今日も、ものすごい暑さでした。
暑さを耐えるのにも、相当体力を使うようで、もう眠くて仕方ありません。
といっても、既に夜の11時半なので、眠くて当たり前ですね。(起床は午前6時ちょっと前。)

さて、テレビ番組のお知らせです。

NHKのEテレに2夜連続で、JD(日本障害者協議会)代表の、藤井克徳さんが出演されます。

①ハートネットTV「優生思想と向き合う 戦時ドイツと現代の日本(1)」
2020年8月10日(月) 午後8時00分 〜 午後8時30分

この夏、旧優生保護法で不妊手術を強制された視覚障害のある女性が国に賠償を求める裁判を起こした。命の価値に優劣をつけ選別する“優生思想”に、私たちはどう向き合えばよいのか…。2015年にドイツを訪ねて戦時中の障害者迫害についての証言を集めた藤井克徳さん(日本障害者協議会代表)とともに、2回連続で考える。第1回は「断種法」(強制不妊手術)や「T4作戦」(大量殺りく)などの障害者迫害をたどる。

https://www.nhk.or.jp/heart-net/program/heart-net/1481/

②ハートネットTV「優生思想と向き合う 戦時ドイツと現代の日本(2)」
2020年8月11日(火) 午後8時00分 〜 午後8時30分

相模原障害者施設殺傷事件からまる4年。ネットでは今も加害者への共感の声があがる。命の価値に優劣をつけて選別する“優生思想”に、私たちはどう向き合えばよいのか…。2015年にドイツを訪ねて戦時中の障害者迫害についての証言を集めた藤井克徳さん(日本障害者協議会代表)とともに、2回連続で考える。第2回は、戦時ドイツで起きた障害者の惨劇に、一般市民がどう関わっていたかをたどる。

https://www.nhk.or.jp/heart-net/program/heart-net/1482/

(以上、番組HPより)

今夜のNHKEテレも、優生思想をテーマにした番組を放送していましたので、見ていました。ひどい話でした。

ここのところ、文章を書く用事(仕事含む)が3つあり、ようやく全部終わったところです。

講演活動はやめることにしていましたが、リモート講演会の依頼を既に2つ頂いて、それならできるかも、とお受けすることにしました。

講演活動をやめることにした理由は、特に遠方だと体力的に段々きつくなってきたこと、留守中のコウジさんのストレスや不満や不安が溜まること、帰宅してから山積みになっている家事をこなすのも疲れること、などですし、100回以上させて頂いたので、もういいかな、と思っていたのです。

でもリモートなら留守にしないで済むので、コウジさんもそんなに困らないかな。

いやいや、今私がzoom(ズーム会議)をやっていると、時々一緒に参加するコウジさん。すぐ疲れて退散しますけど、いざ私が終えた時には、彼はなんだかイライラ、カリカリしているんですよね。

リビングで勉強しているワッチも(自分の部屋があるのに)、気を遣うようで、家族には少々不評のzoomです。

私も私で、最初は珍しくて面白がっていましたが、段々疲れてきたり、問題点にも色々気づくようになってきました。

けれど、いつかzoom を使って、高次脳機能障害者とご家族、支援者の方達(勿論一般の方達も)が集える場ができたらいいんじゃないか、と今構想を数人で練っているところです。

とはいえ、まだまだzoom初心者に近いので、試行錯誤、という以前の、暗中模索中です。なにしろ、セキュリテイ(個人情報保護)が大事ですからね。そこはしっかり守らないと。

とにかくまだ、ぼんやり考えているところなので、気長に、楽しみに、お待ちください。

ではおやすみなさい。