今晩7時~7時54分にBS朝日で、地獄谷温泉後楽館(長野県)の番組があります。

ダイワハウススペシャル 
ネイチャー&ヒューマンスペシャル シリーズ10
「雪猿〜生命の森・志賀高原 秘湯を守る女将~
・・逆境を乗り越え秘湯を守る女将と大自然を生きる雪猿たちの一年・・・」

https://www.bs-asahi.co.jp/nh-special/

この地獄谷温泉後楽館は、世界で初めて猿が温泉に入った場所として有名です。
温泉に入った猿の写真は、アメリカの雑誌『LIFE』の表紙になったこともあります。

そしてそこは、なんと私が囲碁を始めるきっかけを下さり、以後色々な場でお世話になってきた木谷正道さんのご実家でもあります。

元々は、木谷さんのお母様の美春さんが、この後楽館の長女でいらっしゃいました。 その後楽館を訪れたのが、若き日の木谷實さん、のちに昭和の名棋士と謳われることとなる、木谷正道さんのお父様です。美春さんに一目惚れされた實さんは、3度目に訪問された時には大きなブリ1匹を手土産に、美春さんにプロポーズされます。なんてロマンチック! 美春さんは「この人となら。」と決心、實さん22歳、美春さん21歳の時結婚されたご夫妻は、平塚にかの有名な「木谷道場」を開かれ、そこから大竹英雄さん、趙治勲さんなどそうそうたる名棋士が輩出されます。

このあたりのお話は、本にもなっていますので、どうぞお読み下さい。
『木谷道場と七十人の子どもたち』木谷美春著 NHK出版
『それも一局』内藤由起子著 水曜社 
など。

美春さんのご著書は、今は古本でしか入手できない貴重な本です。私はこの2冊の本を読んで實さんもさるこごながら美春さんに感動し、NHKに「木谷美春さんをヒロインに朝の連続ドラマ小説を放送して下さい!」「その時には八千草薫さんか吉永小百合さんを美春さん役でお願いします!」と手紙を書いたことがあります。 美春さんをヒロインに、という要望は多いようですが、今のところ実現していません。いつか実現するといいなあ。
木谷美春さん内藤由起子さんの本


また、内藤由起子さんは著名な囲碁ライターでご存知の方も多いと思いますが、木谷道場のすぐそばで生まれ育ち、木谷道場にも通われていた方です。タイトル戦の観戦記を新聞に執筆されたり、テレビでもよくお見かけます。私が通っている石倉昇九段教室にも、時々アシスタントでいらして下さいます。その時の石倉先生とのボケとツッコミ(石倉先生がボケで、内藤さんがツッコミ役)が面白くて、教室中爆笑になります。 今はコロナで私も教室をお休み中ですが、コロナが収束したらまた通いたいです。

さて、このコロナ禍の中で、後楽館に来るお客さんが激減、今大変な苦境にいらっしゃるのを知り、私は心を痛めていました。後楽館は温泉に入る猿、スノーモンキーが有名で、海外から来るお客さんが多いのです。でも今はそういうお客さんがいませんし、国内客もほとんどいません。私も応援したい気持ちはあれど、へたに都会の人が後楽館を訪れ、コロナを持ち込んでしまったら大変なので、宣伝できずに心配しているだけでした。

そんな折、今夜の番組のことを今朝知り、お知らせする次第です。どうか皆様、コロナが収まりましたら、是非後楽館へ泊まりに行かれて下さいね。私は2度行きましたよ。
三枝さんと

 後楽館に3年前オープンした「木谷道場ギャラリー」の部屋で、若女将竹節三枝さんと私。
 三枝さんが手にされているのは、石倉昇先生のご著書。三枝さんは、石倉先生や水間俊文八段の本で 囲碁の勉強をしていらっしゃいます。そしてお客さんと囲碁をしたり、初心者には教えたりして、今まで世界64か国の宿泊客に囲碁入門してもらったそうですよ。(三枝さんは、囲碁の普及指導員の資格をお持ちなんです!)

三枝さんと木谷さんその2

 この後楽館で、木谷實さんと呉清源さんが新布石を考えられたので、ここは「新布石発祥の地」です。その記念碑の前で三枝さんと写る木谷正道さん。うしろに、お猿さんも写っていますが、お猿さんはあちこちにいます。子猿を背負ったお猿さんがそばを通る時もあり、可愛いです!
呉清源さんもこの碑が建てられた時、いらしたそうです。

この後楽館を訪れた文化人は夏目漱石、棟方志功、斎藤茂吉、若山牧水、松谷みよこなど多く、川端康成の『名人』は木谷實さんがモデルになっています。

最後に、後楽館のHPをご紹介します。三枝さんが一所懸命作られているHPは、見応えがあります。どうぞ皆様じっくりお読みくださいね。
http://www.jigokudanionsen.com/

さあて、今夜番組をコウジさんと見るのが楽しみです。コウジさんも三枝さんと会ったことがあり、三枝さんのことが大好きです。三枝さんのご主人の楽しい勝吉さんとも画面越しに再会できるの、楽しみです!