳機能障害協議会)の方達にもお誘いしているのですけれど、ほとんどの方は参加されていません。ズームへの入り方がわからない方もいらっしゃるし、忙しくてズームどころじゃない方も多いのでしょう。

ズーム内は、防災、障害福祉、囲碁、音楽、俳句、体操・・・など色々なことがテーマの番組になっていて、高次脳機能障害者や家族、視覚障害者、聴覚障害者、手話通訳者、大学教授、行政職員、囲碁棋士、作家、施設運営者、旅館経営者、プロの音楽家、会社社長・・・など、様々な人が参加しています。もう少しどんなものか私自身がはっきり把握できたなら、ここでもご紹介しようと思うので、お待ちください。結構頭を使うので、参加したあとはヘロヘロになっている私・・・。ただ、すごく勉強になります。

コロナになって、不便で忙しくてストレスが溜まりますが、オンライン授業、テレワークなど、これまで全然日本に浸透していなかったものが、活用され始めましたよね。

その便利さを知ったからには、元に戻ることはなく、これからはリアルに会うことと、ネットで会うことの両方をうまく使い分ける世の中になることでしょう。 

地方でも仕事ができることがわかり、東京一極集中も緩和され、東京に空き家や空きビルができると言われています。 その一方、2025年には、日本人の4人に1人は65歳以上となり、介護される人が増え、介護職の人が不足するとも言われています。高齢者が入れる施設も、東京は足りなくなるというので、空き家や空きビルを施設に利用するのがいいかも、と朝のワイドショー(羽鳥慎一モーニングショー)で言っている人がいました。(どなただったか、忘れましたが。)なるほど。

また、コメンテーターの玉川さんは、東京は家が狭いけれど、これから人口が減り、テレワーク可能になって東京からも人が流出すれば、隣が空き家なら、自分の家と繋げて広い家にするなど、東京の家も広くすればいい、と言ってました。うん、それもなるほど。いいですね! 

うちも狭いので、せめて庭が欲しかったなあ。 
なにしろ、老犬になったウメが、1階から2階のリビングへ上がってくるのに、階段がつらそうで可哀想なんです。 よっちらよっちら、息を切らせて上ってくるウメを、私が途中で抱き上げて2階で下してあげることも増えてきました。 この間は、ウメを運んでいる私の前を、2匹の猫が追いかけっこしてと走り抜けたものだから、階段につまづいて、ウメを放り出してしまいました。 ウメに怪我はありませんでしたが、私が足を階段のでっぱりにぶつけ、痛さのあまり、しばし絶句・・・

あるいは、手助けしない方が、ウメの筋トレになって、足が衰えなくていいのだろうか。 明日は毎週行っている病院の日なので、獣医さんに聞いて来ようと思います。

なんだか忙しいのは、羽鳥慎一モーニングショーに意見投稿したり(情報提供を2回)、住んでいる世田谷区の区長への手紙に投稿したり、秋に来ると言われている第2波に備えて、家族の分のマスクをコツコツ買い貯めていたり、ズームに参加したり、家の大掃除中だったり、のほか、夏に出る本にちょっとだけ原稿を書かせて頂いたり、秋に出る冊子向けに、長いアンケートが送られてきたので、それに超長い回答を書いていたり(今月末締切なのに、まだ書いている途中)・・しているせいかしら。元々外食はしない家ですが、それでも2月から一度も私は外食していません。(コウジさんは会社、ワッチは大学で昼食を食べられるようになりましたが。)当然、家での家事は増え、本も全然読めていないし、なんだか、心がカサカサに乾燥した気分。娯楽や楽しみが必要だなあ、と思います。せめて本を読みたいし、家でDVDの映画でも見たい。

4月以降、母の代わりに横浜のクリニックには、2回行きました。母がタクシー内や待合室で、コロナにうつらないためです。実家にも、母の様子見に2回行きましたが、マスクと消毒液持参、私が触ったところは全て、帰る前に消毒。母とも離れてマスクで会話。30分ほどの滞在で、すぐ帰ってきます。 近所の友達は皆、施設に入っている親に全然会えていない、と言っていました。施設が、面会を断っているそうです。仕方ないとはいえ、悲しいなあ。

こう書いてくると、用事ばかりしていて、息が詰まっている感じ。
もう少し手を抜いて、心身休める日を作りたい。
ブログに送って下さったコメントにも、全然お返事していなくてすみません。
明日以降、しますね。

さて、もう寝ないと。
それではまた。