豪雨やコロナ、そして三浦春馬さんに関する暗いニュースか(三浦春馬さんについては、改めて書きます)、Go To トラベルのバカバカしいニュースで鬱々としている中、こんな素敵な歌を友人から教えてもらい、晴れやかな気持ちになれました。 

もう2週間も前に教えてもらっていたのですが、気忙しく余裕のない毎日が昨日まで続いていて、その動画を開けたのは、今日だったのです。いくらなんでも遅すぎですが、ホントにあれやこれやに追われていて・・・ ああ、もっと早く視聴していたら、元気が出ていたのに・・・と後悔しきりです。

どうぞ皆様も、この歌の動画(YouTube)を視聴下さい。元気が出るのは勿論のこと、ウルウルもします。
私は今日何十回も繰り返し視聴していますし、会社から帰ってきたコウジさんもすっかり夢中になり興奮して何度も視聴しています。

「南房総・館山復興ソング 虹を見たかい ~Have you seen the rainbow?~」
https://youtu.be/8uftjny4i6E

そのYouTubeに説明がありますので、以下コピペします。

*****

この曲はこちらでお求め頂けます。→ http://le-phare.jp/cd_reservation
昨年の台風15号で被災した千葉に音楽で元気を届けよ うと企画された「復興ソング」プロジェクト。趣旨に賛同する、館山・南房総にゆかりのあるシンガー23名がこの歌を歌うことになり、16歳から62歳までと幅広く多様なアー ティストが集まり、地元のミュージカル劇団True Colorsの子供達26名も参加することになりました。

途中、新型コロナウイルスの影響が急速に広がり、メンバーが集まってのスタジオレコーディングやステージは全て 中止に追い込まれました。そのため、レコーディングエンジニアであるmonk beat studio主宰の山口泰氏が、携帯電話のボイスメモに録音した歌声を集めてCDにする、という前代未聞のやり方でCDを制作。

レコーディングと並行して、それぞれの自宅などで撮影された映像を編集し、完成したパートからYoutubeで配信するという取り組みも始まりました。動画の編集作業は高校2年生の山口璃人が担当、送られてきた動画を編集し、週一回ずつ映像配信していきました。これは、それぞれの自宅から送られてきた動画を編集し、1曲のMVとして仕上げた完成版です。

*****
今、豪雨被害で大変な九州や岐阜、長野、中国地方その他の地域の方がたにも、是非視聴して頂き、少しでも元気になってもらいたいです。

私も早速CD3枚と出演アーティストのレコーディング風景やメッセージなどを収めたスペシャルフォトブックのセットを注文しました。支援金は、CD作成、ミュージシャン演奏料、リターン作成、発送等、台風15号、19号支援金などとして寄付になるそうです。

とにかく、視聴してみてくださいね!出演者の歌声もそれぞれ素晴らしければ、メロディも歌詞も、子どもたちのとびきりの笑顔も素晴らしいんですから。そして、私にこの歌を教えてくれた友人の、そのまた友人が、サックスを演奏されているWaKaNaさんですが、WaKaNaさんの間奏がカッコ良く、エンディングもまた最高です!
途中で入る、地元のおばさんの語りも、ほろりとしますよ。