さきほど、夜の11時過ぎに大きな地震がありました。

コウジさんとワッチとぺちゃくちゃおしゃべりし、ウメが水を飲んでいる時に、地面から上がってくるグググ・・・という揺れが感じられ、3人で顔を見合わせ、「地震だ!」と叫びました。

私は食器棚からお皿が落ちてこないよう、食器棚の扉に鍵をかけました。でもウメが揺れながらのんびり水を飲んでいるし、猫たちも騒いでいなかったので、首都直下地震ではないのかな、大地震にはならないのかな、と思いました。

けれどかなり長い間強く揺れ、小物の入った容器が電話台から落ちました。猫たちはどこかへ行ってしまい、ウメだけが水を飲んでいた顔を「ん?」と上げたものの、そのままのんびり自分のベッドへ行って寝てしまいました。

緊急地震速報は、鳴りませんでした。なんでかな。

テレビをつけると、東北の宮城や福島が震度6というので、アニマルクラブ石巻の阿部さんにメールを入れました。勿論きっと猫たち、犬たちも騒いで大変なことになっていると思うので、返事を下さるどころではないのはわかっていますが、なにかできることがあるかも知れず、すぐメールだけは入れておこうと思ったのです。

詳細はこれからわかりますが、来月東日本大震災から10年になるのに、これは10年前の地震の続き(余震)なのでしょうか。

各地の被害が、極力少ないよう願います。

皆様、ご無事ですか?大丈夫ですか?

でも、こうして突然首都直下地震が来たら、なんにもできないな、と思いました。ただ家族が皆家に揃っている時ならいいな、とも思いました。なんとか命だけは助かるように行動しないと。そのほかのことは、それからです。ぼんやり、(お風呂のお湯はいつも捨てずにいて良かった。)と思いました。 世田谷は震度4でしたが、震度5くらいに感じました。

コウジさんの実家の深谷市も、震度4でした。コウジさんはお母さんに電話し、互いに無事を確認し合いました。私は横浜の母には電話しませんでした。横浜も震度4ですが、実家は山の上にあって、あまり揺れないので、多分寝ていると思うからです。それになにかあれば母から電話が入ると思うので、きっと電話がないのは寝ている証拠、だったら起こすのはしのびなく。
・・・でももし母が揺れに驚いて転んでいたら? 転んで電話できずにいたら?

う~ん・・・ まあ大丈夫でしょう、無事でありますように。

今日はほかの話題でブログを書こうと思っていましたが、書くどころではなくなりました。
書こうと思っていたことは、明日から始まるNHK大河ドラマのことでした。
コウジさんの実家、深谷市が生んだ偉人、渋沢栄一さんの生涯が描かれる『青天を衝け』、明日から毎週見ようと思います。

『麒麟がくる』は、結局1回も見ませんでした。とても面白かったそうですね。でもなんだかいつも忙しくて、テレビの前に座れませんでした。今まで見た大河ドラマは5、6個ですが、その中で一番面白かったのは『風林火山』です。山本勘助役の、内野聖陽さんが、とても上手でした。

ではまた明日!

まだ余震が来るかもしれないので、もうしばらく起きています。

あ、また揺れてます。気をつけないと!